グリフラ!ガイア!CFF!マネオ本体!クラリ!一番危険でやばいマネオファミリーはどれ!?<追記>


はいどうもエニートです。

今回はマネオ本体&マネオファミリーで今おきている大遅延&期限の利益の喪失。
一体何がおきたからこうなったのか。そして今の状況的に一番まずいのはどこなのか徹底解説を行いたいと思います。

<追記>

クラウドリースでも一斉遅延が発生しました。この件についても解説をしていきたいと思います。

<追追記>

クラウドリースの遅延理由でまさかのマネオマーケットはクラウドリースに責任を転嫁。更にガイアファンディングでも約束された入金すらないというすさまじい状況になっています。

マネオ&マネオファミリーで遅延がおきているのはこれらの業者!

マネオ本体(一部のファンド)
グリーンインフラレンディング
ガイアファンディング
キャッシュフローファイナンス

<追記>

クラウドリース

この中ではグリーンインフラレンディングのファンドの遅延が最大規模で、またN社長がまったく信頼できないバックグラウンドであるため、最大の懸念事項だと思われています。
ですが私の見解では一番元本が返ってこないと思われるのはグリフラではありません。

今回は各ファンドが何故遅延がおきてしまっているのかを含めて上記理由を解説していきたいと思います。

グリーンインフラレンディングで何故遅延がおこったのか?


遅延がおきた理由としては一番酷いのはグリフラに間違いありません。
金融で一番の基本であるお金の分別管理ができていなかった。

また親会社の株式を取得したり、議員に勝手にお金を貸し付けるなどやりたい放題。

N社長は今まで何社も倒産させている倒産のプロ。
とても信頼できる人柄ではありません。

詳しいことはグリーンインフラレンディングは今後どうなる!?に記載があります。

ただファンド自体が存在していたのも事実。
そしてグリフラ自身が詐欺に引っかかったわけではない。(信頼できる行為はまったくしていませんが..)

ですので売却が進めばある程度の元本が返ってくるのでは?と考えています。

マネオ本体の不動産付きファンドで何故元本割れするリスクがおこったのか?

マネオで20億の遅延!何故元本割れをするのか?にも記載したのですが、マネオの20億遅延ファンドは抵当権順位者はおそらく元本割れが免れない

理由としてはファンドの担保の内容の精査を十分行っていなかったから。

上記記事に細かく解説していています。要約すると

マネオが歌っていたのは業者の買い取り価格であり、客観性に乏しい。
今まで不動産担保付きファンドを失敗したことがなかった。それ故失敗しないだろうというマネオのおごり。
投資家あっての収益なのに投資家を軽視した。
不動産の担保箇所を精査すれば16億の価値がないとわかったのに調査していなかった。

端的にマネオの調査力不足です。

また本ファンドでマネオと取引した先はまあいわゆる詐欺に近い会社。

その会社からすればマネオの担当をだまくらかすのは赤子の手をひねるよりもたやすかったでしょう。

本ファンドは業者買い取り価格。担保価値は第三者が適切に評価した価値ではありません。

(駅から遠い上、山の中にあるマネオを担保)

私から言えばもう少し担保内容を精査しろよ。

というのが率直な感想です。

キャッシュフローファイナンスの遅延は大問題なわけ!リースバック契約とは!?

これは大問題のファンドです。

詳しくはキャッシュフローファイナンスの大遅延!今後どうなる?赤字企業の体力は?をご参照ください。

上記記事を要約すると
ナノカーボン装置の担保価値は不明。(ただ事業としては存在するので、返済計画を待つのもあり。)
アミューズメント施設ファンドはキャッシュフローファイナンスがいらない施設を押しつけられた形。
リースバック契約は返済義務はなし。6ヶ月分の賃料を支払い、いらない設備をCFFに押しつければ返済は終了。
そもそもキャッシュフローファイナンスの財務状況が危険水域すぎる。

特に下の件はCFFに同情します。
これは悪意がある人物がCFFの無知につけ込んだ形です。

ガイアファンディングの一斉期限の利益の喪失!社長と連絡がとれない!

ガイアファンディングをリファイナンスを元にファンドを組成していました。
しかしグリーンインフラレンディングの重大のやらかしのせいで、リファイナンスの条件が厳格化され、その結果ガイアファンディングは飛びました。

ガイアファンディングの一斉遅延!今後どうなる?に詳しい記事があります。

さらに現社長のT社長と連絡がとれないばかりかフェイスブックのアカウントを消去。
間に3社挟んでいるため、どこかの会社がおそらく資産を持ち逃げした。
アメリカでの出来事のため、一向に遅延内容が確認できない。

はっきり言って一番悪い状況なのはガイアファウンディングです。
(全てはグリフラがやらかさなければ、どうにかなったと思うところがあるので同情します。そして続報を次第という面もあります。)

<追記>

ガイアファンディングとマネオマーケットは再度連絡がとれました。

そしてガイアファンディングはマネオマーケットと決別しましたが、ガイアファンディングは資金の返済に努めると発表。

ここまでは良かったのですが1月23日にマネオマーケット社から送られてきたメールは予想の斜め上をいく、最悪といっても良いもの。

ガイアファンディング社のメール本文には1月18日に返済を見込んでいるとの記載がございました。
当社におきましては、1月18日の見込みに従い、着金確認をいたしておりましたが、返済指定口座への着金はございません。マネオマーケット社より

ガイアファンディングは以前本ファンドカリフォルニア州マリーナ・デル・レイについて販売契約を締結しているとはっきり断言していました。

にもかかわらず着金していない。これはあり得ません。まず疑問点は二つ

1 ガイアファンディングからの発表が一切ないのはおかしい。

本件はガイアが契約を締結していると断言していたのにもかかわらず、未だに入金がない。これはあり得ません。遅れるのであればガイアファンディング自ら理由を説明すべきなのにも関わらず、一切発表がないというのはおかしい。

2 18日の段階で着金がなければ、すぐに理由を調査すべき。

発表は23日。その日まで十分時間はありました。何故すぐに人を派遣して理由をしらべるなどをしないのか?それ以前に着金がない程度であれば、電話一本で事足りる件でしょう。

 

最悪の可能性を考慮すると、ガイアファンディングとマネオマーケットがすでに一切連絡が取れていない。ということすら考えられる状況です。

クラウドリース64%の大遅延発生!

クラウドリースほどリファイナンスを前提にファンドの組成を行っている業者はありません。
なぜなら貸し付け先の多くはパチンコ屋で台の入れ替えなどで相当お金がかかります。
詳しくはクラウドリースで一斉遅延が発生!何故おきた?
上記記事をご参照ください。

今まではリファインスを前提にファンドを組成し、うまくファンドが回っていましたが、グリフラが問題を起こした結果リファインス要件をマネオマーケットが厳格化。
そもそも危険なパチンコ業界のファンドだったため、リファインスができなくなった以上、このように多くのファンドが遅延を起こしてしまうと言うのは納得できます。

本件の問題点はクラウドリース本体というよりも急にリファインナンス要件を厳格化したため、クラウドリースの借り手やクラウドリース、クラウドリース投資家を苦しめているマネオマーケットといっても過言ではないでしょう。
(ただ動産担保などをもっている以上、その他遅延ファンドに比べれば遙かにマシです。)

<追記>

本件はクラウドリースに責任がないのにも関わらず、リファイナンス要件を引き締めたことが原因で一斉遅延をおこしている。

ですがマネオマーケットの発表ではクラウドリースが資金が集められなくなったことが原因と発表しました。

もしそうであれば、マネオセレクトファンドでクラウドリースのファンドを集めれば良かっただけの話。

にもかかわらず救おうとしない姿勢が信じられませんし、クラウドリースの責任にして、何が何でもマネオ本体だけは守ろうという姿勢が見え隠れしています。

状況的に一番まずいマネオファミリーはどれ?

ガイアファウンディングの全ファンド&キャッシュフローファイナンスのアミューズメントファンド>>グリフラの全遅延ファンド>マネオの川崎ファンド=キャッシュフローファイナンスのナノカーボンファンド

これが危険な状況のファンドの順番になります。

事業主としては一番グリフラが問題。逆にキャッシュフローファイナンスのアミューズメントファンドは同情点も多い。

ランクSSSで危険なのは

キャッシュフローファイナンスのアミューズメントファンド

ガイアファウンディングの全ファンド(続報次第)

ランクSSで危険なのは

グリフラの全遅延ファンド

マネオの川崎ファンド

ランクSで危険なのは

キャッシュフローファイナンスのナノカーボンファンド

ランクS~Aで危険なのは
クラウドリースの全遅延ファンド

(念のために付記しておきますが、ランクAでも十分危険です。)

 

これらの出来事はマネオマーケットの情報精査の足らなさ。率直にいえば金融をなめていたのが原因です。

では今後投資家は信頼できないというリスクを抱えて投資をしなければならないのでしょうか?
そのようなリスクを投資家が背負うべきではありません。

そこで下記に2019年信頼できる業者をまとめました。参考にして頂ける幸いです。

 

 

owners bookなど上場企業の傘下であれば担保価格を疑う必要がありません。

これがowners bookのような上場企業の傘下やであれば、担保が甘めに査定されてるということはあり得ません。

下記リンクに詳しい内容が書いてあるので参考にしていただければ幸いです。

owners bookが信頼できる3つの重大理由!

上記記事を要約すると

マネオのような非上場企業と異なり、owners bookは厳しい監査にさらされる上場企業の担保評価額

ファンドを組成したいからといってマネオのように恣意的にファンドの担保価値をごまかすというのはあり得ない。

確かに年利は4.5%~5%程度とソーシャルレンディングでは決して高いとは言えない利回りになっています。

ですが
マザーズ上場企業の傘下。
親会社のロードスターキャピタルが超黒字経営
LTVが全件80パーセント以下。
今まで元本の棄損が一度もない。

という圧倒的なメリットがあります。
(その結果今多くの方がowners bookの投資家申請をしているのでしょう。)

私は安全性重視で投資先を選んでいますので、OwnersBookを中心に今年も投資を行います。

下記公式サイトより無料で投資家登録が可能です。

OwnersBook公式サイト

信頼度という点ではFUNDsは別格の企業!

2019年の1月23日より運用を開始するFUNDS。

正直に申し上げてこの業者は別格の信頼度を誇る超有力業者と断言しても問題ありません。

ァンドの組成の仕方がマネオと同じですが、ファンドの内容の信頼度が全く違います。

まず社長の藤田氏ですが、早稲田大学を卒業後、サイバーエージェントに入社。

その後先ほど上述したクラウドバンクの取締役に就任し、ベンチャー企業ならではのスピード感を体感。また客観的な評価としては巨大な会社の基礎部分を作ったという実績がすばらしい。

また周囲の人物も東大卒、京大卒の方や、起業の経験を多く持つ人物など、怪しい要素が皆無の、信頼に足る人物で固められているという点もGOODです。

このように事業者としてのリスクは皆無と言えるFUNDSですがココの案件として信頼できます。理由としては

1 FUNDsはプラットフォームのみの貸し出しで身内貸しをしないと明言している。

2 FUNDsが融資を行うのは上場企業に準ずる大手企業のみ(貸し倒れのリスクが低い企業体力がある大企業のみ。この点が別格の信頼度と言えます。)

3 上述する企業でFUNDSが融資をおこなう会社としてはデュアルタップや、アイフル。その宣言通りの大企業のみファンドを組成する。

4 maneoと異なりノンリコースローンではない。つまり最終貸し付け先のリスクは投資家が負わなくて良い。(超重要!)

はっきり言ってしまえばこのレベルの会社であれば数年後上場しててもおかしくない。
それくらい別格の信頼度を誇る会社と言えます。

特にすばらしいと感じるのは理由の2、3、4

まず理由の2の融資を行うのは上場企業またはそれに準ずる大手企業のみ(その宣言通り貸し付け先がデュアルタップやアイフルになります。)

(図のようにソーシャルレンディングほどの利回りはありません。ですがソーシャルレンディングほどリスクがない&事業者としての信頼度が抜群で利回り5%近くあれば私は喜んで投資を行います。)

事業者リスクも避けられ、貸し付け先も限定されるというのは画期的な仕組みと言えます。

FUNDsがおこなうノンリコースローンファンドではないという意味!

これは本当に画期的なシステムです。ノンリコースローンとの違いを簡単に言うと最終貸し付け先の状態に依存しないということになります。

例えばアイフルに出資した場合、当然の事ながらアイフルはそのお金を元にさらにお金を貸し付けます。
万が一その最終貸し付け先がお金を返せなかったとしても、その負債はアイフルが負い、我々投資家への返済義務を負います。

これがマネオのノンリコースローンとの異なる、最終貸し付け先のリスクを我々投資家が負わなくても良い点!

アイフルやデュアルタップの財務状況的に急に何かがおきるというのは一切考えられません。この点でFunds
は別格の業者のひとつであると言えます。

また上述したクリアルもそうだったのですが、新規事業者はオープニングファンドとして利回りが良いorキャッシュバックを行い、多くの投資家を集め、その業者のファンになって貰おうとします。
Fundsも1月23日よりファンドの募集を行います。私の読みでは間違いなく、オープニングファンドは好条件になると読んでいます。

下記公式サイトで無料で口座登録可能です。(私も登録したのですが、数分程度で登録できました。)

Funds公式サイト

 

また下記が信頼できるソーシャルレンディング業者の一覧になります。
参考にしてください。

ソーシャルレンディング事業者比較!信頼度ランキング!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

  1. はしも2 より:

    CFFの現在の悲惨な集金状況を見ると既に企業としての存続すら怪しいですものね。確かに現在の募集ファンドはマネオの条件をクリアしたリファイナンスでしょうけれど。
    案件は面白そうなものが多かった印象だけに、少し残念です。
    ※コインランドリー案件は結構好きでした(笑)

    ガイアFは先がまったく読めませんね。既に全損と諦めている方も多いようですし。どうやらファンドの中には2年も開発許可が下りずに実質ほったらかしにされていた物件のものもあるようで(調べた方曰く)、かなり根が深く時間がかかりそうですね。

    • tanabe54 より:

      はしも2様

      いつもコメントありがとうございます。

      コインランドリー案件は確かにおもしろかったですね。笑
      コインランドリーなら売却も用意でしたから。財務状況が健全なら投資を検討するレベルではありました。

      ガイアはおそらく間の会社が逃亡でしょう。
      注視をしますが、相当厳しいでしょうね。