グリフラ問題でマネオ投資家損失を被るのか?マネオとマネオーケットの違い! | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

グリフラ問題でマネオ本体投資家が損失を被る!?不適切に流用される可能性は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


はいどうもエニートです。
前回グリフラファンドをマネオで募集!マネオが債権をグリフラに飛ばした?にも少し記載したのですが、グリフラ問題の結果マネオ投資家が不利益を被ることがあるのか?というのがマネオ投資家が気にしている点でしょう。

(グリフラ問題は日に日に悪くなってきています。)

ですのでその点について本日は解説していこうと思います。

グリーンインフラレンディング問題とマネオ本体はまったく関係ない話

えっ?と思われる方もいるかと思いますが、マネオ本体とグリーンインフラレンディングは全く関係ありません。

マネオマーケット株式会社とグリーンインフラレンディングは関係があります。

というのもマネオマーケットとマネオ本体は別会社。
ですので

グリフラ問題でマネオマーケットが責任を取らなければならなくなる。というのはあり得ますが、
グリフラ問題でマネオマーケットが責任を取る結果、マネオ本体投資家が不利益を被るというのはあり得ない

マネオ投資家はマネオと非匿名組合契約を結んでいる

グリフラ投資家はグリフラと非匿名組合契約を結んでいますし、LCレンディング投資家はLCレンディングと結んでいます。

なのでこの点でも
グリフラ問題がマネオ投資家に波及することはあり得ない。

マネオマーケットがマネオ投資家のお金をグリフラ問題の解決のために使う可能性は?

上述の通り理論上はグリフラ問題がマネオ投資家に波及することはあり得ません。

ですがそれはあくまで理論上。
たとえばやみんなのクレジットは分別管理を一切しておらず、集めたお金を不適切に流用していました。

マネオが集めたお金をグリフラ問題の解決の為に、不適切に流用するというのは、実際問題起こりえるのでしょうか?

ファンド以外にお金を流すことはVCが監視している以上あり得ない。

みんなのクレジットやラッキーバンクはVCが一切おらず、だれも監視をしていませんでした。
(みんなのクレジットは訴訟問題に発展しています。)

ですがマネオには各種VC(ベンチャーキャピタル)が出資しています。
VCは投資を決めるとき、徹底的に会社を調査しますし、その後も会社を監視します。

例えばマネオにはGMOクリック證券が出資しています。

不適切な流用をする焼き畑農業に近いことをしようとすれば、

おいちょっと待て。と当然介入します。
またマネオ本体が不適切にお金を流用し、マネオ本体投資家に不利益を被らせれば、GMOクリック證券を筆頭に各種VCの名声に大きく傷をつけます。

となればVCは当然不適切な流用は許さない。

私自身当ブログでVCが出資しているor上場企業の傘下or証券会社が運営している会社にのみ投資を勧めるのはこういった理由があるからです。

実務上も不利益を被ることは考えずらい。

マネオ本体投資家は不利益を被らないが今は投資を見送るのが吉

理論上も実務上も不利益を被らない。

ですが今はマネオへの投資を見送るのが吉。

やはり証券会社が運営するクラウドバンクや上場企業の傘下のOwnersBookに投資をするのが正解。

今はマネオには対しては様子見ですね。

当ブログでもグリフラに怪しい動きがあれば、記事にして発信していきたいと思います。

owners bookがソーシャルレンディング業者で一番信頼できる理由!

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA