グリフラもJCサービスも真っ黒!今後のシナリオは?それでもある程度元本は返ってくる理由 | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

グリフラもJCサービスも真っ黒!今後のシナリオは?それでもある程度元本は返ってくる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


はいどうもエニートです。
今回はグリフラ、JCサービス問題について話を整理しながら進めていきたいと思います。

グリフラ、JCサービスの問題点について

グリフラはお金の分別管理ができていなかった

小さな会社に良くありがちな話ですね。(本来ならあってはいけません)
投資家のお金とその他のお金を混ぜてしまった。
その結果政治献金なのか貸し付けなのか(もうどうでもいいですけど)わかりませんが、野党議員にお金が渡った。
お金を返したとはいえ、投資家のお金であれば許されません。

分別管理ができていなかったからこうなってしまったのか。悪意があったのかなかったのか。
それは現時点ではわかりませんが、シロだとは証明できなかった為、ファンドの募集がとまった。

これが金融庁の虚偽の説明に当たります。

グリフラ募集の停止は政治献金?

グリフラは親会社の株を取得していた

アウトです。
というより会社法を知らないのでしょうか?
知っていたら親会社の株を取得したなど口が裂けても言わない。

純粋に程度が低いミスです。
このように程度が低いからこそ、いくらグリフラが分別管理を行っていた!
と主張されても一切信用できません。

環境省によるJCサービスに対しての補助金返還命令

これに関しては蓄電池を買ったのに何故放置していた?というのが純粋な疑問です。
(理解できません)

詐欺であれば蓄電池自体の購入を行わない訳ですからね。
ただ結果として使用しなかった為、補助金返還命令を受けた。

これは泣きっ面に蜂です。

グリフラは現状リファイナンスができない、またJCサービスがどのような状況に置かれているか回りは知っている。
つまりグリフラは足下を見られています。

なので高値でうる予定だった発電施設は買いたたかれ、その買いたたかれた金額を投資家への償金に充てる。

予定された利回りどころか元本も棄損します。
それに加えて補助金の返還命令。

グリフラ、jcサービスの評価点

評価もなんもねーだろ。という声が聞こえてきそうですが、ファンドは存在しています。
タイのバイオマス事業などは高利回りが期待できる案件であることは間違いない。

ですので
グリフラとJCサービスがちゃんとやりさえすれば元本が棄損する話ではなかった
(この点でみんクレとラッキーバンクとは異なります。)

しっかりexitさえできればお金は返ってきます。

グリフラ、JCサービスの今後のシナリオは?

現状では2通り考えられます。

最良のシナリオは?

事業自体は存在し、儲かるわけです。
ですので滝本社長は否定されてましたが、マネオでソフトランディングさせるように案件を募集する。
これさえできれば投資家のお金は返ってきます。(投資家はそう動くように滝本社長に圧をかけるのが必要です。)

予想されるシナリオは?

ただこのままではグリフラ投資家に影響するシナリオになると思います。
リファイナンスができず、買いたたかれ、買いたたかれた金額が投資家への返済に充てられる。

みんクレとは異なり、投資家が全損することはない

元本の7割~8割程度は戻ってくると思います。

個人的には上記マネオ滝本氏がソフトランディングさせるべきだし、責任をとるべきだと考えます。
投資家の責任ではなく、グリフラと監督できなかったマネオマーケット滝本氏の責任

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

また携帯で見られている方は一番下にスクロールする

関連するお勧めの記事が読めるようになっています。

特に昨今騒がしいソーシャルレンディングなので一番上の事業者リスク信頼度ランキングを参考にして頂けると幸いです。
その他お勧め記事

          1. ソーシャルレンディング事業者リスク信頼度ランキング
          2. 得する投資 損する投資
          3. 30代で年収1000万欲しければ何をすればいいの?
          4. 1番複利のパワーをつかえるソーシャルレンディングの会社はどこになるの?
          5. 日本人って努力すれば環境に勝てると勘違いしている件について

           

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ゆう より:

    tanabe54さま

    いつも拝見してます。
    7~8割の根拠は、なんなのでしょうか?

    1. tanabe54 より:

      ゆうさま

      申し訳ありませんが具体的なソースは明かせません。
      私の手に入れた情報としか答えようがありません。

      ですが個人的にはそのソースの確度は高く、グリフラ投資家が全損することは間違いなくあり得ません。

  2. バイオマス より:

    Tanabe54さま

    いつもブログを拝見しております。
    入手されたソースの確度はどれほど高いものなのでしょうか?

    1. tanabe54 より:

      ソースは明かせません。
      申し訳ありません。
      ただ私自身はその話を聞いたときそれなりに信頼に足ると判断しています。

      これがお伝えできる精一杯です。
      今後ともよろしくお願いします。

  3. バイオマス より:

    Tanabe54さま

    ご回答ありがとうございます。
    ちなみにグリーンインフラレンディングの事業全体に言えることでしょうか?
    たびたびの質問失礼致します。
    ご回答のほどよろしくお願い致します。

    1. tanabe54 より:

      全体に言えます。
      しかし本日JC証券の取り消しが行われたことから、私自身グリフラで何がおこなわれているのか正直断言しかねます。

      最後でございますが、投資家として保護されることを心より祈っております。

  4. バイオマス より:

    tanabe54さま
    ご回答ありがとうございます。
    JC証券の処分内容のお粗末さから、JCサービス本体をどれほど信用していいかわかりませんね。
    事業売却は事実とのことですので、投資家は見守るしかなさそうですね。
    また何か情報がありましたら、記事にしてください。

  5. リタイア年金者 より:

    tanabe54 様

     中立的なお立場からの有益な記事、厚くお礼申しあげます。

    グリーンインフラレンデイングの件、利率が高いので確認、貸付先の活動実績、経済産業省認定、担保、特にタイのゴム古材を使用するバイオマス発電の評価など信頼、複数、投資しました。LCレンデイングから変更したファンドでした。

     遅延発生を受けて、貸付先JCサービスが、経済産業省の認定を受けた初期の計画に近い形で、ソフトランランデイングできて、起業の初心に立ち返って、再生していければと願います。

     この上は、遡った利息などは不要、マネオマーケットも一体で、ファンドごとに、償還元金だけでも返金願いたいと思います。

     元金償還の程度、期間について、どのように思われますか。
    また、情報のご教示をお願い致します。

コメントを残す

*

CAPTCHA