グリーンインフラレンディングは今後どうなる?詐欺で貸し倒れもあり得るのか!? | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

グリーンインフラレンディングは今後どうなる?詐欺で貸し倒れもあり得るのか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


はいどうもエニートです。
今回はグリーインフラレンディングについて記事にしていきたいと思います。

あえてしばらく記事にしなかったのは、JCサービスに問い合わせ、7月の供託は行われるという言質を取っていました。
ですのでそのことを記事にしたのですが、まさかの供託が行われず

その点で投資家の方を混乱させてしまい、あえてしばらく記事にしなかったのですが、
グリフラで気になることが多くなってきたので、再度記事にしたいと思います。

私としてはグリーンインフラレンディングに関して言えば非常に懐疑的。

最初に結論を言いますと、
グリフラに投資をした方は必ずグリフラを監視をしてください。
(具体的にいえば、関東財務局に圧をかけることです。)

JCサービスからの供託が行われなかったのは何故か?

私が確認を取った時期と、実際に供託が行われなかった時期に差があったから。(JCサービス回答より)

噴飯もの理由ですね。
確かに私がJCサービスに問い合わせを行った時期から、供託が行われる時期までタイムラグはありました。

ですが
供託を行います!と回答しておいて、直前になってやはりできませんでした!
ではお粗末すぎます。

JCサービスの言い分としては売却に動いていたが、売却ができなかったので供託ができなかった。
一応理は通っているように感じました。(7月頃)
ですがここまで遅々として進まないと、果たして本当に動いているのか懐疑的。

グリーンインフラレンディング、JCサービス社長は過去に2度会社を倒産させています。

倒産が絶対悪だとは言い切りません。
つぶして再起を図る場合も多々あるでしょう。

ですが悪意があった場合は別でしょう。(グリフラも悪意があったとは言い切りません。)
中久保氏は下記の通り2回会社を倒産させています。

・有限会社クオリティライフ倒産(負債3億円)
・株式会社ジャパンコストプランニング倒産(負債60億円)

私個人の感想ですが、中久保氏は信頼できません。
そして倒産させてはいませんが

上場を公言して株で資金調達(約8憶円)

これも気になります。果たして具体的にどういったビジネスモデルで上場する予定だったのでしょうか?

そして今現在130億近くお金をあつめたグリーインフラレンディングでも問題を起こしています。

私は全く信頼できません。

グリフラについて匿名の情報提供が続いています。

匿名のため真偽は不明のため、ここでは全ては書きません。
ですがJCサービスは次々と解雇が行われているという情報があります。

おそらくその解雇を恨みに思った従業員が情報提供をしているのでしょう。
jcサービスが50~70%返済で手打ちにしようとしているのは、十分あり得ます。
(ただ売却がうまくいっていない。直近でも実現性が高かった発電施設の売却がうまくいかなかったのも気になります。)

そして売却先をさがすコンサルティング会社に売却額の25%を渡すというのはさすがにやり過ぎでしょう。

半額程度でしから売却できず、そこから25%の手数料を渡し、
もろもろの経費を引いた後、投資家に弁済するとなれば、

投資家に返ってくるお金は予想よりも少なくなります。

グリーンインフラレンディングを監視しつつ、圧をかけるのが投資家のベストな選択

人間とは自分が信じたい未来しか信じない生き物である。という言葉があります。
グリフラが全額返してくれると思っている方もいるでしょう。

ですが現実はそう動いているように見えません。
最悪のシナリオとしては
本件は悪意があった。時間をかけ売却をし、コンサルティング会社からキックバックを貰い、投資家に雀の涙ほどしか返済しない。

そしてそのシナリオを避けるために、投資家に求められるのは

監視する。関東財務局など圧をかけられるところには圧をかける。

ということではないでしょうか?

マネオファミリーのファンドはノンリコースローンです。このように信頼できない業者のノンリーコースローンほど恐ろしいものはありません。

ですので今回はマネオファミリーで別格の信頼度を誇るソーシャルレンディング業者を最後にご紹介したいと思います。

Fundsはノンリコースローンではない!マネオと異なる!

2019年の1月23日より運用を開始するFUNDS。

正直に申し上げてこの業者は別格の信頼度を誇る超有力業者と断言しても問題ありません。

まず社長の藤田氏ですが、早稲田大学を卒業後、サイバーエージェントに入社。

その後先ほど上述したクラウドバンクの取締役に就任し、ベンチャー企業ならではのスピード感を体感。また客観的な評価としては巨大な会社の基礎部分を作ったという実績がすばらしい。

また周囲の人物も東大卒、京大卒の方や、起業の経験を多く持つ人物など、怪しい要素が皆無の、信頼に足る人物で固められているという点もGOODです。

このように事業者としてのリスクは皆無と言えるFUNDSですがココの案件として信頼できます。理由としては

1 FUNDsはプラットフォームのみの貸し出しで身内貸しをしないと明言している。

2 FUNDsが融資を行うのは上場企業に準ずる大手企業のみ(貸し倒れのリスクが低い企業体力がある大企業のみ。この点が別格の信頼度と言えます。)

3 上述する企業でFUNDSが融資をおこなう会社としてはデュアルタップや、アイフル。その宣言通りの大企業のみファンドを組成する。

4 maneoと異なりノンリコースローンではない。つまり最終貸し付け先のリスクは投資家が負わなくて良い。(超重要!)

はっきり言ってしまえばこのレベルの会社であれば数年後上場しててもおかしくない。
それくらい別格の信頼度を誇る会社と言えます。

特にすばらしいと感じるのは理由の2、3、4

まず理由の2の融資を行うのは上場企業またはそれに準ずる大手企業のみ(その宣言通り貸し付け先がデュアルタップやアイフルになります。)

(図のようにソーシャルレンディングほどの利回りはありません。ですがソーシャルレンディングほどリスクがない&事業者としての信頼度が抜群で利回り5%近くあれば私は喜んで投資を行います。)

事業者リスクも避けられ、貸し付け先も限定されるというのは画期的な仕組みと言えます。

FUNDsがおこなうノンリコースローンファンドではないという意味!

これは本当に画期的なシステムです。ノンリコースローンとの違いを簡単に言うと最終貸し付け先の状態に依存しないということになります。

例えばアイフルに出資した場合、当然の事ながらアイフルはそのお金を元にさらにお金を貸し付けます。
万が一その最終貸し付け先がお金を返せなかったとしても、その負債はアイフルが負い、我々投資家への返済義務を負います。

これがマネオのノンリコースローンとの異なる、最終貸し付け先のリスクを我々投資家が負わなくても良い点!

アイフルやデュアルタップの財務状況的に急に何かがおきるというのは一切考えられません。この点でFunds
は別格の業者のひとつであると言えます。

また上述したクリアルもそうだったのですが、新規事業者はオープニングファンドとして利回りが良いorキャッシュバックを行い、多くの投資家を集め、その業者のファンになって貰おうとします。
Fundsも1月23日よりファンドの募集を行います。私の読みでは間違いなく、オープニングファンドは好条件になると読んでいます。

下記公式サイトで無料で口座登録可能です。(私も登録したのですが、数分程度で登録できました。)

Funds公式サイト

 

また下記が信頼できるソーシャルレンディング業者の一覧になります。
参考にしてください。

ソーシャルレンディング事業者比較!信頼度ランキング!

また不動産関係のソーシャルレンディング&クラウドファンディングについては下記記事に業者の特徴をまとめました。

これも参考にしてください。

不動産型ソーシャルレンディングとクラウドファンディングの違い!お勧めベスト3!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA