ロボアドバイザー実績比較!テオvsウェルスナビ!どっちがお金が増えた? | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

ロボアドバイザー実績比較!テオvsウェルスナビ!どっちがお金が増えた?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



はいどうもエニートです。
前回ロボアドバイザーで勝ち残るのはウェルスナビになる!という記事を書いたのですが、

撤回します。

ウェルスナビも十分優秀なのですが、こういった株価もみ合いの局面だと意外な一社が勝利しています。
(長期投資が前提のロボット投資で一喜一憂するのもなんですが笑)
ご存じない方に説明するとロボアドバイザーは自分自身で資産運用方法を考えるのではなく、ロボアドバイザーが人にかわって資産運用をしてくれます。
(つまり入金したらほったらかしでオッケー。想定される利回りはリスク許容度によりますが、昨年は年利10%越えもあったほど優秀です。)

ウェルスナビの実績は?

う~ん
超微増
長期投資を前提にしているわけです。
であればこれは特に問題ないわけですが、頭ではわかっていてもあまり増えないとテンションは上がりませんよね。笑

THEO(テオ)の実績は?

プラス1.82%!
これはすばらしい。半年で約2%なら年利4%も狙えます。
ソーシャルレンディングになれているとこの金利が少し寂しく感じますが、普通の投資であれば十分すばらしい数字です。
ソーシャルレンディングは事業者リスクもあるわけですからね。
オーナーズブックがソーシャルレンディングで一番信頼できる!にも書いたようにオーナーズブック以外のソーシャルレンディング業者は何らかのリスクは内包しています。
(その分利回りが期待できるわけです。ただリスク重視するのであればOwnersBook
を一番お勧めします。)

少し話がそれましたが現状は
THEOがウェルスナビを上回っています。

ウェルスナビのアルゴリズムはハーバード大学が中心。
theoのアルゴリズムは京都大学が中心。

日本がアメリカに勝っている!?笑(冗談です)

ロボアドバイザーの結論としては!

両方続けていきます。
というより両ロボアドバイザーは長期投資を前提にしている訳ですからね。
短期の比較にあまり意味がない。笑
ドルコスト平均法で長期で見たときに年利7%を目指すのが資産運用の訳ですからね。

どちらもアルゴリズムが優秀なのでお勧めする資産運用方法になります。
またTheoは夏のボーナスキャンペーンをおこなっているので資産運用を開始するのに最適なタイミングです。

THEO

ロボアドバイザーを徹底比較した記事の続きを読む
上記記事がロボアドバイザーを比較した記事になります。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

また携帯で見られている方は一番下にスクロールする

関連するお勧めの記事が読めるようになっています。

特に昨今騒がしいソーシャルレンディングなので一番上の事業者リスク信頼度ランキングを参考にして頂けると幸いです。
その他お勧め記事

            1. ソーシャルレンディング事業者リスク信頼度ランキング
            2. 得する投資 損する投資
            3. 30代で年収1000万欲しければ何をすればいいの?
            4. 1番複利のパワーをつかえるソーシャルレンディングの会社はどこになるの?
            5. 日本人って努力すれば環境に勝てると勘違いしている件について

            この記事が気に入ったら
            いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA