FANTASfundingから空き屋再生ファンド含む5本!1本に投資成功!<追記>

はいどうもエニートです。

今回はFANTAS fundingが新たに5件新規空き屋再生ビジネスファンドについて募集をすることについて話をしていきたいと思います。

はっきり言ってしまえばFANTAS fundingは不動産型クラウドファンディング業者として別格の信頼度をほこる業者と断言しても良いでしょう。

ではファンドの解説をする前に何故FANTAS fundingが優秀な業者なのかご説明させて頂きたいと思います。

<追記>

ついにFANTAS fundingに投資をすることに成功しました!全て1分以内にファンドは完売してしまいましたが、なんとか1件のファンドに投資成功。

クリック合戦のコツを教えてくれたグラさんには改めてお礼申し上げたいともいます!

 

FANTAS funding社長!國師康平氏のバックグラウンドは?

まずはFANTAS fundingの社長!国師氏のバックグラウンドについてご説明します。

なぜ社長のバックグラウンドが大切になるのか?と疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、みんなのクレジットのS氏は正直詐欺師で有名。グリフラのN社長は何度も会社を倒産させています。逆にラッキーバンクT氏はそれまでの実績が不明だったので、信頼できるのか?という指摘がありました。

このように不正を起こすソーシャルレンディング業者は社長のバックグラウンドが信頼できない。
不正を起こすソーシャルレンディング業者の特徴が気になる方は下記リンクをご参照ください。

不正を起こす危険なソーシャルレンディング業者の特徴は?

 

ですのでこの社長のバックグラウンドが信頼できるのかどうか?というのは投資を決める点で非常に重要な要素となります。
果たして國師康平氏は信頼にたる人物でしょうか?

国師氏は近畿大学を卒業後木下工務店入社。そこでトップセールスマンになったのち、5年後PLSプレセデンシャル株式会社を設立。
社名をFANTAS technology株式会社に変更し、そこで代表取締役を務められています。

特筆すべきは株式会社エボラブルアジアから出資を受けており、数年以内の上場を目指しています。
(多くの会社はいつか上場するというのですが、それは口だけのことが多い。その点FANTAS fundingは出資を受けていることからも本気で上場を目指しています。)

そして2017年の売り上げが約80億。これはowners bookの親会社。ロードスターキャピタル社の売り上げ88億と比べても見劣りしません。(88億のロードスターキャピタル社は上場していることを考えるとFANTAS fundingが数年以内に上場することは十分考えられます。)

国師氏は不動産畑で生きてきた人間で、その国師氏の実績は十分。そのため不動産型クラウドファンディングの会社を運営することに何ら違和感がなく、明確な実績もあるため間違いなく信頼できます。

企業としては信頼できる。

FANTAS fundingが中古マンションビジネスで利潤がだせる理由!

それはワンルームマンション買い取り査定ソフトを使っており、売り主としてはFANTAS fundingが自社買いをしてくれ、すぐに現金化してくれるというスピード感

このスピード感によって比較的安くマンションを仕入れることが可能なFANTAS funding。その結果中古マンションビジネスでも高利回りが可能となっています。

 

事業者と出資するいわゆるセイムボートなのがFANTASの強み!

以前crealがなぜ優れているのか?理由を徹底解説!

という記事を書いたのですが、crealは10%の劣後出資者となり、投資家と運命を共にするいわゆるセイムボートになります。

その点このFANTASも同様。

FANTASも投資家とともにファンドに出資を行います。そしてcrealは10%の劣後出資者でしたが、FANTASは20%の劣後出資者!つまり仮に20%の価格の下落が起きたとしても、(この短期間に20%の価格の下落はおきるはずもありませんが)投資家は元本の棄損がおきない

私の経験上の話になってしまうのですが、このように事業主とともに出資するセイムボート案件は非常に硬い。

万が一のとき、事業者から損をしていく(劣後出資者)為、事業者は本気でファンドを成功させようとします。(crealも同様です。)

また上述したことですが、不動産型クラウドファンディングは住所が明記されているため、その住所よりファンドの硬度を調べられるというのも圧倒的なメリット。

2019年はcrealやFANTASなどの不動産型クラウドファンディング業者が新興勢力として、ソーシャルレンディング業界で大きくシェアを獲得していくでしょう。

 

FANTAS fundingの事業者としての安全性は?

私はメインの投資先に据えても問題ないレベルであると評価しています。理由としては

1 運営会社のFANTAS technology株式会社 の2017年の売り上げが80億もある。

2 中古マンション販売や、空き家再生ビジネスの実績が十分。

3 FANTAS Fundingも劣後出資者として投資する。万が一の時はFANTASから元本を棄損していく。そのため真剣にファンドの運営を行う。

特に1の2017年の売り上げが80億もある点。ランクSSSで信頼できるソーシャルレンディング業者のowners bookの親会社、ロードスターキャピタル社の売り上げは約88億。

その売り上げとほとんど変わらないレベルの素晴らしい業績。
また上記理由よりFANTAS fundingは信頼でき、お勧めできる業者であると断言できます。

上記の通りFANTAS fundingが事業者としても、社長のバックグラウンドとしても信頼できる事業者であることは間違いありません。

では今回募集されるファンドの内容はどうでしょうか?

今回募集される空き屋ファンドはどれも非常に優秀!

どのファンドも立地条件も悪くなく、リフォームをして家を綺麗にすれば間違いなく借り手がつくだろうファンドばかりです。

例えばこの宇都宮線・日光線「栗橋」駅ファンド。

(リフォームしている姿になります。)

まずファンドの立地条件なのですが

東武線とJRと2路線が乗り入れ、湘南新宿ライン、上野東京ラインなど都心へ直通電車が停車する栗橋駅より徒歩6分の空き家を再生するプロジェクト。
物件公開時点(2019年2月)ではリフォーム前となっております。
駅至近で駐車場も2台完備、お庭も広く使え、徒歩1分でコンビニもあり、居住環境も良好です。FANTAS fundingより引用

地方の方はよくわからないかも知れませんが、上野東京ライン東海道線と繋がっており、最短時間で東京の職場に行ける非常にスピーディーな電車。

また湘南新宿ラインは新宿方面(都庁とか)への利便性が非常に高い電車であり、どちらも都心部へのアクセスで欠かせない電車になります。

栗橋駅はそのどちらも乗り入れており、駅から近いとなれば立地条件面では問題ありません。

FANTAS repro PJとは?
今後、増え続けると予想される空き家ですが、放置し続けると防災、防犯、衛生、景観など様々な面で問題が生じると指摘されており、その活用が求められています。
そのような問題への解決策の一つとして、FANTAS reproは何らかの事情で空き家となってしまった住宅を引き取り、再び利用可能な状態へ再生(機能回復修繕、リフォーム、リノベーション)、入居者を募集し運用を行います。
これにより、管理水準の低下した空き家を再び生き返らせるのです。
保有期間中の家賃収入及び売却益が配当原資となります。

FANTAS reproは空き家再生、運用、売却の実績が多数あり、当該エリアにおける賃料水準の見極めや効果的な賃貸募集活動について、経験に基づく見識を持ったチームが再生から販売までを行います。FANTAS fundingより引用

FANTAS repro PJの理念はすばらしいですが、投資家として気になるのはファンドの利回りと固さでしょう。

その点では先ほど申し上げた通り、FANTASの今までの実績。特に不動産査定の正確さとスピーディーさで固さは申し分ありません。

またそもそも論で空き屋再生ビジネスは低く仕入れ、高く売るという商売の基本が非常にしやすい。

本ファンドも立地条件としては文句なく、家をリフォームして綺麗にすれば間違いなく借り手はつくでしょう。

そして本ファンドの利回りは年利8%と日本の不動産ファンドとしては屈指の優秀な利回りと言えます。

更に言えば万が一の時でもFANTAS fundingが20%の劣後出資者になるわけですから、正直当該ファンドで投資家の元本が削れるというのは私としては想像ができません。

やはり本年度はcrealと同様に不動産型クラウドファンディング業者が躍進する年になるでしょう。

<追記>

ついにFANTAS fundingのファンドに投資成功しました!

(10口成功!理想は10口を5ファンドに投資するのが目標だったのですが笑。まあ1分で全てのファンドが完売した訳ですからそれは夢物語でしょう。)

今回は何とかfantas check PJ 13号に間に合った形になります。

空き屋再生ビジネスファンドは次回こそ投資を行いたいと思います。(クリック合戦に勝てればですが。)

しかしFANTAS fundingは1分以内に全てのファンドが完売するというのは非常にすさまじいですね。

<追記終了>

FANTAS fundingは今年120本ファンドを出すとのことで非常に楽しみです。

下記公式サイトで無料で口座開設可能です。(私も数分で解説できました。)

FANTAS funding公式サイト

こういった高信頼度業者が本年も多く参入してくれることを期待するばかりです。

また信頼できるソーシャルレンディング業者はどこか?2019年どこがおすすめになるのか?という当ブログの人気記事を下記にまとめました。参考にして頂けると幸いです。

第一位 ソーシャルレンディング事業者比較!おすすめできる安全な業者はどこ?!

第二位 2019年ソーシャルレンディングは高信頼度業者にのみお金が集まる!高信頼度業者はココだ!

第三位 不動産投資クラウドファンディング徹底比較!おすすめ業者ランキングベスト3!

第四位 FANTAS fundingのファンドが年利10%越え!怪しい?信頼度は?10%越えがあり得る理由!

第五位 投資初心者に何故owners bookがおすすめ?年利14%の真実とは!?

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント