グリフラファンドをマネオで募集!マネオがJCS債権グリフラに飛ばしている? | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

グリフラファンドをマネオで募集!マネオがJCS債権グリフラに飛ばしている?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


はいどうもエニートです。
前回グリフラファンドをmaneoで募集!もその後キャンセル!という記事を書きました。

上記記事を要約すると、
マネオで募集されていたDE社=グリフラファンドでも募集されていたベアハグ社。

FIT名義人住所=土地のベアハグ社所有者住所。
となればDE社=ベアハグ社でまず間違いない。

であればマネオでグリフラをソフトランディングさせるために、マネオで募集しているのかな?
とおもいましたが、その後まさかのキャンセル!

もうこれは投資家をバカにしているのでは?というのが感想です。

マネオではDE社向けは以前も募集&融資実行を行っていた。

マネオでは今回は募集をキャンセルされました。

募集キャンセルのお知らせ

この案件は、以下の理由でキャンセルをさせていただきます。

maneoマーケット社における審査の結果、事業者DEへの今回募集分につきましては
キャンセルさせていただくことになりました。

投資家の皆様におかれましては、ご投資いただきましたにもかかわらず、
誠に申し訳ございません。マネオ公式サイトより

しかし過去のファンドにはDE社向けには何度も融資され、また償還を迎えています。

となると考えられるのは2点。

1点目は本当に審査の結果キャンセルした場合。
(金融庁の監視の目も厳しくなっており、マネオファミリーがリファイナンスがしづらくなっています。)

2点目はグリフラファンドだろと指摘されて、ばれたのであわててキャンセルした場合。

あえてどちらであったかなどは明言しません。
ですがこの動きにたいして思うことがある人も少なくないはずです。

東北でもグリフラファンドをマネオで募集していた

グリフラファンド

何故わかったかと言えば、担保設定の場所が全く同じ。
(担保の場所は明記しませんが、調べればすぐにわかります。)

当たり前のことですが、本当にマネオでグリフラファンドを募集してないのであれば、ここまで担保が同じ場所になることはあり得ません。
偶然と言い張るのは不可能でしょう。

金融業は清濁併せのむのが必要な業界です。

個人的にはマネオを滝本氏にはそれを期待したのですが、このようにすぐに見抜かれるレベルでは難しいでしょう。

ここからは私見です。

グリフラってマネオのJCサービス債権を飛ばすために作られたのでは?

この際T氏が被害者加害者という話はまずは置いておきます。

これだけJCS案件を募集しておいて、マネオがグリフラファンドと無関係言い張るのは不可能でしょう。
(というより昔募集していましたよね。)

そしてマネオでJCサービス案件を募集していたが、JCサービスの経営状態が良くない。
その結果グリフラを作って、債権を飛ばして回収を図ったのがマネオ。

グリフラがどこまで本気でメガソーラー案件を作っていたのかは今となってはわかりません。

ですが上記構図を作っていたのであれば、マネオT氏にも責任の一端はあると思います。

であればやはりグリフラ問題を解決する責任は間違いなくある。

マネオ本体投資家はマネオと非匿名契約を結んでいるのでご安心ください。この件は別個に記事にします。

やはりマネオファミリーへの投資を控えておきましょう。
するのであれば
マネオ本体
プレリート
LCレンディング

この三社にしておくのが、無難だと思いますが、この三社への投資も控えておくのが吉かと思います。

owners bookのような上場企業傘下やクラウドバンクのように証券会社が運営している会社に投資をするのが正解だと思います。

投資初心者にowners bookがお勧め理由!

グリフラ投資家はどうするべきか?

再度になりますが関東財務局に圧をかけることが現状唯一であり、全てでしょう。

やはりグリフラを監視する。

私自身投資をしていないのですが、業界の健全な発展のためには本件を投資家が納得する形で解決をしなければなりません。

当ブログでもグリフラに怪しい動きがあれば、記事にして発信していきたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA