クラウドクレジットの社長からtwitterで直リプライが!誠実で利回りがいい業者! | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

クラウドクレジットの社長からtwitterで直リプライが!誠実で利回りがいい業者!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


はいどうもエニートです。
先日クラウドクレジットのお勧めのファンドとリスクが高すぎのファンドのレベルが違いすぎという記事をかいたのですが、
なんとクラウドクレジットの社長から直接リプライを頂きました。(ツイッターでつぶやいただけなので全くの偶然です。)

クラウドクレジット社長杉山氏からのリツイート

 

なんかもう恐縮です。笑

こういった投資家サイドの意見を聞いて説明に取り入れようとする姿勢!評価せざるを得ません←え?
ただ以前の記事にも書いたように社長の杉山さんは誠実そのものの人柄。とても東大卒の切れ者とは思えない朗らかな人柄です。
クラウドクレジットの杉山氏が有能なロマンチストであったという話



クラウドクレジットの運用レポートが上がっていました。

さてここからが本題です。
クラウドクレジットで投資をするのであればユーロ建てかドル建て。ルーブルや弱い通貨に手を出すな!
ということを当ブログでも多く指摘してきました。
クラウドクレジットの年利13%ファンドに投資しなかった理由(こちらに詳しい解説があります。)

簡単な説明になってしまいますが、ルーブルというのは基本的に
ルーブル安円高が続きます。
なのでルーブルの価値は常に下がり続けます。

であればクラウドクレジットに投資をするのであればユーロ建てだと考えていました。そして

今回のクラウドクレジット運用レポートをよんでその読みは間違いないと確信しました。

【ロシアルーブル建て】マイクロローン事業者ファンド 11 号
運用状況についての満期時報告
ファンドの実現利回り : 4.9% (期間:2017 年 7 月 5 日~2018 年 7 月 31 日)
募集時期待利回り : 12.9% (期間:2017 年 7 月 5 日~2018 年 7 月 31 日)
Page 2
運用者コメント
本ファンドはルーブル建てで当初の予定通りの期待利回りを達成して満期を迎えることとなりまし
た。しかしながら、運用開始時に1ルーブル当たり 1.9039 円だった換算レートが運用終了時に1ルー
ブル当たり 1.7566 円と円高が進行した結果、円建てでの運用成績がファンド募集時の期待利回りを下
回りました。特に、2018 年 4 月にトランプ米政権がシリアへの武器売却や米国へのサイバー攻撃等を
理由に、ロシアの企業、実業家および政府関係者に対する追加制裁を科すと発表したことを受け、ルー
ブルが大きく下落したことで、本ファンドの円建てでの収益を圧迫することとなりました。
長期に外貨運用を行う上で為替差損益は常に発生いたします。一時的な為替差損益に大きく左右され
ることなく、長期的な外貨投資の継続をご検討いただければ幸いです。
投資家のみなさまにおかれましては、今後ともマイクロローン事業者ファンドをご愛顧いただければ
幸いです。クラウドクレジット運用報告より

こちらのルーブルのファンドは価値が下がり続け募集期待利回りを大きく下回る実現利回り4.9%という結果になりました。
(正直これくらいならうまくいった方かなと思います。)

東欧金融事業者支援ファンド 19 号
運用状況についての満期時報告
ファンドの実現利回り : 12.1% (期間:2017 年 7 月 5 日~2018 年 7 月 31 日)
募集時期待利回り : 11.0% (期間:2017 年 7 月 5 日~2018 年 7 月 31 日)
Page 2
運用者コメント
本ファンドはユーロ建てで当初の予定通りの期待利回りを達成して満期を迎えることとなりました。
また、運用開始時に1ユーロ当たり 128.45 円だった為替換算レートが運用終了時に1ユーロ当たり
129.76 円となり円安が進行した結果、円建てでの運用成績がファンド募集時の期待利回りを上回りまし
た。
長期外貨運用を行う上で為替差損益は常に発生いたします。一時的な為替差損益に大きく左右される
ことなく、長期的な外貨投資の継続をご検討いただければ幸いです。
投資家のみなさまにおかれては、今後とも東欧金融事業者支援ファンドをご愛顧いただければ幸いで
す。クラウドクレジット公式サイトより

一方こちらのユーロ建てのファンドは12.1%という期待以上の利回りをだしています。

ユーロ、ドル、円がどのように動くかは私にはわかりません。ですが弱い通貨ルーブル、リラは常に弱くなるのは間違いありません。
そして【クラウドクレジット】
以上の利回りの業者は私の中では存在しません。(存在しますが怪しいので出資しません。)

クラウドクレジットの信頼度は非常に高い

クラウドクレジットは監査体制を確立し、ファンド毎に関東財務局に提出するという誠実そのものの業者です。
社長の杉山氏は東大卒のロイズ銀行入行のいわゆる金融エリート。

そして電通や伊藤忠が株主として全面的にバックアップしています。
(そしてそれら大企業がこぞって出資しています。)

ですので業者としての信頼度は屈指です。

クラウドクレジットのお勧めは先ほどの東欧金融事業者支援ファンドです。
(償還の実績もあり、利回りもよい。その上ユーロ建てで出資できる。)

クラウドクレジットの口座は下記リンクより無料で開設できます。


にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

また携帯で見られている方は一番下にスクロールする

関連するお勧めの記事が読めるようになっています。

特に昨今騒がしいソーシャルレンディングなので一番上の事業者リスク信頼度ランキングを参考にして頂けると幸いです。
その他お勧め記事

            1. ソーシャルレンディング事業者リスク信頼度ランキング
            2. 得する投資 損する投資
            3. 30代で年収1000万欲しければ何をすればいいの?
            4. 1番複利のパワーをつかえるソーシャルレンディングの会社はどこになるの?
            5. 日本人って努力すれば環境に勝てると勘違いしている件について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA