maneo(マネオ)の川崎ファンドからの定期債権回収に関わる報告!やっぱ信頼できない! | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

maneo(マネオ)の川崎ファンドからの定期債権回収に関わる報告!やっぱ信頼できない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はいどうもエニートです。

2週間に1回のマネオの川崎ファンドの債権回収に関する報告のメールが来ました。

再度になりますが、本ファンドの担保価値は3億程度。なにをどう思えば16億の担保価値があると評価したのか一切わからないファンドになっています。

(業者から16億の価値があると言われ、担保内容を価値を精査しなかったのが真相でしょう。詐欺ではないが正直重過失。)

詳しくはマネオの20億川崎ファンドはどうなる?詳しい解説!

上記記事をご参照ください。

マネオから川崎ファンドの債権回収に関する報告がありました。

 

1.回収活動状況について

本件融資の担保対象となる不動産は、神奈川県川崎市内の土地及び建物です。

前回までにご報告いたしました学校法人からの買付(購入申込書)の提示につきましては、
購入後の施設建設に関わる造成費用の見積りを取得したいとの意向から、提示期限を延長している状況です。
同法人は現在3社に見積りを依頼しており、うち1社からは提出があったとのことです。
3社の見積りが出揃い次第、買付を提示いただける予定です。
また、東京都内の大手不動産会社の系列企業、医業経営コンサルタント会社より紹介された医療法人、医療福祉事業者が引き続き購入を検討中でございます。
リハビリセンターとして検討している静岡県の社会福祉法人とは、3月中旬に面談を予定しております。
なお、本件売却活動とは別に、対象不動産に対する競売手続きが進行中です。

引き続き、投資家の皆様に少しでも多くの配当を一刻でも早く実現できますよう、事業者C社から定期的な回収活動の報告を受けるとともに、協力してまいります。

2.今後の状況報告について

該当投資家の皆様には、回収の進捗状況等につきまして、引き続き定期的にメールにてご報告いたします。
次回につきましては、3月末を目途に状況をご報告いたします。

投資家の皆様には、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
引き続き回収業務に全力を尽くしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

買い付け申込書の提示期限の延長や、相変わらずの購入を検討中。面談を予定。など一切伸展がないですね。

マネオが復活するとしたら本件の失敗を素直に認めれるのが第一歩でしょう。

どう考えても本ファンドはマネオが歌っているような16億の価値はありません。

それはマネオ本体も解っている。

だからこそ数ヶ月感分配金を自主的に支払ったのでしょう。(本来であれば、成立した次の月から分配が止まるファンドでした。)

ですがこのように投資家に対して不誠実な行為を行うことはマネオ自身の信頼度を下げている。そして投資家もこのファンドがうまくいかなかったことに気がついています。

であれば、本件より今後は不動産鑑定士の鑑定の元、ファンドの担保を査定するという確約を何故だせないのでしょうか?

このままずるずる時間だけが過ぎていったとしても、本ファンドの失敗は覆りません。

 

やはりこの点からもマネオに対する投資は今は見送るべきでしょう。

 

当ブログでは何度もご説明させていただきましたが、マネオの様なプラットフォームでソーシャルレンディングに投資を行うのであれば、FUNDsに投資をするのが正解になります。

FUNDsのプラットフォーム貸し出しビジネスがマネオファミリーのようにならない理由!

 

1 FUNDsはプラットフォームのみの貸し出しで身内貸しをしないと明言している。(この点でグリフラと異なります。)

2 FUNDsが融資を行うのは上場企業に準ずる大手企業のみ(貸し倒れのリスクが低い企業体力がある大企業のみ。クラウドリースと異なり、この点が別格の信頼度と言えます。)

3 上述する企業でFUNDSが融資をおこなう会社としてはデュアルタップや、アイフル。その宣言通りの大企業のみファンドを組成する。

4 maneoと異なりノンリコースローンではない。つまり最終貸し付け先のリスクは投資家が負わなくて良い。(マネオ本体はノンリコースローン!超重要!)

また株主からお金を引っ張っている状況から考えてもFUNDの数年以内の上場は固い。

それくらい別格の信頼度を誇る会社と言えます。

特にすばらしいと感じるのは理由の2、3、4

まず理由の2の融資を行うのは上場企業またはそれに準ずる大手企業のみ(その宣言通り貸し付け先がデュアルタップやアイフルになります。)

(図のようにソーシャルレンディングほどの利回りはありません。ですが上場企業のグループ会社で年利4%あれば私は喜んで出資します。)

事業者リスクも避けられ、貸し付け先も限定されるというのは画期的な仕組みと言えます。

FUNDsがおこなうノンリコースローンファンドではないという意味!

これは本当に画期的なシステムです。マネオ本体やマネオファミリーの行うノンリコースローンとの違いを簡単に言うと最終貸し付け先の状態に依存しないということになります。

つまりFUNDSの間に大企業がはいり、そこが最終貸し付け先に貸し付けます。

その最終貸し付け先が万一返済できなかった場合、貸し付けをおこなった大企業が返済の義務を負う。

(正直デュアルタップや、アイフルで何かおきてしまうということは考えられません。)

このような場合当然デュアルタップ社はアイフル社はその貸し付け先に対して徹底調査をおこないます。

だからこそ今回のようなガイアファンディングに対する毎月分配の強要やグリーンインフラレンディングのような不正問題は起き得ません。

(何か問題があったため、間の大企業が責任をとらないければならないため。)

正直言ってしまえば、Fundsがマネオマーケットからシェアを奪うのは時間の問題でしょう。

下記公式サイトで無料で口座登録可能です。(私も登録したのですが、数分程度で登録できました。)

Funds公式サイト

また信頼できるソーシャルレンディング業者はどこか?2019年どこがおすすめになるのか?という当ブログの人気記事を下記にまとめました。参考にして頂けると幸いです。

第一位 ソーシャルレンディング事業者比較!おすすめできる安全な業者はどこ?!

第二位 2019年ソーシャルレンディングは高信頼度業者にのみお金が集まる!高信頼度業者はココだ!

第三位 不動産投資クラウドファンディング徹底比較!おすすめ業者ランキングベスト3!

第四位 FANTAS fundingのファンドが年利10%越え!怪しい?信頼度は?10%越えがあり得る理由!

第五位 投資初心者に何故owners bookがおすすめ?年利14%の真実とは!?

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA