クラウドバンクから超お宝太陽光発電ファンド案件!即投資実行!! | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

クラウドバンクから超お宝太陽光発電ファンド案件!即投資実行!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


はいどうもエニートです。
今回はクラウドバンクからお宝太陽光ファンドがでていたので即投資実行しました。

太陽光発電ファンドは売電価格が全て!

以前の記事の個人での太陽光発電投資はオワコン!大規模太陽光発電投資のが良い訳でも説明したのですが、
太陽光発電で作った電気は、電力会社に買い取って貰います。

そこれ重要になるのが売電価格
この価格は電力会社に電力を買い取って貰える価格になります。

この太陽光発電は通常と異なり、
固定価格買取制度により、認定された太陽光発電業者は20年間その売電価格が保証されます。

そしてその保証される売電価格は年々下がってきています。
つまり今から個人で参入しても、結んで貰える固定価格買取制度の金額は低いため、はっきり言ってオワコンです。


(上記の通りどんどん下がってきています。オワコンですね)

 

クラウドバンク太陽光発電ファンドのメガソーラー案件は何故お宝なのか?

上述のとおり個人での太陽光発電ファンドはオワコンです。

では何故今回の大規模発電ファンド(特にメガソーラーファンド)は勝算があるお宝ファンドなのでしょうか?
それは売電価格がすばらしいから。

再度上記の図をご覧下さい。平成25年度の売電価格がすばらしい値段なのにお気づきになるかとおもいます。

このようにクラウドバンクのメガソーラー案件は売電価格が高いのが特徴です。

私が投資した太陽光発電ファンドの売電価格は?

では本お宝ファンドについての売電価格を見ていきましょう。

資金使途及び事業計画の概要

当ファンドでは、太陽光発電、風力発電など再生可能エネルギー事業を運営する企業であるAH社に対して営業者が新たに融資を行うことで生じる債権を主要な融資先に対する融資債権として取得します。

当該融資に基づく資金は次のように用いられる予定です。

資金使途 太陽光発電所にかかる権利および土地の取得資金
AH社は、当該融資に基づく資金を用い、自らがその持分のすべてを保有する合同会社に鹿児島県所在の太陽光発電所にかかる権利を取得させ、また、自らその太陽光発電所用地を取得したうえで、発電所の開発を進めます。林地開発許可の取得後、金融機関からの借換えを行い当該融資を弁済する予定です。

資金使途となる太陽光発電所の概要

ロケーション 鹿児島県
発電出力規模 メガソーラー 1件
売電予定単価 36円/kWh(税別)
周辺地域の特性

鹿児島県では、「再生可能エネルギー導入ビジョン2018」を策定し、再生可能エネルギーの供給において全国トップクラスとなる状態「エネルギーパークかごしま」の実現に向けて、積極的に再生可能エネルギーの導入を進めており、太陽光発電についても比較的日照条件に恵まれた地域特性を生かし導入を促進しています。クラウドバンク公式サイトより

売電価格が驚異の36円/KWh
ちょっとこのファンドは優秀すぎますね。

そして特筆事項としては

目標利回り(税引前) ※1

年率 6.9%

運用期間 ※2

5ヶ月

担保・保証 ※3

担保: 有
保証: 有クラウドバンク公式サイトより

これはすばらしい。
年利6.9%と破格ながら、運用期間がわずか5ヶ月
(他の太陽光発電は10ヶ月程度、業者によっては数年単位もありえます。)

銀行金利が0.1%の時代に6.9%。
そしてその貸し付け先が怪しいとこではなく、信頼できる大規模太陽光発電施設開発ファンド。

メガソーラー案件で、売電価格も36円。

このファンドをお宝と呼ばずにどのファンドをお宝ファンドと呼ぶのでしょうか?

管理人のクラウドバンク運用実績は?

年利平均7.3%!

かなり優秀な成績となっています。
ただ私がすごいと言うよりクラウドバンクの太陽光発電ファンドが優秀ですので、それに乗っているだけにすぎません。

多くソーシャルレンディング業者はありますが、自然エネルギー系であればクラウドバンクが別格に優秀。

そして年利7.3%という数字は72の法則に当てはめるとすさまじい数字になります。
この72の法則というのは元本が2倍に増えるまでの時間を導き出す数字。

これは数学的にも不思議なのですが、72を年利で割ると2倍になる時間がほぼ正確にわかる。という不思議な法則。

72÷7.3=約10

つまり約10年で元本が二倍になる。

私自身7.2%以上で運用するのを目標としており、クラウドバンクは今のところその目標を達成しています。^^

クラウドバンクは安全性が高い理由は?

理由を簡単にいってしまえば2点。
1点目としてはクラウドバンクは日本クラウド證券という証券会社が運営しています。
証券会社は第一種金融免許を取得しており、この第一種金融免許取得のハードルは高い。
なので業者としては抜群に信頼できます。

2点目としてはやはり今まで一度も元本割れがない
投資家のお金を着実に増やしているという実績が信頼に繋がっていると言えます。
また1万円から投資できるハードルの低さも投資初心者にお勧めできる理由です。

現状ソーシャルレンディング業界は
1位 マネオ
2位 SBIソーシャルレンディング
3位 クラウドバンク

ですが今年のクラウドバンクの大躍進を考えると、クラウドバンクが将来1位になっておかしくない。
私自身は今後もクラウドバンクを中心に投資を行っていこうと思います。
やはり元本割れがないという実績と証券会社が運営しているのは投資家として信頼できますからね。^^

以下公式サイトより無料で口座開設が行えます。
クラウドバンクに投資するのであれば、やはり太陽光発電ファンドに投資するのが正解。

クラウドバンク

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

また携帯で見られている方は一番下にスクロールする

関連するお勧めの記事が読めるようになっています。

特に昨今騒がしいソーシャルレンディングなので一番上の事業者リスク信頼度ランキングを参考にして頂けると幸いです。
その他お勧め記事

            1. ソーシャルレンディング事業者リスク信頼度ランキング
            2. 得する投資 損する投資
            3. 30代で年収1000万欲しければ何をすればいいの?
            4. 1番複利のパワーをつかえるソーシャルレンディングの会社はどこになるの?
            5. 日本人って努力すれば環境に勝てると勘違いしている件について

            この記事が気に入ったら
            いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA