クラウドバンク分配金!利回り7%越えの太陽光発電ファンドは神! | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

クラウドバンク分配金!利回り7%越えの太陽光発電ファンドは神!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


はいどうもエニートです。
今月も当ブログ一押しのクラウドバンクから配当金を頂きました!

クラウドバンク9月の分配金は利回り7%over

正直私にとって十分な利回りです。(無駄にリスクが高いファンドに投資してデフォルトしたら目も当てられません。)

この年利7%という数字は10年で2倍になります。(複利運用時)
ですので元本を10年で2倍にしたい場合は年利7%以上と常に意識してください。(正確には7.2%)

(今月は利回り7.6%でした。)

 

クラウドバンクに積極的に投資する理由は?

やはり証券会社が運営しているという信頼性。(金融一種免許を持っています。二種とは違うのだよ二種とは!)

金融免許一種を取る難易度を考えると、金融庁のお墨付きの業者と言えます。

そしてやはり運用開始以来一度も元本割れがないという実績
上記2点が積極的に投資をする理由となります。

クラウドバンクのお勧めのファンドは?

もうこれは太陽光発電ファンド1択

クラウドバンクの超お宝太陽光発電ファンド!即投資実行!に詳しく理由が書いてあります。

クラウドバンクの太陽光発電ファンドが圧倒的に優れている理由は明快。

図にあるように太陽光発電の売電価格(電力会社が買い取ってくれる価格)が圧倒的に優れているから。
今現在の太陽光発電に個人で参入すると18円/KW
しかし今現在クラウドバンクの鹿児島の太陽光発電ファンドは36円/KWですからね。

2倍近く売電価格が大規模発電施設は個人と異なる。

ロケーション 鹿児島県
発電出力規模 メガソーラー 1件
売電予定単価 36円/kWh(税別)クラウドバンク公式サイトより

この条件で年利6.9%ならば破格でしょう。

私個人の意見ですが、風量発電より太陽光発電ファンドのがはるかに売電価格が高いため、太陽光発電ファンドのほうが有利と言えます。

再度になりますが太陽光発電ファンドのメリットが気になる方は下記記事を参考にしてください。
クラウドバンク超お宝発電ファンド案件!についての詳しい解説。

結論としてはクラウドバンクは

証券会社が運営している。
今まで一度も元本割れがない。
太陽光発電は利回りが7%近く。そのうえ売電価格が優れているため、売却もしやすい。

上記三点を満たしている以上、今後もクラウドバンク太陽光発電ファンドに積極的に投資していこうと思います!(むしろ一番の投資先にしようとおもいます^^)

今後もクラウドバンクがこれほど優れたファンドを次々出してくれることを期待しています。

下記リンクより無料で口座開設可能です。

クラウドバンク

またお勧めのファンドがあれば記事にしていこうと思います^^

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA