グリフラ問題でマネオ本体投資家が損害を被らない理由を徹底解説! | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

グリフラ問題でマネオ本体投資家が損害を被らない理由を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


はいどうもエニートです。
前回グリフラ問題でマネオ本体投資家が損失を被るのか!?という記事を書きました。

その記事についての補足説明をしたいともいます。

マネオ本体投資家はマネオと非匿名契約を結んでいる

再度になりますがマネオ本体投資家はマネオと非匿名契約を結んでおり、グリーンインフラレンディングとは一切契約を結んでいません。

そしてマネオマーケットとマネオは別会社。

契約を結んでもいないグリフラ問題を何故他社のマネオ投資家が不利益を被らなければならないのか?

グリフラ問題をマネオマーケットが今後の経過次第では責任を取らなければならないというのはあり得ますが、

マネオが責任を取る必要もなければ、マネオ投資家が不利益を被る必要は一切ありません。
(法的にもそうなっています。)

VCが監視している以上マネオ本体のお金がグリフラに流れることはあり得ない。

記事のコメントにあったのですが、マネオマーケットにVCがいてもグリフラ問題が起きたじゃないか!

じゃあVCがいても何がおきてもおかしくないじゃないか!という指摘がありました。
(本当はもっときつい言い方でしたが、私は悪い言葉使いが嫌いなので、マイルドに書き換えています。)

その指摘について説明します。

グリフラ問題に関して言えばJCサービス=中久保=グリフラを監視していなかったマネオマーケットにも責任があります。

その点でマネオマーケットにVCが投資をしているから安心というのは論理としては確かに弱い。
しかし

マネオマーケットがグリフラを監視できなかったという問題と、マネオ本体のお金をグリフラに流す可能性という問題は土俵が違いすぎて同等の問題が起きるわけがない。

マネオマーケットのVCとしてはまずマネオマーケットが不正していなか?子会社であるマネオ本体に問題がないか調べ上げて出資を決めます。

その後マネオのT氏がプラットフォーム使用料ビジネスを初めて、グリフラもそのプラットフォームを利用する。
そしてそのプラットフォームを利用した、マネオマーケットと関わり合いが薄いグリフラが、JCサービスを通じて問題を起こした。

(当然VCはT氏に何故しっかり監視を行っていなかったのか!と激怒をしていると思います。)

というのと

VCが徹底的に調べ上げたマネオがお金の分別管理をしておらず、グリフラにお金が流れる。

というのは全く次元が違いすぎて同一に起こりうる問題ではありません。

VCの調査というのはそれは徹底的に調べています。ですので分別管理など基本中の基本ができていなければ間違いなくVCは出資しない。

GMOフィナンシャルホールディングス株式会社
株式会社VOYAGE VENTURES
MICイノベーション4号投資事業有限責任組合
SMBCベンチャーキャピタル2号投資事業有限責任組合
Spiral Ventures Japan Fund 1号投資事業有限責任組合
アイビス新成長投資事業組合第4号
池田泉州キャピタルニュービジネスファンド4号、5号投資事業有限責任組合
SV-FINTECH1号投資事業有限責任組合maneo公式サイト VC一覧

すさまじいほどの一流企業が続いていますね。

仮にマネオが不適切な行為をした場合、VCはVC株主から糾弾されますし、責任者のクビは飛びます。

マネオ本体とグリフラを除くマネオファミリーに証券取引等監視委員会の監査が入りました。

グリフラ問題が発覚していらい、マネオ本体をファミリーに証券取引等監視委員会の監査が入りました。

結論から言えば、軽微な違反があった程度で、処分はなし。

もしコメント欄にあったとおり、分別管理などがされてなければ、当然処分の対象になります。(前例から言って3ヶ月程度の業務停止処分。)

しかし監査があっても問題なしとなっている以上

マネオ本体とその他ファミリーは投資家のお金の分別管理がなされていると断言できます。

上記3点の結論としてマネオ本体投資家がグリフラ問題で損失を被ることはあり得ない。

① マネオ本体投資家はマネオ本体と非匿名契約を結んでいる。

② VCが監視している以上、不適切な流用ができない。

③ 監視委員会の調査の結果、お金の分別管理はなされている。

この3点がマネオ本体投資家が損失を被るはずがないと考える理由です。

(ただこのような状況に置かれているマネオ本体にあえて投資をする必要もなく、クラウドバンクやowners bookに投資をするのがお勧めですが…)

 

今はマネオには対しては様子見ですね。

当ブログでもグリフラに怪しい動きがあれば、記事にして発信していきたいと思います。

<追記>

マネオの不動産ファンドでもついに延滞がでました。元本棄損の恐れが高い。

owners bookもマネオもどちらも不動産担保付きファンドを用意しています。

ですが何故マネオのファンドは元本棄損の恐れがあり、owners bookのファンドは棄損の恐れがないのでしょうか?

詳しくは下記リンクにて解説しています。参考にして頂けると幸いです。

owners bookがソーシャルレンディング業者で一番信頼できる理由!

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA