ガイアファウンディングの遅延発生!信頼できる業者以外投資をしてはいけない! | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

ガイアファウンディングの遅延発生!信頼できる業者以外投資をしてはいけない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


はいどうもエニートです。
今回はガイアファウンディングの遅延発生について簡単に記事にしたいともいます。

投資である以上リスクは避けられない!ガイアファウンディング遅延自体に問題はなし!

何か勘違いされている方もいますがソーシャルレンディングは投資です。
ですので遅延が発生してしまうと言うこと自体はある意味仕方がない側面を持ちます。
(ミンクレやラッキーバンクのように悪意があるケースは別です。)

そしてアメリカの不動産を手がけるというスキーム上難しいことをやっている以上ガイアファウンディングが遅延すること自体はしょうがない部分がある。

ガイアファウンディングの問題は案件の終了報告をしていた点

これが故意であったのか、それとも予期せぬ自体があったのかはわかりません。
ですが印象としては非常に悪い。

 

ファンド名  テキサススターローンファンド23~25号、27~28号、31号、35~37号、
40~41号、43~50号(第1~19次募集)
融資金総額  273,710,000円
最終返済日  2018年9月18日
URL    https://www.gaiafunding.jp/apl/fund/detail?fund_id=275 他
残高     273,710,000円

2.経過
対象ローンについて返済期日が到来致しましたが、最終資金需要者の返済原資となる開発案件の売却が行われておりません。
本件は土地の仕入れを行い、開発許可を取得し売却する事業計画ですが、
開発許可取得に想定以上に時間を要しており、期日での返済に至らず、
2018年9月18日の元金及び利息の償還及び分配につきまして延滞となりました。

なお、該当投資家様には「アメリカでの運用終了手続き(クロージング) が完了致しました」と記載のメールを8月20日に配信しております。
本メールは、対象ローンについて返済もしくはリファイナンスの実現を前提にお送りさせていただいたものですが、
今般、いずれも実現がかなわず、期限の利益を喪失することとなりました。
結果としてご報告と異なる内容となりましたことをお詫び申し上げます。

3.回収の見込み
最終貸付先企業における開発許可の取得および売却活動について、関係当事者と交渉中でございます。
一刻も早く、投資家の皆様に償還・分配を実施できますよう、回収作業に注力してまいります。
本件につきまして、今後、お伝えすべき事実がございましたら、速やかに該当投資家の皆様にメールにてご報告をさせて頂きます。

マネオマーケット社メールより

遅延は問題ありません。(ないにこしたことはありませんが)

ですがこの事後報告は頂けません

ガイアファウンディングの問題はグリフラ問題とは別個の問題です。

現状の話ですが、グリフラは管理体制が問題であった。ガイアファウンディングはファンドの遅延が発生した。

まったく別次元の問題です

投資家としてはやはりガイアファウンディングを監視するしかないでしょう。

結論!ソーシャルレンディングは信頼できる業者以外投資をするな!

今回も私は幸運にも被弾することを避けれました。
やはり信頼できる業者以外投資をしない!というのがこの業界に求められること。
逆に言えば信頼できる業者に投資さえすれば、安定したインカムゲインが得られる業界です。

ですので私は今後も肯定する記事を書くとすれば信頼できる業者のみ記事にしていきたいと思います。

ソーシャルレンディングで信頼できる高利回り業者ベスト3!

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA