2019-01

CREAL(クリアル)

CREAL(クリアル)のファンドが年利10%越え!10%越えがあり得る理由<追記>

不動産型クラウドファウンディングの新事業者クリアルのファンドは何故年利10%を超えるのか?それはオープニングキャンペーンのキャッシュバックと、ファンドの運用期間の短さが重なった結果、年利換算10%の超高利回りファンドが生まれた。クリアルは事業者としても信頼できる為、メインの投資先していける高信頼度業者
ガイアファンディング

ガイアファンディングの一斉遅延!貸し倒れか?今後どうなるか解説<追記>

ガイアファンディングの一斉遅延問題はグリフラ問題よりマネオマーケットがリファイナンス要件を引き締めたため。ガイアは元金利一括返済にすべきだったが、マネマは毎月分配型を希望。リファイナンスができなくなったガイアに対してマネマはフォローせず、ガイアは見限りました。ファンドは運営されており、今後も投資家は注視をする必要あり。
クラウドクレジット

ソーシャルレンディングで高利回り業者お勧めベスト3!信頼できる事業者のみ!<追記>

高利回りのソーシャルレンディング業者の中でおすすめはクラウドバンクとクラウドクレジットとSBIソーシャルレンディング。高利回りのソーシャルレンディング業者は不正も多かったこともあり、信頼できる事業者か調査することが一番重要。SBIソーシャルレンディングはバックも固く、業界NO.1。クラウドバンクは証券会社が運営、クラウドクレジットは大手企業が支援している
maneo

速報!マネオ(maneo)収益アパートファンドは元本割れ!約27%の棄損!<追記>

マネオ(maneo)の収益アパートファンドは元本棄損。元本棄損率は約27%。マネオは投資家に安全なファンドと歌っていたのにもかかわらず、担保評価はいい加減為、投資家に損害を与えた。また報告も遅れ、マネオマーケットの隠蔽体質も浮き彫りに。今後は信頼できるソーシャルレンディング業者以外には、投資をすべきではない。
maneo

マネオマーケットの問題と責任。マネオファミリー遅延の原因と今後どうなる!

マネオ&マネオファミリーで現在多発している遅延問題。遅延が多発している原因はマネオマーケットがリファイナンス要件の引き締めをはかったこと。またグリフラ問題では約束を違え、ファンドの募集を行おうとする。マネオ20億ファンドでは担保価値の評価を客観的に行いませんでした。マネオマーケットの責任は重大で、信頼できません。
maneo

グリフラ!ガイア!CFF!マネオ本体!クラリ!一番危険でやばいマネオファミリーはどれ!?<追記>

マネオ&マネオファミリーで今何がおきているのか?大遅延しているファンドは何故遅延を起こし、元本が返ってくる可能性が低い危険なファンドはどれなのか?グリフラ、ガイア、CFF、マネオ本体など問題を起こす業者に投資をするのではなく信頼できる業者にのみ投資をすることで安定したインカムゲインが得られます。
クラウドバンク

クラウドバンクでお勧めは太陽光発電ファンド!新ファンド期待大!資産運用エキスポ所感!

クラウドバンクが資産運用エキスポに出展。現状クラウドバンクのファンドで一番信頼度が高く、優秀なファンドは太陽光発電ファンド。売電価格が非常に高いため、高利回りが期待できる。クラウドバンクは第一種金融免許をもつ証券会社の為、外貨を口座に預かることができ、海外向けファンドに再投資を行う場合に役立つ。2019年躍進する業者
FANTAS funding

FANTAS fundingから新規案件!高信頼度業者中心に投資がお勧め!<追記>

FANTASfundingの新規ファンドのうちどれがお勧めのファンドになるのか?またFANTAS fundingは不動産クラウドファンディング業者の為住所が明記されており、不正リスクは皆無。中古マンションファンド&空き屋再生ビジネスというスキーム上、高利回りのファンドがありえます。劣後出資者になる以上、リスクも限定的であり、実績面からも信頼できる業者
maneo

マネオ太陽光発電ファンドで再度延滞が発生!元本割れは?今後どうなる?<追記>

マネオの【事業者U社向け】不動産担保付きローンへの投資での一斉遅延発生。本件は太陽光発電ファンド。担保は中央区であり、LTVも低い為、通常通り担保処分を行えば、本ファンドで投資家が元本の棄損がおこるとは考えずらい。投資家はマネオを監視する必要があり。
folio

ロボアドバイザー徹底比較!ウェルスナビ!theo!folio!相違点&お勧めは?<追記>

ロボアドバイザー徹底比較。ウェルスナビとtheoとfolioの違い。ウェルスナビの強みはDETAXの機能。theoとウェルスナビはアメリカ株に分散投資がされます。一方でfolioは日本株にテーマによって分散投資。特にアンチエイジングの分野は3年間で70%以上資産を増やしているという実績もあるため、非常にお勧めな分野