クラウドバンクから分配金が年利10%over!危険性は?信頼できる?


はいどうもエニートです。

今回はクラウドバンクから3月の分配金を頂いたのですが、なんとそのクラウドバンクの年利が10%over!

今回は再度何故クラウドバンクが優れているのか?その優れた理由を客観的根拠を元に説明していきたいともいます。

クラウドバンクは不正を起こした業者と異なり金融第一種免許を取得している。

みんなのクレジット、ラッキーバンク、トラストレンディングなどすべて金融第二種免許のみで、社長の過去が怪しいなど危険な兆候がありました。

ですがクラウドバンクは金融第一種免許を取得している立派な証券会社です。

この第一種免許の取得のハードルは高い。

また2018年にはクラウドバンク自身が大幅な黒字化を達成するなど、信頼性という面で大幅に向上しています。

クラウドバンクの太陽光発電ファンドは基本的にお宝ファンドと言って良い。

これもクラウドバンクがおすすめの理由です。

クラウドバンクの太陽光発電施設ファンドは何故お宝か?

今話題の太陽光発電。しかし私は今から太陽光発電に個人で参入することをお勧めしません。
というのも年々売電価格(電力会社が買い取ってくれる金額)は下がっています。
ですので今から参入しても正直遅い。そしてそもそも参入するのにかなりの金額がかかります。

であれば私は個人で参入するよりもクラウドバンクなどから大規模発電施設に投資します。
(1万円から投資可能というハードルの低さも個人で参入するよりもいいでしょう。)

ではクラウドバンクの本発電施設ファンドも電力買い取り価格が低いのでしょうか?(21円になるのでしょうか?)

答えは違います。

クラウドバンクの太陽光発電ファンドの売電価格は36円!

上記画像から読み取れるのは2点

電力会社は10年、または20年固定価格で買い取る
平成25年度の買い取り価格は36円!

今現在の買い取り価格が18円にくらべて36円!
これはお宝ファンドと言わざるを得ない。

所在 鹿児島県
設備名称 非公開
発電出力 非公開(数万kW規模)[注]
調達単価 36円/kWh(税別)
設備構成(予定) インリー製パネル、HUAWEI製パワコン

クラウドバンク公式サイトより

また運用期間は8ヶ月と短い運用期間のため、九州地方ながら私は本ファンドに再投資を決めました。

ついにきた!3月はクラウドバンク運用利回り10%over!

1月、2月は6%台でしたが(それでもすさまじい利回りです。)、年利10%オーバーがついにきました。

去年の11月以来の年利10%overです。

管理人がクラウドバンクがおすすめだと言い切れる理由は3点

1 クラウドバンクは証券会社が運営している。

2 今まで元本割れがない。(すばらしい実績です。)

3 売電価格が高い優秀な太陽光発電ファンドが多い。

となるとやはり、クラウドバンクの太陽光発電ファンドはメインの投資先にしても、何ら問題がない。というのが私のだした結論です。

下記公式サイトより無料で口座開設できます。

クラウドバンク公式サイト

また信頼できるソーシャルレンディング業者はどこか?2019年どこがおすすめになるのか?という当ブログの人気記事を下記にまとめました。参考にして頂けると幸いです。

第一位 ソーシャルレンディング事業者比較!おすすめできる安全な業者はどこ?!

第二位 2019年ソーシャルレンディングは高信頼度業者にのみお金が集まる!高信頼度業者はココだ!

第三位 不動産投資クラウドファンディング徹底比較!おすすめ業者ランキングベスト3!

第四位 FANTAS fundingのファンドが年利10%越え!怪しい?信頼度は?10%越えがあり得る理由!

第五位 投資初心者に何故owners bookがおすすめ?年利14%の真実とは!?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント