JCサービスが銀行口座仮差し押さえ。グリフラへの影響大!? | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

JCサービスが銀行口座仮差し押さえ。グリフラへの影響大!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


はいどうもエニートです。
今回はJCサービスが銀行口座仮差し押さえをされた件について簡単に記事にしていきたいと思います。

(細かいことは今度記事にします。)

JCサービスの銀行口座が仮差し押さえされました。

あれ130億も拘束しているのに、なんでこんなに早く破綻しているの?

っと思いましたが、もしかしたら途中までファンドを実際運用しようとしていて、お金がなくなった。
(ミンクレと違い、悪質性が低い?)と思いましたが、N社長の過去を冷静に考えてその誠実に行っているという可能性も低いでしょう。

適当にお金を回したりしていたら、気がついたらお金がなくなっていた。

というのがおそらく真実でしょう。

投資家にとって、本件はどれほどの利回りか?という問題からどの程度の元本の棄損ですむのか?という別問題にかわりました。

maneoのDE社案件はキャンセルになりました。

T氏も諦めたのかなんなのか知りませんが、グリフラファンドをマネオ本体で募集するなと言いたい。

マネオマーケット自体はその関係性を否定していましたが、

FIT権と土地所有権者を考えれば、たまたまJCサービスと関係があったという言い訳も通用しないと思うのは私だけでしょうか?

マネオ本体投資家は安心下さい。

マネオT氏はなにがあってもマネオ本体を守ります。

だからこそマネオファミリーへのリファイナンスを厳しくして、ガイアが遅延を起こそうが、金融庁におもねっています。

相当な金額のプラットフォーム使用料をマネオファミリーに要求していましたが、その小遣い稼ぎよりも変な業者を入れている方がデメリットがはるかに大きかった。

マネオ自体は分別管理も行っており、外部貸し付けを行っている。

なので
マネオファミリーがどうなろうが、マネオ本体を守る。

ただそんな業者に大切なお金を預ける必要があるのか?という疑問が私の中にあります。

同じ太陽光発電であればクラウドバンクの方が遙かに優秀です。
証券会社が運営しているわけで、不正が起きるとは考えずらい。詳しくは下記記事を参考にしてください。
クラウドバンク太陽光発電ファンドはお宝ファンド!

しかしついこの間破産申請をうけ、それをなんとか乗り越えたあと、次は銀行口座仮差し押さえですか。

はたして誠実さとはなんなのか?というのを考えさせられます。

そして投資家にできることと言えば、サービサーへの売却を防ぐように関東財務局に圧をかけるというのが唯一であり、最上の手段でしょう。

被害者の会を結成するなどでもいいですし、グリフラに対する監視の目を緩めないことが全て。
ソーシャルレンディング業界の健全な発展のためにも、本件は投資家が納得できる形の解決をすべき。

どう考えても不正は許されない。

当ブログでもグリフラに怪しい動きがあれば、記事にして発信していきたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA