maneo自身が反社会勢力と判断されている!?反社のデメリットとは! | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

maneo自身が反社会勢力と判断されている!?反社のデメリットとは!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はいどうもエニートです。

今回はマネオの1200億記念ファンドについて気になる情報提供がありましたので、記事にしていきたいと思います。

この件はあくまで情報提供の段階です。ですが可能性としてはあり得る。

そしてこの情報の真偽にかかわらず、今現在マネオに投資をするのは絶対に避けた方がいいと断言できます。

追記

何故反社会勢力と認定されているのか?反社会勢力と認定されるとどのようなデメリットがあるのか?という点についても解説を行いたいと思います。

マネオ1200億記念ファンドは買い手が金融機関から融資して貰えなかったから!?

当ブログのコメント欄から情報提供をしていただきました。

あくまで可能性と言うことを念頭に置いて頂きたいのですが、十分あり得る可能性と言えます。

金融機関からマネオは反社会的勢力に認定されているのは、不動産業界や貸金業では有名な話です。そのため個人的にはマネオは嘘をついたというより、現状をマネオや買い主が理解しておらず金融機関から反社会的勢力と取引できないと言われたため融資が出なかっただけかと思います。コメント欄より

確かに断言はできません。
ですがここまで売却間近といっておきながら、突如売却できなかった。というのは通常であり得ません。

ですので私はマネオが得意の虚偽説明を行ったのでは?という可能性が本線と考えていたのですが、ここにきてマネオが金融機関から融資をして貰えなかったという話がでてきました。

確かにグリフラの1件の虚偽行為や今までのT社長の金融庁に対する態度を見る限り、金融庁の逆鱗にふれてしまった。ということは十分考えられますし、金融機関がこのように判断する可能性はあり得ます。

どの可能性にせよ1200億ファンドが売却できなかったマネオはあり得ません。

① やはり虚偽説明で有り、もともとファンドが売却できる見込みがなかった。

② 金融機関から反社認定され、融資をして貰えなかった。

③ 本当に売却間近であったが、突如契約解除。手付け倍返しをおこなっている。

この三パターンがあり得ます。(③以外は最悪としかいえないでしょう。仮に③だとしてもここまで売却間近といっていたのに、結局サービサーに債権譲渡すること自体があり得ませんが。)

ここで再度1200億遅延ファンドの流れを確認したいと思います。

 

マネオの1200億記念ファンドまさかの売却失敗!

私は以前ご説明したとおり(そしてその文章内でもマネオが虚偽の説明をしていなければという但し書きをつけていました。その但し書きが当たった結果になります笑。いえ笑い事ではないですけど。)、マネオの本ファンドはマネオの説明が正しければ間違いなく売却できるファンドだとご説明させていただきました。

maneo(マネオ)1200億ファンド!報告が誠実なら元本回収は可能!

詳しくは上記記事をご参照ください。

本ファンドに本当に買い手がついているならば、間違いなくexitできるファンドでした。

ところがマネオから突如ファンドの売却に失敗したとの報告!

もうどうしようもないですね。

1.回収活動状況について

前回までに、不動産事業者DMが売却予定先との売買契約を締結済みであり、
3月下旬までを目途に最終の残金決済が行われる予定であることをご報告いたしました。
事業者C社は、不動産事業者DMの物件引き渡しに至るまでの業務の進捗状況を確認しておりましたが、
不動産事業者DMより、売却予定先が資金調達に難航しているため、契約解除になる見込みであるとの報告を受けました。
それを受け、事業者C社は、前回検討中とご報告いたしました債権譲渡による回収に本格的に着手いたしました。
当初は上記不動産売買の進捗に特段の支障がありませんでしたので
本件融資の担保付き債権に興味を持つ金融会社からの購入の申し出には副次的な対応をとっておりましたが、
前述のとおり、売買の遂行に支障をきたしていることを認識したことから、
上記金融会社との間で債権譲渡契約に向けた交渉を進めております
上記金融解会社は早期の結論を求めておりますので、近日中に交渉結果が判明する見込みです。

2.今後の状況報告について

該当投資家の皆様には、回収状況について、引き続きメールにてご報告いたします。
次回については2週間後を目途にご報告いたしますが、お伝えすべき事項がございましたら、速やかにご報告いたします。

投資家の皆様には、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
引き続き回収業務に全力を尽くしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

そうですか。この債権譲渡というのはつまりサービサーへの売却をさします。

では本件を仮にマネオのこの話が本当であった場合についてのシナリオについて解説していこうと思います。(言っててむなしくなりますが。)

仮にマネオのこの報告が全て本当であった場合

まず契約締結後でお金が用意できなければ、手付金倍返しの原則から、手付金が倍になってマネオの手元に置かれます。

そして本件は東京の一等地に担保物権があることから、おそらく8割程度でサービサーに売却可能。

となると手付金倍返し&元本の8割返済&今までの分配金=投資家の元本はほとんど返ってくる。

という非常に穏やかな気持ちで受け入れられるファンドのシナリオになります。

マネオがお得意の虚偽説明だった場合

この場合どれほどの損害になるのかはわかりません。(まず現時点で情報がなさ過ぎる。)

ただマネオ本体は2億程度の土地を16億と評価した実績もあるため、どれほどいい加減な土地の担保評価をしているかわかりません。そしてグリフラ問題でも、保身しかしていないことが見て取れます。

ですので本ファンドのサービサーへの売却額がいくらくらいになるのか?というのは正直全くわかりません。

わかるのはマネオ自体は相当不誠実だという事実だけです。

マネオが反社認定され、買い手が金融機関から融資をして貰えない場合

なんども申し上げていますが、これはまだあくまで可能性です。

もし本当に反社認定されているとすれば、今後の業務に多く影響します。

ただ仮にないとしても、川崎ファンドの担保価値不当水増し。グリフラでの虚偽説明。マネオファミリーの大幅遅延など今現在マネオに投資をするメリット(マネオファミリーも含む。)は一切ありません。訴訟も検討されていることからわかるようにマネオには今現在誠実さのかけらもありません。

ですので、やはり今現在マネオに投資をするべきではないでしょう。

追記!何故maneoが反社会勢力と認定されている可能性があるのか?

ファンドの失敗などの結果反社会勢力と認められることはあり得ません。

ではなぜその可能性があるのか?といえばグリーンインフラレンディングの1件が原因です。

これはファンドそのものが無かった。という詐欺的側面だけでなく、資産の不適切流用を行っておりました。

この資産の不適切流用で、絶対にお金を流してはいけない勢力があります。(社会道義上の意味で。)

そこにお金が渡っていた場合、当然マネオ自身も反社会勢力認定されることになります。

そしてグリフラのN社長の交友関係を見れば、その可能性も十分あり得ることをご理解していただけるかと思います。(あくまで可能性ですが。)

反社会勢力認定されるとどのようなデメリットがあるのか?

よくドラマなどでは公的扶助がうけられない。また子供がいた場合、幼稚園などに入るのを断られるシーンを見ると思います。

そしてこのような会社や投資界隈ですと、銀行の口座が持てないというのもよく指摘されるデメリットの一つ。

そして今現在資産の不適切流用が疑われているグリーンインフラレンディングにプラットフォームを貸しているマネオマーケット。

このような状態で銀行はマネオに融資をしますでしょうか?

まだ完全に黒だと決まったわけではありませんが、銀行はとことんリスクを排除します。

そして詐欺行為などを含めて、多くの不正問題が発覚しているマネオ。

私が銀行の融資課であれば、今後反社会勢力と認められるリスク。不正を行っている可能性があるリスク。様々なリスクを加味して、絶対にマネオと取引がある人物には融資をしません。

正直これが今回のファンドが売却直前になって契約が不履行になった原因かと考えられます。

<追記>債権回収に関する報告!売却は難しいとのこと!

ここまで売却できるといっていたファンドなのにもかかわらず、売却できない!ということは普通に考えてあり得ません。

もっともらしい理由をつけていますが、理由がなんにせよマネオは再度投資家に対する説明を反故にした。という事実のみ残ります。

1.回収活動状況について

前回までにご報告いたしましたとおり、本件担保物件につき、不動産事業者DMと売却予定先との間で売買契約が締結済みであり、
3月下旬までを目途に最終の残金決済が行われる予定であったところ、不動産事業者DMから事業者C社に対し、
売却予定先が資金調達に難航しているため、当該契約が解除になる見込みであるとの報告がございました。
その後、事業者C社は事実確認を行っておりますが、現時点では契約解除には至っていないものの、
不動産事業者DMからは売買契約の延長合意をするのか、もしくは解除の方向で進めるのかという具体的な見通しの報告を受けておりません。
この状況を受け、事業者C社は前回ご報告しました金融会社との間で、債権譲渡の交渉を進めています。
交渉中の金融会社は、外資系の投資・資産運用会社のグループ企業です。
現時点では合意に至っておりませんが、金融会社は引き続き早期の購入を希望しています。
なお、債権譲渡の金額やクロージングの条件につきましては、交渉中であるため明示は差し控えますが、
金額につきましては処分価格での譲渡ではなく、不動産事業者DMの売買契約の実現可能性との比較において設定し、
交渉中であることを申し添えさせていただきます。
以上のとおり、事業者C社は、引き続き担保物件の売買の状況を確認し、回収手段として残しつつも、
債権譲渡の交渉を進めることで早期回収に努めている状況です。マネオマーケットからのメールより

やはり投資家に対して虚偽の説明を繰り返す会社は厳しいですね。

おそらく信頼を再度勝ち得ることはないでしょう。

マネオ本体のやらかしや、マネオファミリーの遅延から解るとおり、今現在のマネオのプラットフォーム貸し出しビジネスは破綻しています。

仮にプラットフォーム貸し出しビジネスを行うのであれば、身内に貸しつけず、最終貸し付け先の状況に影響されない業者にのみ投資。
言い換えればFundsに投資するのがマネオやマネオマーケットに投資をするよりも遙かにすぐれた投資家の戦略になります。

FUNDsがマネオマーケットと異なり、不正を行う必要がない理由!

 

1 FUNDsはプラットフォームのみの貸し出しで身内貸しをしないと明言している。

2 FUNDsが融資を行うのは上場企業に準ずる大手企業のみ(貸し倒れのリスクが低い企業体力がある大企業のみ。この点が別格の信頼度と言えます。)

3 上述する企業でFUNDSが融資をおこなう会社としてはデュアルタップや、アイフル。その宣言通りの大企業のみファンドを組成する。

4 maneoと異なりノンリコースローンではない。つまり最終貸し付け先のリスクは投資家が負わなくて良い。(超重要!)

また株主からお金を引っ張っている状況から考えてもFUNDの数年以内の上場は固い。

それくらい別格の信頼度を誇る会社と言えます。

特にすばらしいと感じるのは理由の2、3、4

まず理由の2の融資を行うのは上場企業またはそれに準ずる大手企業のみ(その宣言通り貸し付け先がデュアルタップやアイフルになります。)

(図のようにソーシャルレンディングほどの利回りはありません。ですがソーシャルレンディングほどリスクがない&事業者としての信頼度が抜群で利回り5%近くあるため、私は積極的に投資をしています。)

事業者リスクも避けられ、貸し付け先も限定されるというのは画期的な仕組みと言えます。

FUNDsがおこなうノンリコースローンファンドではないという意味!

これは本当に画期的なシステムです。マネオ本体やマネオファミリーの行うノンリコースローンとの違いを簡単に言うと最終貸し付け先の状態に依存しないということになります。

つまりFUNDSの間に大企業がはいり、そこが最終貸し付け先に貸し付けます。

その最終貸し付け先が万一返済できなかった場合、貸し付けをおこなった大企業が返済の義務を負う。

(正直デュアルタップや、アイフルで何かおきてしまうということは考えられません。)

このような場合当然デュアルタップ社はアイフル社はその貸し付け先に対して徹底調査をおこないます。

だからこそグリーンインフラレンディングのような不正問題は起き得ません。

(何か問題があったため、間の大企業が責任をとらないければならないため。)

正直言ってしまえば、Fundsがマネオマーケットからシェアを奪うのは時間の問題でしょう。

下記公式サイトで無料で口座登録可能です。(私も登録したのですが、数分程度で登録できました。)

Funds公式サイト

また信頼できるソーシャルレンディング業者はどこか?という問い合わせが多かったため、信頼できる優秀な業者の一覧にまとめました。
参考にしてください。

ソーシャルレンディング事業者比較!おすすめできる安全な業者はどこ?!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ひできん より:

    マネオ本体はずっとメインで使用していて
    11月以降は順次引き上げてるのですが、
    今後どうなるかが非常に不安です。

    最近の期失はリファイナンスが厳しくなったため?とも思ってますが、
    マネオ本体の今後の見通しご教示いただけないでしょうか?
    全件期失もありえますよね?

    今後マネオには投資しないので、今の案件が逃げ切れるか日々不安です

    他でも散々被弾してさすがに耐えきれず今日妻に報告しました、笑って許してくれましたが
    可愛い子供達と遊ぶ元気もなく廃人のようになってしまった自分が情けない・・・

    1. tanabe54 より:

      ひできん様

      コメントありがとうございます。
      リファイナンスは厳しくなってたのが原因です。
      ただ川崎ファンドではマネオ自身が騙されたり、担保価値を正確に水増しをしていなかったのも事実。

      他の被弾した業者との大きな違いはマネオ自身はまだ事業の継続の意欲的であり、詐欺目的の会社とはマネオは異なります。

      ですのさすがに全件期限の利益の喪失はありえないと考えます。
      順次マネオからお金を引き上げるのは正解でしょう。

      お気持ちはお察ししますが、気を強く持ってください。
      お金はどうにかなりますが、子供たちと遊ぶ時間はかけがえのない宝物のような時間です。

  2. ひできん より:

    ありがとうございます、
    マネオ本体の回収中や運用中のファンドは、
    まだ希望ももてると考えていいのでしょうか?

    1200億円もある程度は戻って来ますでしょうか?

    いろんな業者に毎度裏切れてきて、本当に何も信じられない状況です

コメントを残す

*

CAPTCHA