maneo(マネオ)1200億円突破記念ファンドから債権回収報告! | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

maneo(マネオ)1200億円突破記念ファンドから債権回収報告!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はいどうもエニートです。

今回は1000億、1100億、1200億という節目で必ず期限の利益を喪失するマネオの記念ファンドから債権回収に関しての報告がきたのでそのことを記事にしていきます。

まず本ファンドについて結論から言ってしまうと、マネオマーケットからの報告が真であれば、間違いなく投資したお金が返ってきます。

これは間違いありません。詳しくはmaneoの1200億円突破記念ファンドで16億の大遅延発生!今後どうなる!?

上記記事をご参照ください。

マネオから債権回収に関する報告がありました

これに関しては読んで字のごとくですね。

1.回収活動状況について
前回ご報告のとおり、不動産事業者DMは売却予定先との売買契約を締結済みであり、売買契約に伴う手付金を受領済みです。
3月下旬までを目途に最終の残金決済が行われる予定です。
事業者C社は不動産事業者DMの物件引き渡しに至るまでの業務の進捗状況を確認しておりますが、
前回のご報告以降において、特段お伝えする重要事項はございません。
次回のご報告にて、決済に向けたスケジュールをお伝えできればと考えております。

2.今後の状況報告について
該当投資家の皆様には、不動産事業者DMによる対象不動産の売却の進捗状況を踏まえた回収状況につきまして、
引き続き定期的にメールにてご報告いたします。
次回については2週間後を目途にご報告いたします。

投資家の皆様には、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
引き続き回収業務に全力を尽くしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。マネオマーケットのメールより引用

手付金を受領していることからも、特段問題点があるように見えません。

また本件は回りの土地と合わせてより高値で売却を試みたところ、期限内に売却ができなかったという話。

特段異常な点はありません。

個人的には本ファンドは間違いなく、返済されると思っています。(私自身も投資をしているファンドで動きが気になっています。担保の立地条件が良かったため、本ファンドに出資していました。)

ただしこれはあくまでマネオマーケットが嘘をついていないという前提で話が進んでいます。

マネオで遅延している川崎ファンドでは担保価値を正確に査定していませんでした。

他のマネオファミリーの遅延問題でも不誠実な行為を繰り返しているマネオマーケットについては私は一切信用していません。

その点が本ファンドはおそらく98%くらいは大丈夫と思いながらも100%信頼できない理由になります。

マネオ本体で遅延している川崎ファンド

詳しい解説はマネオの20億記念ファンドで貸し倒れが避けられない理由!今後どうなる?

上記記事をご参照ください。

 

要約すると川崎ファンドは担保価値を16億と歌っていますが、せいぜい売れて2億ちょいの土地。

このように抵当権順位をつけており、元本棄損を投資家の責任にするつもりなのかも知れませんが、さすがに2億程度の土地を16億の担保と言い切るのはあり得ません。

またグリフラ問題でも、マネオマーケットは投資家に虚偽の説明を繰り返しました。

ですので私はマネオマーケットの発表に関しては、最後の最後まで。具体的にいれば入金されるまで一切信頼していません。

他のソーシャルレンディング業者であれば、ここまで推測する必要がないのですが、マネオマーケットの今までのことを考えると注視が必要なのは間違いないでしょう。

(そもそもマネオマーケットは投資家の大切なお金をなんだと思っているのでしょうか?金融の世界は信頼が第一だという前提が欠如しているように見受けられます。)

やはりマネオ本体を含み、今現在マネオファミリーに対する投資は見送った方が良いでしょう。

当ブログでは何度もご説明させていただきましたが、マネオの様なプラットフォームでソーシャルレンディングに投資を行うのであれば、FUNDsに投資をするのが正解になります。

FUNDsのプラットフォーム貸し出しビジネスがマネオファミリーのようにならない理由!

 

1 FUNDsはプラットフォームのみの貸し出しで身内貸しをしないと明言している。(この点でグリフラと異なります。)

2 FUNDsが融資を行うのは上場企業に準ずる大手企業のみ(貸し倒れのリスクが低い企業体力がある大企業のみ。クラウドリースと異なり、この点が別格の信頼度と言えます。)

3 上述する企業でFUNDSが融資をおこなう会社としてはデュアルタップや、アイフル。その宣言通りの大企業のみファンドを組成する。

4 maneoと異なりノンリコースローンではない。つまり最終貸し付け先のリスクは投資家が負わなくて良い。(マネオ本体はノンリコースローン!超重要!)

また株主からお金を引っ張っている状況から考えてもFUNDの数年以内の上場は固い。

それくらい別格の信頼度を誇る会社と言えます。

特にすばらしいと感じるのは理由の2、3、4

まず理由の2の融資を行うのは上場企業またはそれに準ずる大手企業のみ(その宣言通り貸し付け先がデュアルタップやアイフルになります。)

(図のようにソーシャルレンディングほどの利回りはありません。ですが上場企業のグループ会社で年利4%あれば私は喜んで出資します。)

事業者リスクも避けられ、貸し付け先も限定されるというのは画期的な仕組みと言えます。

FUNDsがおこなうノンリコースローンファンドではないという意味!

これは本当に画期的なシステムです。マネオ本体やマネオファミリーの行うノンリコースローンとの違いを簡単に言うと最終貸し付け先の状態に依存しないということになります。

つまりFUNDSの間に大企業がはいり、そこが最終貸し付け先に貸し付けます。

その最終貸し付け先が万一返済できなかった場合、貸し付けをおこなった大企業が返済の義務を負う。

(正直デュアルタップや、アイフルで何かおきてしまうということは考えられません。)

このような場合当然デュアルタップ社はアイフル社はその貸し付け先に対して徹底調査をおこないます。

だからこそ今回のようなガイアファンディングに対する毎月分配の強要やグリーンインフラレンディングのような不正問題は起き得ません。

(何か問題があったため、間の大企業が責任をとらないければならないため。)

正直言ってしまえば、Fundsがマネオマーケットからシェアを奪うのは時間の問題でしょう。

下記公式サイトで無料で口座登録可能です。(私も登録したのですが、数分程度で登録できました。)

Funds公式サイト

また信頼できるソーシャルレンディング業者はどこか?2019年どこがおすすめになるのか?という当ブログの人気記事を下記にまとめました。参考にして頂けると幸いです。

第一位 ソーシャルレンディング事業者比較!おすすめできる安全な業者はどこ?!

第二位 2019年ソーシャルレンディングは高信頼度業者にのみお金が集まる!高信頼度業者はココだ!

第三位 不動産投資クラウドファンディング徹底比較!おすすめ業者ランキングベスト3!

第四位 FANTAS fundingのファンドが年利10%越え!怪しい?信頼度は?10%越えがあり得る理由!

第五位 投資初心者に何故owners bookがおすすめ?年利14%の真実とは!?

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA