クラウドバンクの超利回りの10%越え!お宝ファンドに再投資! | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

クラウドバンクの超高利回りの10%越え!お宝ファンドに再投資!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


はいどうもエニートです。
クラウドバンクの運用利回りなのですがちょっと信じられないくらいの高利回りになりました。

いえクラウドバンクといえばミドル利回り(6~8%程度)だが証券会社が運営しており、元本の棄損を一度も起こしていない。

という圧倒的な実績で人気の業者であり、高利回りで人気がある投資先だというイメージがなかったためです。

クラウドバンクの運用利回りが10%を超えました。

というかほぼ11%です。

理解できません。ですがクラウドバンクは怪しいほかの業者と異なり、信頼できる屈指の投資先

だからこそメインの投資先にしているわけです。

ということでこの分配金はありがたく再投資に使わせていただきます。

 

クラウドバンクからお宝太陽光ファンドが出ていました。

当ブログでは以前より、クラウドバンクのお宝太陽光発電案件に追加投資!売電価格がすばらしい!
にも記載したようにクラウドバンクで一番優れているファンドは太陽光発電ファンドで基本的には間違いありません。
(例外的に超優秀な風力発電ファンドがでてくることがまれにあります。)

なぜクラウドバンクの太陽光発電ファンドは優れているのか?

個人の太陽光発電施設と異なり、売電価格が非常に高いためです。

個人での太陽光発電ファンドはすでに終わったコンテンツであり、売電価格が18円まで下がってます。
(売電価格というのは買い取ってくれる電力の価格です。)

ですが大規模な発電施設は契約によって36円で買い取ってくれます。
(単純に言って個人の太陽光発電と2倍以上売電価格が異なります。)

それを踏まえてクラウドバンクの本ファンドを見ていきましょう。

目標利回り(税引前) ※1

年率 6.9%

運用期間 ※2

10ヶ月

担保・保証 ※3

担保: 有
保証: 有

資金使途及び事業計画の概要

当ファンドでは、太陽光発電、風力発電など再生可能エネルギー事業を運営する企業であるAH社に対して営業者が新たに融資を行うことで生じる債権を主要な融資先に対する融資債権として取得します。

当該融資に基づく資金は次のように用いられる予定です。

資金使途 太陽光発電所にかかる権利および土地の取得資金・開発資金および運転資金
AH社は、当該融資に基づく資金を用い宮城県所在の太陽光発電所にかかる権利および太陽光発電所用地の取得代金の残額を支払い、当該発電所の開発を進めます。林地開発許可の取得後、金融機関からの借換えを行い当該融資を弁済する予定です。

資金使途となる太陽光発電所の概要

ロケーション 宮城県
発電出力規模 約7.9MW※
売電予定単価 36円/kWh(税別)
※経済産業省に認定された発電設備ごとの発電出力クラウドバンク公式サイトより

これをかみ砕いて説明すると、運用期間が10か月と比較的短期なのにも関わらず、年利が6.9%。

そして注目しなければならない売電価格ですが36円/kWh(平成25年度の契約になります。)

見たときよくもまあこれほどおいしい売電価格のファンドが残っていたなぁ。というのが感想です。

ファンドに対してはリスクが極小であると判断しました。

クラウドバンクの信頼度は?

私は全幅の信頼を寄せています。

理由としては
証券会社(第一種金融を持っている)が運営している。
今まで一度も元本の棄損がない。(投資家に損失を出していない。)
問い合わせに対して誠実に対応してもらった。

クラウドバンクの情報開示性がすばらしいに詳しい話が書いてあります。

今回の11%近い利回りだけでなく、ほかの月も安定して黒字です。

売電価格が高い太陽光発電ファンドはやはりどなたにも勧められる優秀なファンドと言えるでしょう。

ソーシャルレンディング業界のリスクが取りざたされている中、誠実なうえ、優秀な太陽光発電ファンドを多く抱えるクラウドバンクも中心に投資を進めていきたいと思います。
(owners bookとクラウドバンクとクラウドクレジットが私のメイン投資先になっています。)

下記リンクより無料で口座開設可能です。

クラウドバンク公式サイト

また騒がしいソーシャルレンディング業界ですが
下記が信頼できるソーシャルレンディング業者の一覧になります。
参考にしていただけると幸いです。

ソーシャルレンディング事業者比較!信頼度ランキング!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA