クラウドクレジット運用資産残高が100億を突破!今年中に黒字を達成か!?

はいどうもエニートです。
今回はソーシャルレンディング業者のクラウドクレジットの運用資産残高が100億を突破したことについて記事にしていきたいと思います。

クラウドクレジット今期中に黒字を達成か!?


社会インパクト投資や伊藤忠を筆頭とした株主から予算を取ってくる杉山氏の手腕は見事。
さすがロイズ銀行出身という印象を受けます。

ただクラウドクレジット自身も黒字を達成することがより投資家への信頼に繋がります。

クラウドクレジット、運用資産残高が100億円を突破

以下クラウドクレジット公式からの発表になります。

クラウドクレジット、運用資産残高が100億円を突破

成長期待国への投資型クラウドファンディングを展開するクラウドクレジット株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:杉山 智行 以下クラウドクレジット)は、2014年6月にサービスを開始して以来、運用資産残高が100億円を突破したことをお知らせいたします。

クラウドクレジットは、2014年6月にサービスを開始して以来順調に拡大し、累計出資金額 129 億円、ユーザー登録数 28,000 名以上(2018 年 8月時点)と、着実に成長を続けています。開業当初から、経済的リターンと社会的リターンの両立を目指す投資や融資を世界中で行っており、これまでにも、ペルーのマイクロファイナンス機関への融資支援ファンドや、メキシコの女性起業家支援ファンドの販売を行ってきました。さらに、今後も積極的に当該分野の拡大を目指す過程で、社会インパクト投資の推進に向け積極的に取り組んでいく意志を示すべく、社会インパクト投資宣言※1を発表しています。クラウドクレジット公式サイトより

無事に100億を突破は非常にめでたい。
下記決算をご覧下さい。


官報ブログ様より

直近で2.7億の赤字となかなかの事になっていました。

クラウドクレジットは手数料約3.5%前後で貸し付けを行っています。

現在の運用残高が100億突破。そしてそれを平均的な手数料3.5%で貸し付けを行っていたとします。
そうなると100億×3.5%=3.5億ほどクラウドクレジットに入ってくることになります。

そこからその他経費をひけば大体2.7億の赤字を消せるくらいの黒字になる。

そして今現在も貸付額を順調に増やしている訳ですから、私自身今年中の黒字はあり得ると判断しています。

【クラウドクレジット】のお勧めファンド(というより私が積極的に投資しているのは)は東欧金融事業者支援ファンド。
ユーロ建てで年利10%を狙えるハイパフォーマンスファンド
です。今後も東欧金融事業者支援ファンドを中心に投資を行っていこうと思います。

ソーシャルレンディングならクラウドクレジット

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

また携帯で見られている方は一番下にスクロールする

関連するお勧めの記事が読めるようになっています。

特に昨今騒がしいソーシャルレンディングなので一番上の事業者リスク信頼度ランキングを参考にして頂けると幸いです。
その他お勧め記事

            1. ソーシャルレンディングファンド比較!業者毎のお勧めファンドはこれだ!
            2. 得する投資 損する投資
            3. 30代で年収1000万欲しければ何をすればいいの?
            4. 1番複利のパワーをつかえるソーシャルレンディングの会社はどこになるの?
            5. 日本人って努力すれば環境に勝てると勘違いしている件について

            この記事が気に入ったら
            いいね ! しよう

コメント