マネオとマネオマーケットは別会社!マネオ投資家が不利益を被ることはなし! | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

マネオとマネオマーケットは別会社!マネオ投資家が不利益を被ることはなし!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


はいどうもエニートです。
今回はよく勘違いされているのですが、マネオマーケットとマネオは別会社という原則を確認したいと思います。
マネオマーケットは業務改善命令で済む!マネオファミリー生き残りか!?にも書いたのですがマネオとマネオマーケットは別会社です。
また上記記事を読んで頂ければ何故マネオマーケットは業務改善命令で済んだのかというのもご理解して頂けると思います。

マネオファンドは証券取引等監視委員会(SESC)を受けても問題なかった

その結果グリフラ以外のファンドの募集は継続されています。(マネオ本体だけでなく)
つまりグリフラ以外のマネオファミリーのファンドは適切に運用されていた。
これが今回のSESCが証明したことになります。

マネオマーケットとマネオは別会社

法的にもマネオがマネオマーケットの責任を負う必要はありません。
ですのでマネオのお金でマネオマーケットの損失を補填することはあり得ません。

マネオファンドのお金は投資家に返済されます

私のブログにもマネオ投資家のお金がどうなってしまうのか?という読者の方の問い合わせがきました。
結論から言えばGILとマネオマーケットは関係ありますが、マネオには関係ない話

マネオのファンドは
分別管理がされておりポンジスキームはあり得ない。
各種VCが監視しているので不正は考えずらい。
マネオマーケットがどうなろうがマネオが保証する必要はない。

ですので
マネオのファンド自身がうまくいかなかった場合それは投資家が損失を被りますが、その他理由で投資家が損失を被ることはありません。

とはいえGIL問題の結論がでるまで私はマネオファミリーでは
マネオ本体、プレリート、LCレンディング以外への投資は様子見をしたほうが吉なのではないかと思います。
OwnersBookクラウドバンクなど他に信頼に足る投資先もありますし)

読んでくださってありがとうございます。また読みに来て頂けると幸いです。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

また携帯で見られている方は一番下にスクロールする

関連するお勧めの記事が読めるようになっています。

その他お勧め記事

            1. ソーシャルレンディング事業者リスク信頼度ランキング
            2. 得する投資 損する投資
            3. 30代で年収1000万欲しければ何をすればいいの?
            4. 1番複利のパワーをつかえるソーシャルレンディングの会社はどこになるの?
            5. 日本人って努力すれば環境に勝てると勘違いしている件について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA