キャッシュフローファイナンスで更に遅延!詐欺の可能性は低いが赤字企業の体力は!?

はいどうもエニートです。

今回はキャッシュフローファイナンスが更に遅延した問題について書いていきたいと思います。

キャッシュフローファイナンスのT社長はグリフラN社長やラッキーバンクT社長と異なり、経歴というバックグラウンドがしっかりしている方なので、詐欺の可能性は相当低い。

ですが率直に申し上げてしまえば、キャッシュフローファイナンスの企業体力は恐ろしく低いため、詐欺でなくとも投資家が損害を被る未来は実際あり得えます。

とはいえコインランドリーファンドは今非常に利益率が高いビジネスモデルであるため、長期になりますが、おそらく返済可能。(他のなのカーボンファンドに関しては正直なんとも言えません。)

今回は何故コインランドリーファンドが遅延したのか&キャッシュフローファイナンスの企業体力について話していこうと思います。

CFFのコインランドリーファンドは絶好調だった!

信じられないかもしれませんが、CFFのコインランドリーファンドは絶好調でした。

というのも今都内ではコインランドリーは急速に増えており、(外国人観光客の増加などが原因です。)利益率も非常に高い儲かるビジネスモデルです。

しかしグリーンインフラレンディングの一件で自己保身にはしるマネオマーケットはリファイナンス基準を厳格化。

リファイナンスを繰り返すことで急拡大をしているコインランドリー業者に対しても、以前のリファイナンス基準でファンドを組成し、そして貸し付けをおこなっていたCFFにとってもこの事態は寝耳に水。

ぎりぎりで運営していたコインランドリー業者はリファイナンスできなくなったことにより、コインランドリーファンドが全件期限の利益の喪失になりました。

これ投資家のみなさんはどう思いますか?

この事態はコインランドリー業者やキャッシュフローファイナンスが招いた事態だと考えますか?

マネオマーケットのリファイナンス基準の厳格化が問題の根本!

私は上記問題についてはキャッシュフローファイナンスも貸付先にも責任はないと考えます。

ここまでうまくいっていたファンドをリファイナンスの基準を突如として厳格化したマネオマーケットに責任が間違いなくあります。

グリフラという仲間に入れてはいけなかった業者をファミリーとしてファンドを組成させる。そして逆に誠実に儲かっているキャッシュフローファイナンスをリファイナンスさせなくする。

これが果たして誠実という言葉をかかげるマネオマーケットがするべきことでしょうか?

ただ本件はコインランドリー社に対して、資本提携をもちかける会社があり、現在CFF社の設備を買い戻すうごきがあります。

(本当によかったと思います。。あのままでは誠実に行動していたコインランドリー社がマネオマーケットの行動によって倒産に追い込まれるところでしたし、投資家に大損害を与える可能性もありました。)

本件は予断は許しません。

ですが最悪の可能性のファンド自体がデフォルトするというのは避けられました。

本件からわかるのは2点。

1 キャッシュフローファイナンスは詐欺の可能性は相当低い。

2 マネオマーケットはマネオ本体さえ守れれば、マネオファミリーもマネオファミリー投資家がどうなろうが関係ないという無責任な姿勢。

上記のような安心材料もありますが、キャッシュフローファイナンスの企業体力という非常に心配な点もあります。

キャッシュフローファイナンスは大赤字で企業体力は相当厳しい!

ただでさえ大赤字で体力としては相当厳しかったに加えて、遅延問題でファンドが組成できなくなっているという最悪の状態です。

2017年9月30日の決算報告なのですが、すさまじい額の赤字と言えます。

初めて1年目で3,270万の大赤字。完全に資本を食いつぶしている形になっています。

この決算書をだした勇気はすごいと思いますが、この時点でキャッシュフローファイナンスは債務超過に陥っています。

この情報の時点で個人的にはよほどの思い入れがある企業でなければ、投資をするのは論外でしょう。

そして今現在のキャンセル状態で事業が回せないとなると、今後の会社運営は相当厳しいと言わざるを得ない。

(ファンドの内容は社会貢献性が高いため、個人的には応援したい会社です。)

このように投資を検討する際には、事業者としての誠実さ&ファンド内容の硬度だけでなく、事業者自身の体力が大丈夫なのか?ということを確認する必要があります。

決して表面的な利回りだけを見て、事業者リスクを軽く見るということをしないように心がけてください。

企業体力&ファンドの硬度として一番優れているのはowners book!

まず企業体力という面でのowners bookは

平成29年12期決算をみると、売上約88億円、経常利益11億円

さすが不動産売却のプロ集団という名前をほしいままにしているだけはあります。

非常にすばらしい経営状態だと断言できます。さらにowners bookは上場企業の傘下のソーシャルレンディング業者のため、監査法人が入っております。ですので恣意的に決算書を改ざんすると言うことはあり得ません。

このように客観的に信頼できるデータからもowners bookの企業体力は問題ないと言えます。

owners bookは上場企業の傘下であり、ファンドの硬度はすばらしい!

ファンドがすばらしい理由を簡潔に述べると、以下の3点

1 上場企業の傘下であり、担保価値を意図的に水増しすることはあり得ません。(最悪刑事罰の実刑もありえます。この点がラッキーバンクやみんなのクレジットと異なる。)

2 今まで一度も元本割れがないという実績に加えて、ファンドによっては追加配当あり!

3 LTVが80%以下の都会の一等地が担保!

1については直感的に内容が理解できるかと思いますが、2,3についてはご説明させて頂きます。

2の今まで元本割れがないというのは読んで字の如く。この追加配当というのはowners bookで追加配当ありと明記されているファンドが予定よりも高値で売却された場合、投資家に当初想定された利回りだけでなく、追加配当という形でさらに投資家に還元してくれます。

例えば杉並区のファンドでは当初の利回りは4.2%だったのですが、ファンドが予定よりも高値で売却され、利回り13%の超高還元ファンドとなりました。

このような投資家ファーストの姿勢がowners bookの強みになります。

3のLTV80%以下というのは、土地の担保価値と貸付金額どちらが大きいのか?という指標になります。

LTV(ローントゥバリュー)というのは貸付金額を土地の担保価値で割った数字。

例えば1億円の土地の担保で8,000千万貸し付けを行った場合、LTVは

8,000万円÷1億=80%。

つまりowners bookは全てのファンドで土地の担保価値のが、貸付金額より大きく、またLTVも非常に低いため投資家にとってとことん安全性が高いファンドになります。

LTVが80%というのを説明すると、リーマンショック時の都心の地価の下落率が15%でした。

つまりLTVが80%以下であれば、リーマンショック級がきても、元本割れをしないレベルの安全さ。(100年に一度といわれるリーマンショックが10年単位でこられたら非常に困りますが笑)

確かにowners bookの平均利回りは4%台とソーシャルレンディングでは高いとは言えません。

ですがこのように企業体力が低い会社orモラルが低い会社(ラッキーバンクなど)に投資をすると大幅な元本毀損のリスクがあります。

ですので私は安全性が高いファンドで資産運用を心がけているため、今年はOwnersBookを中心に投資を行いたいと思います。

下記公式サイトで無料で口座登録可能です。
OwnersBook公式サイト

また信頼できるソーシャルレンディング業者はどこか?2019年どこがおすすめになるのか?という当ブログの人気記事を下記にまとめました。参考にして頂けると幸いです。

第一位 ソーシャルレンディング事業者比較!おすすめできる安全な業者はどこ?!

第二位 2019年ソーシャルレンディングは高信頼度業者にのみお金が集まる!高信頼度業者はココだ!

第三位 不動産投資クラウドファンディング徹底比較!おすすめ業者ランキングベスト3!

第四位 FANTAS fundingのファンドが年利10%越え!怪しい?信頼度は?10%越えがあり得る理由!

第五位 投資初心者に何故owners bookがおすすめ?年利14%の真実とは!?

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

  1. はしも2 より:

    先週、最新の決算発表ありましたね >OwnersBook
    営業&経常利益等がほぼ倍増に近い数値。まさに絶好調ですね。
    指標的にはあまり割安感ありませんが、もう少し増配してくれれば株も欲しいところです(笑)。

    LCもなかなかの決算だったようですし、現在の状況からしてポートフォリオはこうしたところで組むしかないですね。
    ※個人的にはSAMURAI&Jもこうなってくれると嬉しいんですが。。

    • tanabe54 より:

      はしも2様

      コメントありがとうございます。
      私もSAMURAIに期待しています。
      債権譲渡に条件をつけるのが誠実さを感じます。
      本当にあとは財務状況さえ良くなればメインの投資先の一つにできるのですが

      今後に期待ですね。