ownersbookのファンドが即完売!投資家は安全性を求めている! | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

ownersbookのファンドが即完売!投資家は安全性を求めている!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はいどうもエニートです。

今回は本日販売されたowners bookの新宿マンションがすぐに完売したこと。そして昨日から続く高信頼度業者にのみ投資家は投資家するという流れが加速しているというのを確信したことについて記事にしていきたいともいます。

やはりownersbookの最大の強みは上場企業の傘下の不動産業者がファンドを組成しているという点でしょう。

つまりラッキーバンクのように担保価値を不当に水増ししたり、マネオの川崎ファンドのように担保価値の査定を適当に行う。ということはowners bookではあり得ません。

昨日もSBISLも即完売でしたが、今後も高信頼度業者にのみ人気が集まっていくのでしょう。

owners bookの新宿ファンドは即完売しました。

この条件であれば当然でしょう。

東京都新宿区新宿に所在するマンション1棟(物件①)と、東京都文京区本郷に所在するマンション1室(物件②)を担保とする「メザニンローン(物件①②共に)」への投資となります。物件①を所有する不動産保有会社Kに3,000万円、物件②を所有する総合不動産会社Aに10万円、合計3,010万円の貸付を行います。

 

なお、本募集による貸付先1への貸付3,000万円は、「新宿区マンション第1号ファンド第1回(1046口)」における同社への貸付額(元本3,000万円)に対するリファイナンスとして元本支払いに充当され、従来の貸付(1046口)は完済される予定です。

 

※貸付型の案件においては、行政当局からの指導により担保不動産・借入人の詳細を伏せる必要があり、当該写真はイメージです。

 


■上限金額のお知らせ

本案件の一人当たりお申込金額は40万円を上限とさせていただきます。予めご了承ください。

物件リスク分析 

ロケーション 東京都新宿区新宿
稼働率単位:% 100.0%
スポンサー クレジット 設立3年超の不動産保有会社

財務構造 

OwnersBook
評価額
¥349,000,000
シニアローン 銀行から 69.8% ¥243,724,999
メザニンローン OwnersBookから 8.6% ¥30,000,000

物件概要

1. 建物状況

2015年3月に建築された4階建のマンション1棟となります。維持・管理の状態は良好です。

 

2. 交通・接近条件

東京都新宿区新宿に位置しており、JR各線/小田急電鉄線/京王電鉄線のターミナル駅である新宿駅まで徒歩圏であり、都営新宿線・大江戸線および東京メトロ丸の内線・副都心線へのアクセスが良好な立地です。

 

3. 賃貸借の状況

1階から4階までを住居として賃貸しており、1Kタイプ(20㎡台・8戸および30㎡台・2戸)および1LDKタイプ(30㎡台・1戸および40㎡台・1戸)の計12戸から構成されています。不動産保有会社Kによると、2019年3月8日現在の稼働率は100%となっております。現行月額賃料(共益費込)の坪単価は13,900円程度となっており、外部専門家により査定された新規月額賃料(共益費込)の坪単価と同程度となっております。

 

4. 物件評価額

OwnersBook評価額は、外部専門家による査定額を参考に34,900万円(3億4,900万円)と査定しております。今回の物件①に対する募集金額3,000万円は、そのうちの約8.6%となります。

つまり本案件は新宿区という都心部の中でも、新宿駅まで徒歩圏内という屈指の立地条件の良さ。

さらにLTVも78.4%という低さ。(このLTVについては当ブログではたびたび解説していますが、後ほど再度解説したいと思います。)

このように

1 上場企業の傘下の高信頼度業者。

2 屈指の立地条件の良さ。

3 LTVがかなり低い。

このような好条件が重なった結果、これほど短期間でファンドが完売したと言えます。

そして上述したLTVについての解説を再度行いたいとおもいます。

LTV(ローントゥバリュー)とは!?

これは貸付金額に対する担保価値のわりあい。

つまり1億円の土地で、8千万貸した場合、

8千万÷1億=80%。

当然のことながら、貸付金額より担保価値のほうが高ければ、ファンドとしての安全性は高まります。

更に言えば、owners bookの場合、都内の一等地が担保。

リーマンショック時の都内の土地の下落率が15%。一方owners bookは20%以上の下落でも耐えられるような担保設定になっています。

この担保査定についても上場企業のロードスターキャピタル社のお墨付き。これが不正をおこしたソーシャルレンディング業者と異なり、担保価値が正確だと言われるゆえんです。

確かにowners bookは年利4~5%台と決して高くはない利回りです。

ですが昨今のソーシャルレンディングの情勢を踏まえれば、利回りよりも業者としての信頼性を重視して投資先を決めるべきでしょう。

ですので私は今後もOwnersBookを投資先のメイン業者の一つにしたいと考えます。

 

下記リンクより無料で口座開設ができます。

OwnersBook公式サイト

また下記が信頼できるソーシャルレンディング業者の一覧になります。
参考にしてください。

ソーシャルレンディング事業者比較!信頼度ランキング!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA