ラッキーバンクの今後は?伸展も全くなく、不誠実だと考える3つの理由! | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

ラッキーバンクの今後は?伸展も全くなく、不誠実だと考える3つの理由!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


はいどうもエニートです。
ラッキーバンクは詐欺か?今後のシナリオはどうなる!?最悪のシナリオは?にも記載したとおり、やはりラッキーバンクには悪意があったのでしょう。
対応がどんどん不誠実になっています。やはり投資家は弁護士に相談するのが一番でしょう。

ラッキーバンクは親族が経営するウイングトラスト社に貸し付けていた!

身内に貸し付けるのは問題ありません。
ですがそれは明記していたり、担保価値を第三者などが保証している場合。

ラッキーバンクのように投資家に黙って親族(ママ)が経営するウイングトラスト社に貸し付ける。
論外です
そもそもこの会社は年利7%で不動産ファンドを募集していた過去があります。(あまりに怪しすぎてほとんど投資家は投資をしませんでした。)

ラッキーバンクはホームページ上から行政処分まえから役員の顔写真を消していた。


もうこれは経験上の話なんですが、後ろめたいことをする会社は役員の顔をホームページ上から消します。
逆に言えばホームページ上にこれでもか!と役員の顔を出している会社は信頼できます。(今ならクラウドクレジットでしょうか。多少顔を出しすぎですが。)

そしてラッキーバンクはある日をさかいにHP上から、役員の顔を一切消しました。
この時点でおやっと思っていたのですが、やはり結果は案の定でした。

ラッキーバンクは担保価値を誤魔化していた。


LTV95%。ぎりぎりの担保だから高利回りです!
と散々主張していましたが、蓋を開けてみたらお友達が評価する担保価格。
これは正直酷い。誠実さが求められる金融において担保価値を誤魔化していた。

そのくせ業務再開を目指しているとのたまう姿勢。

正直金融の世界をなめるな。誠実さのかけらもなく、よく業務再開を目指す!

といえるな。というのが感想です。

ラッキーバンクは行政処分が決まってからもファンドの募集を行っていた。

あり得ません。
そしてそのファンドも遅延させている。
論外です。

よっしゃ!行政処分が決まった!今後お金も集められなくなるから最後にまとめて集めとこ!!

という姿勢が透けてみえます。
せめてこれさえなければまだ業務再開を目指す。という言葉がほんのわずかながら信頼できましたが、こんなことをやった以上

投資家からの訴訟を避けるために業務再開を目指している。
とのたまっているという印象しか受けません。

ラッキーバンクの進捗報告メールがどんどんおざなりになっている。

最初の頃は各案件毎に細かい報告をしていたのですが、最近では金曜日の夜に案件報告あるからHPのマイページひらいてやー。
など投資家を馬鹿にしているんじゃないか?という形で報告を行っています。
せめて業務再開をめざすのであれば、週中に各個案件を報告すべきでしょう。

ラッキーバンクは業務改善をほとんどやってない


率直に言ってしまいます。
まったく進めているように見えません。

例えば(営業部、融資審査委員会、社外監査役)設置、審査部の増員
これなんてラッキーバンクは9人の会社ですよ。
本当にやろうと思っていたらすぐにできます。

第二種金融商品取引業協会の研修への参加なんて特段時間がかかることではないでしょう。
(ラッキーバンクがきたら他の誠実な業者はすごい目でみるでしょうが笑)

本当に業務再開目指しています?
あえて時間を掛けているようにしか私は思えません。

tateruは上場企業だけあってすぐに行動しました。
一方あなた方ラッキーバンクはまったく何もしていないようにしか見えません

ラッキーバンク投資家は今後も会社を監視すべき

個人的には訴訟を視野に入れてもいいのでは?と思っていますが。

具体的に言えば関東財務局への苦情など行政の力を使うべきでしょう。

長引いて大変だと思いますが、ソーシャルレンディング業界の今後のためにも、投資家が納得するシナリオで終わるべきでしょう。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 山木 より:

    わかりやすい説明ありがとうございます。
    業界最大手のmaneoも子会社だったブルーメロンキャピタルに何十億円も貸してるので、次のラッキーバンクになるのではと思ってます。

    1. tanabe54 より:

      コメントありがとうございます。

      いえイグジットがはっきりしており、マネオ本体のと資本関係があるプレリート社がラッキーバンクになることはありえません。各種vcがそれを許しませんし、なにより滝本氏がラッキーバンク田中ほど愚かだとは思いません。
      それよりもマネオファミリーの方が怪しい会社はいくつもあります。
      マネオ本体、プレリート、lcレンディング以外ははっきりいってグリフラリスクをか変えているので、投資をしないほうが賢明です

コメントを残す

*

CAPTCHA