グリーンインフラレンディング案件償還!募集額50%の返済目処!その所感

はいどうもエニートです。

昨日うわさであったようにグリーンインフラレンディングからある程度の返済のめどがたったとの発表がありました。

私自身はJCサービスに7月に必ず供託します!といわれていたのにも関わらず、その供託が行われなかったことに対して大いに不信感があります。
(約束を反故にされたわけですからね。金融の世界でやってはいけない。)

ですが返済の目処がたったということはまずは目出度いニュースだと受け取っても良いのではないでしょうか?

グリーンインフラレンディングによるファンド資金の返済等への発表

グリ ーンインフラレンディング投資家各位
株式会社JCサービス

グリーンインフラレンディングによるファンド資金の返済等について

ファンドに応募して頂きました投資家の皆さまに大変ご迷惑をお掛けするとともに、多大なるご心配をお掛けしておりますことを深くお詫び申し上げます。

当社の子会社である株式会社グリーンインフラレンディングによるファンド資金の返済等につきまして、以下のとおりお知らせ致します。

株式会社グリーンィンフラレンディングの募集案件のうち、太陽光発電所2案件 (募集額合計約7.7億円) につきましては既に売却等の契約が完了しており、関連会社を通して株式会社グリーンインフラレンディングに元本返済が完了しています。
これらにつきましては、株式会社グリーンインフラレンディングにおいて、12月中旬頃の投資家の皆さまへの分配を目指しています。

また、バイオマス発電所1案件(募集額約7.5億円)につきましても契約が完了しております。当該契約による本件の返済計画等につきましては、1月中をめどに投資家の皆さま
にお伝えする予定です。

株式会社グリーンインフラレンディングとしま しては、上記の他に、バイオマス発電所3案件及ぴ、太陽光発電所1案件につきまして年内の契約を見込んでおり、これにより株式会社グリーンインフラレンディングによる募集額の50%程度については、返済の目途が立つこととなります。

株式会社グリーンインフラレンディングとしましては、これら以外の案件につきましても来年1月以降、順次、契約が締結されることを見込んでいます。

契約を締結した際には投資家の皆さまへできるだけ速やかにお伝えしたいと考えています。なお、契約の詳細につきまして、ご質問を頂きましても、契約相手方に対する守秘義務がありますので、開示いたしかねますこと、何卒。ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。グリーンインフラレンディングPDFより

上記発表については特に違和感がありません。
守秘義務もあるわけですから開示できないというのも納得できます。

これは投資家にとって朗報と言えるでしょう。

グリーンインフラレンディングへの3つの疑問点

何故お金の分別管理をしていなかったのか?

金融の世界では基本中の基本でしょう。
そしてそのお金を民主党の議員に貸し付けていた。

お金の目的外流用は許されない行為だとJCサービスは理解していなかったのでしょうか?

 

グリーンインフラレンディングがうっかり親会社のJCサービスの株式を取得と何故発表した?


親会社の株式を取得するのは会社法違反です。
これが一般人であれば知らないということでも全く問題ないのですが、何故株式会社が会社法違反をしていた過去を自らウェブサイトに書いたのか。
不思議で仕方ありません。

 

最大の疑問!マネオで何故グリフラ案件を募集した?

グリフラ案件をマネオでは募集しないと明言していたのにもかかわらず、マネオを募集し、その後キャンセルされました。

グリフラファンドをマネオで募集!ただその後キャンセル!?

上記にも記載したのですが、グリフラファンドが何故かマネオで募集されました。(T氏が募集しないと明言していたのにもかかわらず。)

募集キャンセルのお知らせ

この案件は、以下の理由でキャンセルをさせていただきます。

maneoマーケット社における審査の結果、事業者DEへの今回募集分につきましては
キャンセルさせていただくことになりました。

投資家の皆様におかれましては、ご投資いただきましたにもかかわらず、
誠に申し訳ございません。マネオ公式サイトより

何故グリフラファンドとわかったかといえば
マネオで募集されていたDE社=グリフラファンドでも募集されていたベアハグ社。

FIT名義人住所=土地のベアハグ社所有者住所だったから。

以前マネオで募集されていたファンドもグリフラファンドと同一

何故わかったかと言えば、担保設定の場所が全く同じ。
(担保の場所は明記しませんが、調べればすぐにわかります。)

当たり前のことですが、本当にマネオでグリフラファンドを募集してないのであれば、ここまで担保が同じ場所になることはあり得ません。

詳しいことはグリフラファンドをマネオで募集!

上記記事をご参照ください。

 

結論としてはまずは朗報と解釈してもよいが、今後も注視は必要

こういったケースでは懐疑的な意見は否定されます。
(回りはグリフラファンドの返済に対して肯定的な意見を持っているため。)

無論本件は朗報です。
ですが上記件もあるため、一端は朗報として解釈するも今後もグリフラの動きは注視していかなければならないのは間違いないでしょう。

そもそも論になってしまいますがこのようなマネオマーケットのスキームを用いるのであれば、信頼できるというエビデンスをもった業者以外投資をしてはいけません。

そこで信頼できるスキームをもった業者を紹介したいともいます。

信頼度という点ではFUNDsは別格の企業!

2019年の1月23日より運用を開始するFUNDS。

正直に申し上げてこの業者は別格の信頼度を誇る超有力業者と断言しても問題ありません。

まず社長の藤田氏ですが、早稲田大学を卒業後、サイバーエージェントに入社。

その後先ほど上述したクラウドバンクの取締役に就任し、ベンチャー企業ならではのスピード感を体感。また客観的な評価としては巨大な会社の基礎部分を作ったという実績がすばらしい。

また周囲の人物も東大卒、京大卒の方や、起業の経験を多く持つ人物など、怪しい要素が皆無の、信頼に足る人物で固められているという点もGOODです。

このように事業者としてのリスクは皆無と言えるFUNDSですがココの案件として信頼できます。理由としては

1 FUNDsはプラットフォームのみの貸し出しで身内貸しをしないと明言している。

2 FUNDsが融資を行うのは上場企業に準ずる大手企業のみ(貸し倒れのリスクが低い企業体力がある大企業のみ。この点が別格の信頼度と言えます。)

3 上述する企業でFUNDSが融資をおこなう会社としてはデュアルタップや、アイフル。その宣言通りの大企業のみファンドを組成する。

4 maneoと異なりノンリコースローンではない。つまり最終貸し付け先のリスクは投資家が負わなくて良い。(超重要!)

はっきり言ってしまえばこのレベルの会社であれば数年後上場しててもおかしくない。
それくらい別格の信頼度を誇る会社と言えます。

特にすばらしいと感じるのは理由の2、3、4

まず理由の2の融資を行うのは上場企業またはそれに準ずる大手企業のみ(その宣言通り貸し付け先がデュアルタップやアイフルになります。)

(図のようにソーシャルレンディングほどの利回りはありません。ですがソーシャルレンディングほどリスクがない&事業者としての信頼度が抜群で利回り5%近くあれば私は喜んで投資を行います。)

事業者リスクも避けられ、貸し付け先も限定されるというのは画期的な仕組みと言えます。

FUNDsがおこなうノンリコースローンファンドではないという意味!

これは本当に画期的なシステムです。ノンリコースローンとの違いを簡単に言うと最終貸し付け先の状態に依存しないということになります。

例えばアイフルに出資した場合、当然の事ながらアイフルはそのお金を元にさらにお金を貸し付けます。
万が一その最終貸し付け先がお金を返せなかったとしても、その負債はアイフルが負い、我々投資家への返済義務を負います。

これがマネオのノンリコースローンとの異なる、最終貸し付け先のリスクを我々投資家が負わなくても良い点!

アイフルやデュアルタップの財務状況的に急に何かがおきるというのは一切考えられません。この点でFunds
は別格の業者のひとつであると言えます。

また上述したクリアルもそうだったのですが、新規事業者はオープニングファンドとして利回りが良いorキャッシュバックを行い、多くの投資家を集め、その業者のファンになって貰おうとします。
Fundsも1月23日よりファンドの募集を行います。私の読みでは間違いなく、オープニングファンドは好条件になると読んでいます。

下記公式サイトで無料で口座登録可能です。(私も登録したのですが、数分程度で登録できました。)

Funds公式サイト

 

また下記が信頼できるソーシャルレンディング業者の一覧になります。
参考にしてください。

ソーシャルレンディング事業者比較!信頼度ランキング!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

  1. A より:

    JCサービスの発表でお花畑状態になる人が多くて、びっくりしてます。
    世の中から詐欺がなくならないのは、こういう事なんだと納得するしかありませんね。

    • tanabe54 より:

      現状からいえば私自身もJCサービスを思うところがあります。
      ここまで不誠実なことをしていた会社を無条件で信じる感覚がわかりません。

      注視するのがまちがいなく必要でしょう。