creal(クリアル)は危険で怪しい?リスクとメリット!新ファンドを解説! | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

creal(クリアル)は危険で怪しい?リスクとメリット!新ファンドを解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はいどうもエニートです。

今回はクリアルから第二回募集ファンドティアラ目白AVENUEとトーシンフェニックス五反田の不動産CF(クラウドファウンディング)のファンドがでてきました。

そこで再度
クリアルの事業者としての信頼度。そしてどのファンドが投資家が投資化すべき優れているファンドなのかを解説していきたいと思います。

(第一回のホテルファンドももう一度調査をしてみたので、その点についても簡単に記述していきたいと思います。)

クリアルの事業者としての信頼度の詳細が気になる方はクリアルはリスクが高いのか?

上記記事をご参照ください。

クリアルの信頼度と危険性は?

まずは社長のバックグラウンドを知ることがこの業界ではなによりも大切です。

というのもみんなのクレジットのS氏やグリフラのN氏は倒産のプロ。(全く信頼できない人間性でした。)
だからこそ、社長自身の経歴に違和感や問題点がないかを調べるのが大切です。

クリアルの社長横田大造氏のキャリア

横田氏は早稲田大学を卒業後、アクセンチュアに入社。
その後オリックス社

ラサールインベストメントマネージメント

新生銀行など何社か経由し、株式会社ブリッジ・シー・キャピタルの代表取締役を務められています。

この経歴は不動産型クラウドファウンディングを行うのには違和感がありません。(むしろ適任)
経験豊富のエリートがついに不動産型クラウドファウンディングに参入してきたな。というのが印象です。

ブリッジ・シー・キャピタルの受託資産残額が300億程度。

300億というのは業界のトップクラスのクラウドクレジットよりも多い受託資産残額です。

社長のバックグランドは信頼でき、経歴からもこのような不動産ファンドを手がけるのに納得。

クリアルの3ファンド!投資家はどれに投資をすべきか?



ティアラ目白AVENUEとトーシンフェニックス五反田

 東京都豊島区南長崎3丁目5-2

募集金額
0万円/1,541万円
初回配当日
2019/02/28
※以降毎月配当
想定利回り(年利)
4.3%
最小投資口数
1口(10,000円)
想定運用期間
6ヶ月
募集期間
12/03 17:00~12/27 17:00
募集金額
0万円/2,117万円
初回配当日
2019/02/28
※以降毎月配当
想定利回り(年利)
4.1%
最小投資口数
1口(10,000円)
想定運用期間
4ヶ月

クリアル公式サイトより

不動産クラウドファウンディングの強みでしょう。場所が明記されています。
ですが本ファンドよりもホテルファンドのがお勧め。

ホテルファンドのが他のクラウドファウンディングファンドよりも優れていると思う3つの理由。

まず上記2ファンドは募集額が少なすぎる。

この好立地のファンドであれば年利4%以上あればかなりの出資額が見込まれます。

にもかかわらず募集金額が1000万円台とかなり少ない。間違いなくクリック合戦が避けられません。

owners bookと異なりLTVが明記されていない。

都心の不動産ファンドであれば間違いなくowners bookに優位性があります。

詳しくはowners bookは超優良!年利14%の真実は!?をご参照ください。

上記記事を要約すると

1 親会社のロードスターキャピタル社は超黒字経営。


2 上場系企業の場合、担保価格を恣意的に水増しすると刑事罰もあり得ます。
(また上場企業は厳しい監査の目にさらされます。)


3 LTVも80%以下と低く担保も東京都心の1等地。万一の場合も投資家の保護が図られている。
(担保の売却も港区や品川区では買い手も多い為有利です。)

このLTV80%というのはすさまじい数字で、担保価値が20%下がっても元本の割れが起きえません。

このような明確な優位性がowners bookにある以上creal(クリアル)のファンドにクリック合戦に挑戦してまで投資をする必要がないと判断しています。

と書いてて思ったのですが、OwnersBookの優位性はやはりすさまじいですね。

さすがは今一番投資家登録が増えている業者だけはあります。

下記リンクより無料で口座登録可能です。

OwnersBook

ホテルファンドのクリアルの劣後出資のスキームが優秀すぎる。

東京都墨田区吾妻橋2丁目16-6

募集金額
0万円/88,000万円
初回配当日
2019/02/28
※以降毎月配当
想定利回り(年利)
4.2%
最小投資口数
1口(10,000円)
想定運用期間
24ヶ月
募集期間
12/03 17:00~12/27 17:00クリアル公式サイトより

以前の記事ではホテルの稼働率が80%以上!と記載したのですが、それは当初3ヶ月。

今では更に稼働率が増え、平均90%over.

ちょっと通常のホテルとは比較にならない超高稼働率です。

またファンドもクリアルが劣後出資者になるため、損失が出た場合、優先的に損失を負担して貰えます。(10%まで)

このホテルファンドがうまくいかないというのはちょっと考えずらいですが、こういった事業主と共同で出資するファンドは経験上相当強い。

事業者の気合いが違います。

立地条件もいい駅チカファンドなのでまず間違いなく滑らないでしょう。

(スカイツリーが見える夜景はすばらしい)

私自身の印象としてもこれだけ観光地に近いホテルで駅からも近ければ間違いなく、お客さんが集まるだろうなという印象です。

ホテル アマネク 浅草吾妻橋スカイファンドはキャンペーンファンド!1%の利回り上乗せ!

 東京都墨田区吾妻橋2丁目16-6

募集金額
0万円/88,000万円
初回配当日
2019/02/28
※以降毎月配当
想定利回り(年利)
4.2%
最小投資口数
1口(10,000円)
想定運用期間
24ヶ月
募集期間
12/03 17:00~12/27 17:00クリアル公式サイトより

本ファンドは4.2%の利回りになる予定ですが、クリアルが太っ腹なことに1%のキャッシュバック!
よって利回りが5.2%
になります。

上述したとおり稼働率も高く、立地条件も問題なし。その上で利回りが5.2%であれば間違いなく優秀なファンドです。

creal(クリアル)に怪しい点はなし!今後私のメインの投資先になります!

ホテルの稼働率が90%以上なのはうれしい誤算でした。

不動産系で信頼できるのはowners bookとlendexくらいしかないなというのが印象でしたので、こういった信頼できる業者が増えていくのはすばらしい。

不動産系ではメインの投資先はOwnersBookに5~6割、CREALに3割程度。残りをLENDEXという形で運用していこうと思います。

まだサービス開始前なのですがこういった信頼度が高いファンドを募集しようとしているCREALの姿勢はいいですね。またメールアドレスの登録だけで全てのファンドの詳細が確認できる敷居の低さもgreat。(30秒程度で登録できました。)

今後かなり期待できる業者ですね。
下記リンクより無料でメールアドレス登録可能です。

CREAL公式サイト

今ソーシャルレンディング業界は騒がしいですが、信頼できる業者にさえ投資すれば安定した収入が得られる業界です。
今後も当ブログではおもしろい&信頼できる業者のファンドがでてくる度に記事にしていきたいと思います。^^

 

また下記が信頼できるソーシャルレンディング業者の一覧になります。
参考にしてください。

ソーシャルレンディング事業者比較!信頼度ランキング!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. はしも2 より:

    キャンペーンがいつの間にかパワーアップされていますね。

    https://creal.jp/campaign

    30万円以上ですと2%上乗せとは。
    ・昨今の遅延連発でSL自体に金が集まりにくくなっている(SLからの投資家離れ)
    ・CREALが期待したほど投資家登録が進んでいない(のかも)
    などのネガティブな理由があるのかもしれませんが、他にも某ブログにて
    「マネオがコケた今、この機に乗じて他業者はシェア獲得すべく気合い入れてくるのでは」
    というニュアンスの記事を拝見して「なるほど」と思いました。

    なにせ大事な初案件、コケさせる訳にもいかないですし(全案件でそう願いたいですが)、ブリッジ・シーの気合いを感じますね。

    1. tanabe54 より:

      はしも2様
      おそらくはしも様の読みの両者が正解かと思います。
      SLの資金の集まりが悪い。←これに関しては誠実に運営している業者からしたらたまったものではないでしょう。

      マネオのパイをとりたい←これは大正解。かなりの分量がありますからね。

      ある意味新規事業者にとって参入しやすくもあり、参入も難しいというかなり特殊な状況が生まれています。笑

コメントを残す

*

CAPTCHA