グリーンインフラレンディングの訴訟開始!も2回目からは非公開!狙いは?<追記>

グリーンインフラレンディングの訴訟開始!も2回目からは非公開!狙いは?<追記>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はいどうもエニートです。

今回はグリフラとマネオマーケットの狙いについて書いていこうと思います。

正直多くの投資家の方は気がついていると思いますが、本件でマネオマーケットとグリーンインフラレンディングが誠実であったことはありません。

何度分配や説明の約束を反故にされたのか?ということを考えると自ずとグリフラとマネオマーケットの狙いが見えてくるでしょう。

 

グリーンインフラレンディングにかかわるJCサービスでは役員の辞任が相次いでいます。

その点についても追記したいと思います。

またついに裁判が開始されることになりました。しかし2回目からは裁判が両者合意の上で非公開になっております。これは一体どういった狙いなのでしょうか?

<追記>

グリーンインフラレンディングの裁判の被告側(JCサービス&マネオマーケット側)の弁護士がわかりました。その弁護士についても追記していきたいと思います。

 

JCサービス役員がついに2人に!

一時期はあれほどいた役員がついに二人になってしまいました。

今現在訴訟となれば、確実に投資家が勝つ情勢ですし、このまま沈没する船に乗っているわけにはいかないということでしょう。

ただ投資家のお金をこれほど不適切に流用しておきながら、何の責任もとらず、逃走をはかるグリフラ役員の姿勢は大いに疑問です。

資金を勝手に流用した時点でグリフラの話を信じてはいけない

グリーンインフラレンディングの発表で一喜一憂していることに意味はありません。

そして電話の方が誠実だと思わせるのが彼らの手法です。

いいですか。ラッキーバンクやみんなのクレジットも電話での対応は最初の頃誠実に思われていたんですよ!

しかし結果として投資家は元本の大幅毀損を被りました。

信じる信じないという次元を超えた話です。

グリーンインフラレンディングの遅延問題は発覚以来一切進展いない!

一度供託があったのち、全てが止まっています。

また電話で問い合わせたところ、次回以降も必ず供託をすると明言していたのにもかかわらず、直前になってできなかったという不誠実きわまりない対応。

そのうえで売却は進んでいる!ファンドは存在する!(NHKの報道よりファンドの実体のないことは明るみになりました。)など投資家に説明したり、ほかの方をスポークスマンにして、自社に都合が良い情報をひたすら流すなど、明らかに通常のファンドの遅延とは異なる様相を見せています。

一度しか供託されていない。それがすべてを物語っていると言えます。

グリーンインフラレンディングの説明は常に2転、3転している

たとえば訴訟をうける前までは、資金の不適切流用を認めていましたが(国会議員に貸し付け)、訴訟をうけた後一転して資金の不適切流用を認めず。

これには驚きました。さすがに直前まで認めていたことを訴訟が提起されたのちは認めなくなる。これで納得した方はいるのでしょうか?

また分配する、しない。売却できる、できない。など一貫性は一切なく、常に自己保身に徹しています。

グリーンインフラレンディングとマネオマーケットの狙いは訴訟組との和解です。

ついに狙いがはっきり見えるようになりました。

当初はこのままのらりくらりと投資家をかわすつもりでしたが、金融庁を激怒させ、NHKでも報道され、訴訟が本格的に動き始めた。

ここでグリフラとマネオマーケットは「まずい。裁判になった場合、実際にファンドを運用していなかったことが明るみにでて、マネオマーケットが金融2種免許を取り消しされる!」という可能性に気がつきました。

(トラストレンディングとラッキーバンクは取消処分となりました。)

マネオ本体が全件期失で投資家元本全損はあり得るのか?解説!

上記記事でも指摘したように、マネオマーケットはたとえ投資家やマネオファミリーがどうなろうとも、ソーシャルレンディングビジネスは行いたい訳です。

ですので金融二種免許の取消だけは絶対に避けたい。(マネオT社長のマネオ本体さえ助かればいい!という発想がマネオ本体投資家には追い風になっています。無論償還されしだいすぐにお金を抜いていくべきでしょう。)

ではどうすれば裁判で今までの不正または不正に準ずる行為が明るみにでないですむのか?となるのですが、それは訴訟組との和解です。

グリーンインフラレンディングには15.5億の供託金がある

これを仮差押え請求でも、和解でもなんでも訴訟組に押さえてもらえばいいわけです。

訴訟組の狙いとしてもグリフラやマネオマーケットの行為を明るみにすることではなく、お金を返してもらうこと。

であれば不思議なことに利害関係は一致しています。(なかなかないケースですね。)

ですので私は裁判が始まりさえすれば、意外とすぐに訴訟組はお金を取り返せるのでは?と踏んでいます。

マネオマーケットとグリフラの狙いがこの状態を裁判に持って行くことであれば、後数回このような進捗していないというメールを月に一回送り、のらりくらりとかわしてくるでしょう。

訴訟組は一人二〇〇〇万以上の大口投資家ばかり!気持ちは十分わかる。

人生にかなり影響する額といえる2千万円です。

それが一向に進展しないグリフラのことを信用できず、訴訟に踏み切る。

これは当然でしょう。

 

というのもまず投資家資金の不適切流用や、ファンドが存在しなかったこと。そして太陽光発電施設は完成して売却してはじめてまともな値段がつくが、途中では価値がほとんどない。そしてその施設の開発は止まっている。

つまり仮にいくらまったとしても、元本が100%返ってくることは間違いなくあり得ません。

そして2千万という大金を拘束されているわけです。

であれば自らの人生を取り戻すために、弁護士を通じて訴訟に踏み切る。気持ちは痛いほどわかります。

<追記>グリフラ側の弁護士は倒産整理のプロ!

私の中での疑惑が確信に変わりました。グリーンインフラレンディングは結果としてファンドがうまくいかなかったのではなく、最初から詐欺目的に作られた会社であるという疑惑です。(国会議員に投資家資金を無断で貸し付けをおこなった時点で、信頼できる要素は皆無ですが。)

グリーンインフラレンディング側のS弁護士は倒産整理のプロとして有名。

今現在グリフラは事業の再開ではなく、どうやって幕引きをはかろうか?ということに集中しています。

投資家の方もうすうす気がついていたとは思いますが、グリフラ&マネオマーケットが誠実に本件に取り組んでいる可能性は皆無です。

ついにグリフラ裁判開始!も2回目以降は非公開!?

ついにグリフラの裁判が開始されました。

も次回の裁判は2019年6月4日(火)に開催

第2回公判ですが、裁判は法廷の場で行われずに両者同席の上で話し合いをするということが発表されました。

これは完全に上記予想のシナリオになっていると断言できます。

というのもグリーンインフラレンディングも裁判となれば今までの詐欺行為が明るみに出るため、そのシナリオを避けたい。

一方裁判を起こしている投資家も目的はグリフラの不正を暴くことではなく、お金を取り戻すこと。

不思議なことにこの2者の狙いは合致しています。

事件が気になる方は事件番号から調べることが可能

事件番号

平成31年(ワ)第5894号

民事番号第34部損害賠償請求

上記番号から今後後追いすることが可能です。(ただし今後は裁判は非公開。)

法廷で裁判がおこなわれず協議するというのはどういう意味なのか?

この意味についてよくわからないという声が寄せられたため、本件について解説していきたいと思います。

この法廷で裁判が行われず協議するという意味。

これは裁判を傍聴することは不可能となり、両者でのみ本件が進んでいくということになります。

 

狙いは裁判での真相解明ではなく和解

両者の狙いはこれです。つまりグリフラとして第一陣にお金を支払うことで、不正行為が明るみに出ない。

一方投資家としてはお金さえ帰ってくればそれで良い。

お互いがそう思っているからこそ、裁判を非公開にし、お金を支払うことで、一気に和解する!というシナリオが現実的になってきました。

訴訟第一陣がほぼお金を取り戻せる状況に傾きつつあるな。というのが私の印象です。

一方グリフラは正しい!嘘をいっていない!と主張していた方などはお金が返ってくるという面では相当厳しい。

というより今までの虚偽説明で何故グリフラを信じられたのか私は一向に疑問です。

 

最後に再度不正をおこす業者の特徴を確認してください!信頼できる業者にのみ投資をしてください!

当ブログでは以前より危険な業者は危険。信頼できる業者は信頼できる!と客観的な根拠を加えて、その情報について発信してきました。

1 社長のバックグラウンドが信頼できないor情報がない
2 ホームページで顔出しをしていない。
3 ファンドのスキームが使い回しで異様にシンプル。
4 異常に高利回り。

こういった特徴をもつ不正を起こす業者に投資をするのではなく(詳しくは不正を起こす危険なソーシャルレンディング業者の特徴!)をご参照ください。)信頼できるエビデンスをもつ業者

具体的に言うと

1 コーポレートガバナンスやコンプライアンスが守られているか?
2 情報開示はどうか?
3 外部のVCが機能しているか?
4 上場企業の傘下かどうか。
5 証券会社が運営しているかどうか?

上記のように信頼できる客観的な理由がある業者にのみ投資をするのが安全です。(詳しくはソーシャルレンディング事業者比較リスク信頼度ランキングをご参照ください)

ソーシャルレンディング自身は信頼できる業者にさえ投資をすれば安定した利回りが得られるすばらしい業界です。
だからこそ優良業者を見極め、投資を行っていくことが非常に大切になります。

最後にグリフラ並みの高利回りがあり得るのは何故クラウドクレジットのみなのか?という点を解説していきたいと思います。

高利回りとして唯一あり得るのはクラウドクレジットのみ

(私自身は年利7.5%程度で運用しています。)

詳しい内容は高利回り業者の中でクラウドクレジットが信頼できる理由

上記記事をご参照ください。(低~中利回り業者ではOwnersBookが一番信頼できます。)

上記記事を要約すると
1 伊藤忠を筆頭に日本の大企業がこぞって出資しており、大企業の監視が機能している。(ガイアの夜明けに出れたのは電通のプッシュのおかげ)
2 大量の通帳をつくり、顧客毎のお金の分別管理を徹底している。
3 社長の杉山氏は、東大→ロイズ銀行とバックグラウンドが信用でき、人柄も誠実。
4 海外は年利15%という利息制限法の上限がなく(ここが重要です。)、海外に貸し付けるのであれば年利10%越えもあり得る。
5 投資をするのであれば償還実績もあり、また円、ユーロで投資ができる東欧金融事業者支援ファンドが優れている。

特に理由の1,3,4が重要です。

怪しい会社は社長のバックグラウンドが信頼できない。
ですが杉山社長がロイズ銀行で一流の銀行員だったのは事実ですし、現在のクラウドクレジットもその時の経験を生かしている。
まったく違和感がない経歴です。

伊藤忠や日本の大企業が支援している。これは大企業が徹底して調査をした上で出資をすることについて何の問題がなかったことの証明。

高利回り業者に分類されますが、日本と異なり、利息制限法に引っかからず、また海外であれば経済の成長性から考えても高利回りというのは十分ありえる。

(また年利7.5%ですが、私は社会貢献性が高いファンドも購入したため、この程度の年利ですが、東欧金融事業者支援ファンドであれば年利9~10%が問題なく狙えます。)

上記理由からクラウドクレジットは間違いなく信頼できる業者と判断できます。

 

資産運用は信頼できる業者にのみ投資を行う。私はこの方針で来年も投資を続けようと思うので、高利回り業者で投資をするのはクラウドクレジットのみにする予定です。(案件も豊富なのも魅力的ですね。)

下記リンクより無料で口座開設可能です。

クラウドクレジット公式サイト

また信頼できるソーシャルレンディング業者はどこか?という問い合わせが多かったため、信頼できる優秀な業者の一覧にまとめました。
参考にしてください。

ソーシャルレンディング事業者比較!おすすめできる安全な業者はどこ?!

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA