マネオファミリー遅延問題でマネオ本体投資家が損失を被る!?お金を流用される可能性は?<追記> | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

マネオファミリー遅延問題でマネオ本体投資家が損失を被る!?お金を流用される可能性は?<追記>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


はいどうもエニートです。
前回グリフラファンドをマネオで募集!マネオが債権をグリフラに飛ばした?にも少し記載したのですが、グリフラ問題の結果マネオ投資家が不利益を被ることがあるのか?というのがマネオ投資家が気にしている点でしょう。

(グリフラ問題は日に日に悪くなってきています。)

ですのでその点について本日は解説していこうと思います。

<追記>

クラウドリース、ガイアファンディング、キャッシュフローファイナンスでも同様が発生しています。

正直マネオマーケットって本当にファンドの査定をせずや投資家のことを一切考えていなかったのだろう。ということをしみじみと感じています。

そこで投資家の中にはマネオファミリーの失敗の結果、マネオマーケットの責任が問われ、その結果マネオ本体に投資をしているお金が保証に使われるなど不適切に流用されるのでは?と恐れている方もいるかも知れません。(このように投資家の方を不安にさせることが論外です。)

マネオファミリーの遅延問題とマネオ本体はまったく関係ない話

えっ?と思われる方もいるかと思いますが、マネオ本体とマネオファミリーは全く関係ありません。

マネオマーケット株式会社とグリーンインフラレンディングは関係があります。

というのもマネオマーケットとマネオ本体は別会社。
ですので

グリフラ問題でマネオマーケットが責任を取らなければならなくなる。というのはあり得ますが、
グリフラ問題でマネオマーケットが責任を取る結果、マネオ本体投資家が不利益を被るというのはあり得ない

マネオ投資家はマネオと非匿名組合契約を結んでいる

グリフラ投資家はグリフラと非匿名組合契約を結んでいますし、LCレンディング投資家はLCレンディングと結んでいます。

なのでこの点でも
グリフラ問題がマネオ投資家に波及することはあり得ない。

マネオマーケットがマネオ投資家のお金をグリフラ問題の解決のために使う可能性は?

上述の通り理論上はグリフラ問題がマネオ投資家に波及することはあり得ません。

ですがそれはあくまで理論上。
たとえばやみんなのクレジットは分別管理を一切しておらず、集めたお金を不適切に流用していました。

マネオが集めたお金をグリフラ問題の解決の為に、不適切に流用するというのは、実際問題起こりえるのでしょうか?

ファンド以外にお金を流すことはVCが監視している以上あり得ない。

みんなのクレジットやラッキーバンクはVCが一切おらず、だれも監視をしていませんでした。
(みんなのクレジットは訴訟問題に発展しています。)

ですがマネオには各種VC(ベンチャーキャピタル)が出資しています。
VCは投資を決めるとき、徹底的に会社を調査しますし、その後も会社を監視します。

例えばマネオにはGMOクリック證券が出資しています。

不適切な流用をする焼き畑農業に近いことをしようとすれば、

おいちょっと待て。と当然介入します。
またマネオ本体が不適切にお金を流用し、マネオ本体投資家に不利益を被らせれば、GMOクリック證券を筆頭に各種VCの名声に大きく傷をつけます。

となればVCは当然不適切な流用は許さない。

私自身当ブログでVCが出資しているor上場企業の傘下or証券会社が運営している会社にのみ投資を勧めるのはこういった理由があるからです。

実務上も不利益を被ることは考えずらい。

とはいえ川崎ファンドという大問題を起こしており、更にマネオファミリーでここまで失態を犯しているマネオに投資をするのは全くおすすめできません。

やはり今はマネオに投資するのは見送るのが吉でしょう。

当ブログでは何度もご説明させていただきましたが、マネオの様なプラットフォームでソーシャルレンディングに投資を行うのであれば、FUNDsに投資をするのが正解になります。

FUNDsのプラットフォーム貸し出しビジネスがマネオファミリーのようにならない理由!

 

1 FUNDsはプラットフォームのみの貸し出しで身内貸しをしないと明言している。(この点でグリフラと異なります。)

2 FUNDsが融資を行うのは上場企業に準ずる大手企業のみ(貸し倒れのリスクが低い企業体力がある大企業のみ。クラウドリースと異なり、この点が別格の信頼度と言えます。)

3 上述する企業でFUNDSが融資をおこなう会社としてはデュアルタップや、アイフル。その宣言通りの大企業のみファンドを組成する。

4 maneoと異なりノンリコースローンではない。つまり最終貸し付け先のリスクは投資家が負わなくて良い。(マネオ本体はノンリコースローン!超重要!)

また株主からお金を引っ張っている状況から考えてもFUNDの数年以内の上場は固い。

それくらい別格の信頼度を誇る会社と言えます。

特にすばらしいと感じるのは理由の2、3、4

まず理由の2の融資を行うのは上場企業またはそれに準ずる大手企業のみ(その宣言通り貸し付け先がデュアルタップやアイフルになります。)

(図のようにソーシャルレンディングほどの利回りはありません。ですが上場企業のグループ会社で年利4%あれば私は喜んで出資します。)

事業者リスクも避けられ、貸し付け先も限定されるというのは画期的な仕組みと言えます。

FUNDsがおこなうノンリコースローンファンドではないという意味!

これは本当に画期的なシステムです。マネオ本体やマネオファミリーの行うノンリコースローンとの違いを簡単に言うと最終貸し付け先の状態に依存しないということになります。

つまりFUNDSの間に大企業がはいり、そこが最終貸し付け先に貸し付けます。

その最終貸し付け先が万一返済できなかった場合、貸し付けをおこなった大企業が返済の義務を負う。

(正直デュアルタップや、アイフルで何かおきてしまうということは考えられません。)

このような場合当然デュアルタップ社はアイフル社はその貸し付け先に対して徹底調査をおこないます。

だからこそ今回のようなガイアファンディングに対する毎月分配の強要やグリーンインフラレンディングのような不正問題は起き得ません。

(何か問題があったため、間の大企業が責任をとらないければならないため。)

正直言ってしまえば、Fundsがマネオマーケットからシェアを奪うのは時間の問題でしょう。

下記公式サイトで無料で口座登録可能です。(私も登録したのですが、数分程度で登録できました。)

Funds公式サイト

また信頼できるソーシャルレンディング業者はどこか?2019年どこがおすすめになるのか?という当ブログの人気記事を下記にまとめました。参考にして頂けると幸いです。

第一位 ソーシャルレンディング事業者比較!おすすめできる安全な業者はどこ?!

第二位 2019年ソーシャルレンディングは高信頼度業者にのみお金が集まる!高信頼度業者はココだ!

第三位 不動産投資クラウドファンディング徹底比較!おすすめ業者ランキングベスト3!

第四位 FANTAS fundingのファンドが年利10%越え!怪しい?信頼度は?10%越えがあり得る理由!

第五位 投資初心者に何故owners bookがおすすめ?年利14%の真実とは!?

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA