マネオファンドをグリフラへ飛ばした!マネオマーケットも責任あり!同一担保! | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

マネオファンドをグリフラへ飛ばした?マネオマーケットも責任あり!同一担保!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


はいどうもエニートです。
今回は最近マネオでは何故遅延が多発しているのか?
マネオでは以前グリフラファンドが募集されており、最近ではまたマネオでグリフラファンドが募集されいた。
(その後マネオ側の都合で募集がキャンセルされました。)

紛らわし真似をするんじゃない。

というのが感想です。

マネオはグリフラ問題以降リファイナンスの基準を厳しくした

これはおそらくマネオが自主的に厳しくした。というよりも当局の指導によって基準を厳しくしたというのが事実でしょう。

グリフラ自体お金の分別管理もできていなかったのも事実ですし、議員にもお金をN氏の一存で渡していました。

さらに言えばN氏はこれまで何度の会社をつぶしてきた、決して信頼に足る男ではありません。

そんなN氏のもとにこれほどの大金が集まってしまったのは残念としか言いようがありません。

ガイアファウンディングなどもこのリファイナンス基準の厳格化によって借り換えができなくなり、遅延が多発しています。

リファイナンスの厳格化自体はソーシャルレンディング業界にとって望ましい出来事なのですが、いきなりの厳格化で投資家を不利にするのはどうなの?っと思っています。

マネオではグリフラファンドを募集していた。

詳しいことはmaneoでグリフラファンドを募集!しかしその後キャンセル!をご参照ください。上記記事を要約すると

マネオで募集されていたDE社=グリフラファンドでも募集されていたベアハグ社。

FIT名義人住所=土地のベアハグ社所有者住所。
となればDE社=ベアハグ社でまず間違いない。

であればマネオでグリフラをソフトランディングさせるために、マネオで募集しているのかな?
とおもいましたが、その後まさかのキャンセル!グリフラファンドをマネオで募集!より

今までさんざんマネオで募集しないと明言してきたのにも関わらずグリフラファンドをマネオで募集していたというのはマネオのT氏に対して納得がいってません。

金融業界だからこそ信頼関係が重要になります。

ですのでこの募集に関してはファンドとしてどうこうというよりも、金融業界の人として非常に残念。

以前はグリフラファンドをマネオで募集していました。

 

 

何故同一ファンドとわかるかといえば

マネオのファンドもグリフラのファンドも担保箇所が同一だから。

(マネオのファンドに投資した方は年利13パーセントという夢のような利回りを得れました。)

メガソーラーファンドであり、そのうえで担保箇所も同じ。

であれば間違いなく、以前マネオで募集されていたファンドがグリフラで募集されていたのでしょう。

となると導き出されるのはマネオのファンド飛ばすためにグリフラが作られたという疑惑です。

 

別にマネオのファンドをほかの会社が引き取って、その後事業を継続するのは問題ありません。

そしてリファイナンスが必要になる。(すべての事業が円滑に進むというのはさすがに夢物語)というのもわかります。

 

ですが顧客のお金の分別管理もできず、政治家に勝手に貸し付け、ファンドの償金がとまり、遅々として施設売却が進まず、投資家を不安にさせる。

 

果たしてこれは投資家の責任といえるのでしょうか?

ファンドの失敗で片づけて良い問題でしょうか?

 

また募集しないと明言していたグリフラファンドをマネオ本体で募集していたことも私は納得していません。

 

今後も厳しくグリフラを監視していく必要があると思います。

太陽光発電ファンドに投資をするのであればクラウドバンクが優秀!

グリフラとクラウドバンク。

ともに太陽光発電ファンドを手掛けています。

ですが片方はこれほどまでの不祥事を起こし、もう片方は今まで一度も元本の棄損がない。

クラウドバンクの太陽光発電ファンドがこれほど優秀な理由!

上記記事にクラウドバンクの優位性が記載されているのですが、要約すると3点。

クラウドバンクの太陽光発電ファンドは売電価格が高いため、年利7%でも納得できる。
証券会社が運営している。(金融第一種免許を持っている。)
今まで一度も元本の棄損がない。

私自身今年は利回りよりも信頼できる安全な業者(owners book、クラウドクレジット、クラウドバンク)を中心に投資を行っていこうと思います。

(私自身の運用成績なのですが、安定した利回りになっています。)

こういった信頼できる業者がソーシャルレンディングに増えていくことを期待しています。

下記リンクより無料で口座開設可能です。
クラウドバンク

ソーシャルレンディングは信頼できる業者以外に投資するのはリスクが高く、全くお勧めできません。

そこで信頼できる業者を信頼度別ランキング&お勧めのファンドを理由付けして下記リンクにまとめました。

信頼できる業者に投資さえすれば、これほど効率的な投資方法はありません。

参考にしていただけると幸いです。

ソーシャルレンディング業者。信頼度ランキング&お勧めファンド

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA