crealファンドが他のソーシャルレンディングファンドより優秀な重大理由! | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

crealファンドが他のソーシャルレンディングファンドより優秀な重大理由!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はいどうもエニートです。今回は何故クリアルのファンドが他のソーシャルレンディング業者のファンドより優れているのか記事にしていきたいと思います。

クリアルのファンドはクリアル自身が出資者!

クリアル自身が劣後出資者として出資するということに大きな意味があります。

他のソーシャルレンディング業者であれば(例えば、ラッキーバンクなど)損失が発生した場合、

損害を投資家に押しつけてくる不誠実な業者(上場企業ではないorVCが機能していないなど)は存在します。

ですがクリアルは劣後出資者としてホテルファンドに投資をする。つまり何かあった場合クリアルの資産から削れていく。となるとファンドの運営に力が入るのも納得です。(こういったファンドは経験上相当固い案件になる。)

ホテルアマネク浅草ファンドは屈指の好ファンド!

(スカイツリーからの夜景も綺麗ですね。)

本ファンドが優れていると感じる点は3つ

1 駅から数分の好立地で浅草や写真の通りスカイツリーなど観光名所に近い。

2 本ホテルの稼働率は90%以上というホテル業界としては信じられない稼働率の高さ

3 クリアル自身が劣後出資。投資家と同じ方向を向いている。こういったファンドは経験上相当固いファンドになる。

その為私は出資を決めました。

クリアルのオープニングキャンペーンも出資の決め手!

12月27日まで行われているオープニングキャンペーンも出資の決め手です。

10万~30万円までの投資で1%のキャッシュバック。

30万円以上の投資で2%のキャッシュバック。

最大は100万円までのキャッシュバックなので5000万までが新規キャンペーンの恩恵を受けられます。(5000万とはすさまじいですね。)

クリアルは新しいファンドがでてくるとメールで販売日時をお知らせして貰える&メールアドレスの登録のみで全てのファンドの詳細が見られる

という他の業者にないメリットがあるため、CREALにメールアドレスを登録しておくと良いでしょう。

下記公式サイトよりメールアドレスの登録が可能です。

CREAL公式サイト

クリアルの安全性は?

最後に気になるcreal自身の安全性について解説していきたいと思います。

クリアルの信頼度を徹底解説!

詳細は上記記事に記載してあるのですが、クリアルはかなりの高信頼度業者と言えます。(メインの投資先にしても良いレベル。)
要約すると

1 社長の横田氏の会社は既に300億もの大金を運用している。(つまり顧客から信頼されている。)
2 不動産型クラウドファウンディングの為、住所が明記してあるため、投資家のファンドの内容を確認できる。
3 クリアルも劣後出資者として投資を行う。クリアルから優先して損をしていく。その為クリアル身銭を切るため、真剣にファンドの運用を行う。

それ以外にも細かい信頼できる理由があるのですが、その理由は上記解説記事でご確認ください。

今週の27日までのオープニングキャンペーンなのですが、正直他にキャンペーンファンドがでてきてくれたらうれしいですね。笑

 

このオープニングキャンペーン期間は投資家にとって安全性の高さ&利回りが良いファンドが多く出てきています。
今後も当ブログではCREALが投資家に安全で優秀な商品が出てくるたびに記事にしていこうと思っています。

他のソーシャルレンディング業者と異なり、クリアル自身がリスクを負っているという点で、他の業者と一線を画します。

下記リンクより無料でメールアドレスの登録が可能です。

CREAL公式サイト

また下記が信頼できるソーシャルレンディング業者の一覧になります。
参考にしてください。

ソーシャルレンディング事業者比較!信頼度ランキング!

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. はしも2 より:

    どうやら浅草案件はぎりぎり1回目募集で埋まりそうな雰囲気になってきましたね。
    ※これが「何かしらの演出」が絡んでなければ良いのですが。。流石に出資者まではクリアに出来ませんし

    LC(そこそこの金額)とクラウドリース(非常に少額)以外、マネオFからは撤退しましたので、引き上げた資金配分に悩みます。
    CREAL以外にも注目に値する不動産型クラウドファンディング業者も出てきていますしね。

    1. tanabe54 より:

      そうですね。さすがに何かしらの演出は考えすぎかと思いますが。
      マネオファミリーからの撤退は正解でしょう。

      不動産型クラウドファンディング業者が増えてきていると言うことは喜ばしいことですね。
      (信頼性がソーシャルレンディングとは異なります。)

コメントを残す

*

CAPTCHA