ソーシャルレンディング入門は購入すべき!お勧めの理由と注意点! | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

ソーシャルレンディング入門は購入すべき!お勧めの理由と注意点!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はいどうもエニートです。

今回はソーシャルレンディング自体の話題ではなく、ソーシャルレンディング入門編(sallow氏著)に話していこうと思います。

値段は1728円と決して安いとは言えませんが、ソーシャルレンディングについての基礎的な知識をつけられる。という点、また仮に上級者でも初心に立ち返られるという点を含めて間違いなく買いの一冊です。

ソーシャルレンディング入門がお勧めな訳

基礎的な流れ。
口座開設→入金→投資ファンドの決定というやり方が詳細に記載されています。
またお勧めの事業者や案件毎のリスク。当ブログでも良く取り上げている(うれしいことにsallow氏と同意見)東京23区内の好立地に担保をもつOwnersBookや海外投資案件に力をいれているクラウドクレジットについても記載されています。

書いてある内容についてはおおむね私も同意見で、投資を行う以上勉強の為にもこの一冊を手元に置いておくというのが投資家に求められます。

本著で取り上げられているマネオには今投資をしない方が良い!

この意見については実はsallow氏も同意見です。
ではなぜsallow氏の著書ではお勧めの業者として記載されているかと言えばグリフラの件があったとはいえ、業務改善命令後で徐々に再起への道が見えたからです。
(11月以前の時点でこれを見越して本を書け。というのは酷な話でしょう。)

しかし11月以降キャッシュフローファイナンスの大遅延問題や、ガイアファウンディングの一斉期限の利益の喪失などマネオマーケットに関係する会社が次々とやらかしています。

となるとやはりマネオに投資をするというのは一旦待つのが吉。
(他の信頼できる業者も多いことですし。)

ただそれ以外は間違いなく記載されていることは正しい。
ソーシャルレンディングに投資を行う以上、本著は間違いなく手元に置いておくべき一冊と言えます。

本屋で買うのもありですが、いかんせんビジネス書の為、置いてないことが多い。であればアマゾンで買ってしまうのが確実で楽です。

また下記が信頼できるソーシャルレンディング業者の一覧になります。
参考にしてください。

ソーシャルレンディング事業者比較!信頼度ランキング!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. SALLOW より:

    エニート様
    丁寧な書評をいただき、ありがとうございました。
    本をだいたい書き上げて、発売タイミングをズラせなくなったところでガイアとキャッシュフローとトラレンの問題発生。
    何か憑いているとしか思えないタイミングですが、逆に厄落としになったのではないかと開き直る事にしました。

    1. tanabe54 より:

      それはすさまじいタイミングでしたね笑
      ここが底だと思いますし、この業界は健全な方向で発展していくと思います。

コメントを残す

*

CAPTCHA