ガイアファウンディングの一斉全件遅延!今後どうなる?貸し倒れ&リスク大! | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

ガイアファンディングの一斉全件遅延!今後どうなる?貸し倒れ&リスク大!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


はいどうもエニートです。

今回はガイアファウンディングの一斉遅延についてなのですが、何故おきたのか?
そしてこのような事態を起きえない仕組みを作っている業者について簡単に記事にしていきたいと思います。
(誠意とは言葉ではなく目に見える仕組み作りです。)

私自身ガイアファンディングに(というよりもマネオファミリー全てに)投資をしていません。
その理由も含めて説明していきます。

ガイアファンディングの全てのファンドで一斉遅延!一体何がおきたのか?

まずは全てのファンドで一斉遅延を発表したメールについて感想を述べていこうと思います。

このたび、2018年11月19日に元利金の未回収が発生いたしました。
また、全ファンドに於いて利息の支払いが無く期限の利益を喪失いたしました。
投資家の皆様には、ご心配とご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございません。

1.利息の支払いが遅延したファンドについて
○ファンドの概要
対象ファンド数:138ファンド(ファンドID369~372を含む)
利     息:35,102,393円(ファンドID369~372の利息分を含む)
※3周年記念ローンファンド11号~13号(ファンドID531~533)をのぞく全案件

利息の遅延を認識して以降、maneoマーケット社は、ガイアファンディング社に対して、借り手からの返済状況を含む資金の到達状況、遅延の原因、延滞解消の見込みに関する質問への回答を要請するなどにより情報収集を試みております。

しかしながら、ガイアファンディング社のファンドスキームについては、現地の最終貸付先(計14社)への貸付けまでに3社(※)の法人を経由しており、今般の利息の支払いの遅延が最終貸付先からの返済の遅延なのか、または、3社のいずれかの法人に資金が滞留しているのかについて、継続して確認をしている状況です。

引き続きmaneoマーケット社は、上記についての確認と共に、個別ファンドごとの状況についても、具体的な償還及び分配の計画等に関する情報収集に努めて参ります。
※3社の法人とは、ガイアファンディング社の海外の子会社、海外関連会社、米国関連会社を指します。この米国関連会社を通じて現地の最終貸付先への貸付が行われます。
ガイアファウンディング公式サイトより

結論から言ってしまえば、今回のケースは個別のファンドがうまくいかなかったという投資上のリスクではなく、事業者が吹っ飛ぶという最悪のケースになっています。
(デフォルトは避けられない。大幅な元本割れまたは元本全損もあり得ます。)
では何故このようなケースが起きえたのでしょうか?

いろいろなケースが考えられますがおそらく2つ。

グリーンインフラレンディングの1件でマネオのリファイナンスが厳しくなったから。

これはおそらくですが、ガイアがマネオに激怒したのが原因だと思います。

グリフラの不適切な流用

マネオマーケット業務改善命令

リファイナンスの基準が厳しくなり、リファイナンスを前提にファンドを組成しているガイアファンディングがもうどうしようもなくなった。

にも関わらずマネオマーケットのT氏は一向に支援してくれない。

だから全案件飛ばしてしまう。
黙りを決め込み、雲隠れというありえるでしょう。

このようにガイアがマネオに対して激怒し、全てを投げ出したということもあり得ます。

ガイアファンディングの3社のどれかに資金が滞留しているケース

個別の案件なら最終貸し付け先から回収できなかったというのはあり得ます。

ですが全ての案件で最終貸し付け先から返して貰えないというのはあり得ない。

となれば3社のどれかが持ち逃げしたというのもあり得ます。

どちらのケースでも本件は楽観視はできません。

取っている担保も完成後の予定評価額であるためまったく当てにならないと評価してもいいでしょう。

マネオの遅延ファンドの件とはまったく深刻度が違います。

マネオファミリーはマネオが責任を取ってくれるのか?

取りません。というのもマネオとマネオファミリーは何の関係もない別会社です。

グリーンインフラレンディングの件でも解説したのですが、詳しくはグリフラ問題でなぜマネオ本体投資家が損害をかぶらないのか?
をご参照ください。

マネオ本体投資家はマネオ本体と非匿名契約を結んでいる。
そしてマネオファミリーとはマネオマーケット社長の滝本氏が作り上げたプラットフォーム貸し出しビジネス。
そこにマネオとの資本関係はありません。

ですのでマネオはガイアファンディングの責任は取りません。
(マネオマーケットには責任がありますが、グリフラの1件をみると、長引くことは必死です。)

このようにマネオファミリーとはマネオと資本関係がなく、また不誠実な業者が混じっている。そのため私自身投資していませんでしたし、今後も投資をするつもりはありません。
(マネオ本体で募集されていたセレクトファンドに投資をしたことはあります。ただその場合はマネオ本体と非匿名契約を結んでいます(マネオ本体の責任)。)

owners bookでは不正リスクはあり得ない

owners bookは上場企業を親会社に持っています。
ですのでマネオファミリーではおきうる不適切な資金流用や担保価値を水増しして表示(ラッキーバンクや、マネオ本体での今現在おきている遅延ファンド)などはあり得ません。

owners bookが不正が起きえない仕組みな訳

簡単に言ってしまうと

上場企業の傘下の会社であるため不正リスクは皆無。
親会社は今期も超黒字の健全経営。
今まで元本の棄損がない。

それに加えて
高値で売却できた場合、追加配当として投資家に還元している。
LTVが80%以下。その担保の査定も上場企業の査定。
担保の渋谷や新宿の一等地のため、担保価値の大幅な減少は考えずらい。

私自身一番安全なソーシャルレンディング業者は間違いなくOwnersBookだと断言します。

詳しくはowners bookの利回りは14%!?財務状況は健全か!?をご参照ください。

owners bookは下記リンクより無料で口座開設できます。

OwnersBook

そして私の方で信頼できるソーシャルレンディング業者の最新版をまとめました。
信頼にたると判断する明確な理由をつけて説明しています。

下記記事を参考にして頂き、信頼できる業者にのみ投資を行うことで安定した収益を上げられます。

ソーシャルレンディング高信頼度業者比較!優良業者の優良ファンド一覧!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA