ラッキーバンクが業務再開への動き!その隠された真意は簡単です!

はいどうもエニートです。

今回はラッキーバンクが業務再開を目指して動いているという件について解説していこうと思います。

(そんなことよりも一度でも投資家に対して説明会を行うべきだと思うのですが。)

ラッキーバンク事件の要約!

ラッキーバンク事件と流れについて詳しい解説が気になる方は下記リンクを参考にしてください。

ラッキーバンク詐欺事件!投資家は訴訟すべき?最悪の結末!!

上記記事を要約すると

1 ソーシャルレンディングという非匿名組合の仕組みをいかして親族(ママ)が経営するW社へ投資
2 ママの経営するW社は債務超過&担保付きで安全とうたっていたが不動産価値を水増しして投資家をだましていた。
3 上記点を金融庁から突っ込まれ、処分されることになると、10.5億駆け込みで集めた。誠実さのかけらもなし。
4 任意売却で売れる立地条件なのにもかかわらず、売却したのが1%程度。
5 サービサーに売却し投資家に約68%の大損害を与える。

あり得ません。
はっきり言えば詐欺に近い。

債務超過に陥る会社に担保価値を水増しして貸し出し、競売すらせず、知り合いのサービサーに債権を売りつける。
まったく誠実さのない大事件であったと断言できます。

今現在投資家たちが集い、訴訟が検討されている。
これがラッキーバンク事件です。

ラッキーバンクは何故業務再開を目指している?

このような事件をしでかしたラッキーバンクが業務を再開できるはずがあり得ません。

では何故今になってラッキーバンクは業務再開を目指していると豪語しているのでしょうか?

それは簡単です。

ラッキーバンクはこれからはじまる民事訴訟に向けて健全に業務を行っている会社だとアピールをしたいから。

今現在多くの法律事務所や集団訴訟で有名なenjinでラッキーバンクに対する民事訴訟の準備が着々と進んでいます。

だからこそ突如として沈黙を破り、業務再開を目指している&そして本事件は詐欺ではなくファンドの運営の失敗だということにしたいのでしょう。

はっきり言えばこれは許される行為ではありません。ですが少しでも裁判を有利にしたいラッキーバンク経営陣はこのような戦略をとることにしたのでしょう。

裁判については今後の流れはまだまだ不明瞭なので今現在で何か明言することを控えます。
ですが当ブログではラッキーバンクに何かまた怪しい動きがあれば記事にしていきたいと思います。

そして最後に日本の不動産市場についてお話させて頂きたいと思います。

日本の不動産市場では年利4~5%程度があり得るライン!

都内の不動産付きの担保ファンドであれば、年利9~10%というのはあり得ません。(事業者の貸し付け金利を考えれば年利12%以上の高利!)

ラッキーバンクがうたっていたような好立地のファンドでは銀行もしくはそれに近い機関が低金利で貸し出してくれます。

上記点を考慮に入れると正直ラッキーバンクの年利10%というのは異常でした。(FANTAS fundingの空き屋再生ビジネスならばあり得ます。)

 

安全性という面ではOwnersBookが別格です。
というのもowners bookのファンドは都内の一等地の担保。その分利回りが4.5%と納得できる長さになっています。

今後も不動産担保付きファンドで都内であれば年利5%程度が納得できるラインだと覚えておいてください。

ラッキーバンクは担保の価値の水増しも行っていました。投資家は今後も当てにならない担保評価額を信頼しないといけないのでしょうか?

上場系企業のソーシャルレンディングowners bookは担保の評価額が当てになる!

上場系企業傘下のソーシャルレンディング業者。例えばOwnersBookであれば今回のマネオのような担保価格の不適正評価というのはおきません。

詳しくはowners bookは超優良!年利14%の真実は!?をご参照ください。

上記記事を要約すると

親会社のロードスターキャピタル社は超黒字経営。
上場系企業の傘下であるため担保の額を意図的に水増しすることはあり得ない。
(上場企業は厳しい監査の目にさらされ、不正行為には刑事罰もありえます。)
LTVも低く担保も東京都心の1等地。万一の場合も投資家の保護が図られている。

確かにowners bookは年利5%程度と他のソーシャルレンディング業者と比べて特別高い利回りの業者ではありません。

ですがこのような信頼できない業者の年利8%などよりも担保&事業者信頼度が別格なOwnersBookを中心に投資をするのが現状では間違いなくベストだと私は判断し、投資額を増やしていこうと思います。

下記公式サイトより無料で口座開設可能です。
OwnersBook公式サイト

 

また信頼できるソーシャルレンディング業者はどこか?2019年どこがおすすめになるのか?という当ブログの人気記事を下記にまとめました。参考にして頂けると幸いです。

第一位 ソーシャルレンディング事業者比較!おすすめできる安全な業者はどこ?!

第二位 2019年ソーシャルレンディングは高信頼度業者にのみお金が集まる!高信頼度業者はココだ!

第三位 不動産投資クラウドファンディング徹底比較!おすすめ業者ランキングベスト3!

第四位 FANTAS fundingのファンドが年利10%越え!怪しい?信頼度は?10%越えがあり得る理由!

第五位 投資初心者に何故owners bookがおすすめ?年利14%の真実とは!?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント