不正を起こすソーシャルレンディング業者の特徴!グリフラ、ラッキー、みんクレ | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

不正を起こすソーシャルレンディング業者の特徴!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


<追記 7月8日>

マネオとJCサービスが対立していない可能性があります。
お金の管理が甘かったのは事実ですが、そこまでの悪意もなく、投資家が不利益を被る可能性が低くなってきました。
この記事を消すべきか?と考えましたが、一度書いた以上責任を持つべきなので、以後追記という形で修正を行いたいと思います。

 

はいどうもエニートです。
ソーシャルレンディングで不正を起こす業者が最近急速に増えてきました。
(というか発覚してきている?)

そこで今回は不正を起こす業者の特徴をまとめてみました。
逆に言えばその点を避けて投資を行えば、ある程度リスクが避けられるのでは?
というのが感想です。

みんクレ、ラッキーバンク、グリフラは親会社や親族に貸し付けを行っていた!

(あくまで私見&owners bookは上場企業の傘下なので別です。)

みんクレ、ラッキーバンク、グリフラは親会社または親族に貸し付けていました。
いくら厳しくしていると口で言っていても、親会社への貸し付けは甘くなるのが世の常でしょう。

みんクレ、ラッキーバンクは社長が過去に何をやっていたかわからない

みんクレの社長はある意味業界屈指の悪評だったため(今被害者の会が刑事訴訟を検討しています。)、避けやすかったかもしれません。
しかしラッキーバンク田中社長やグリフラの社長は過去に何をやっていたか一切不明。

怪しいソーシャルレンディングの会社は過去社長が何をやっていたのかわからないのも特徴です。

(クラウドクレジットの社長杉山氏は東大卒→ロイズ銀行という金融畑のエリートコースです。)

ソーシャルレンディングの社長が顔出しを行っているか

怪しい業者はどこか後ろめたいのか社長が顔を隠します。
ラッキーバンク田中氏もある一定の時期から急にホームページ上から顔を消しました。
白石氏は悪評が高すぎて論外。グリフラの社長は一切顔を出していなかった。


逆にクラウドクレジットの杉山氏はこれまでか!という位前に出てきますし、


マネオやプレリートも同様に出てきます。


LCレンディングはブログで積極的に情報を開示していきます。

こういった姿勢がある業者じゃないと私は投資をする気になりません。
現状では高利回りで信頼できるのは【クラウドクレジット】
一択です。
トラストレンディングやレンデックスは怖くて投資は躊躇してしまっています。

ソーシャルレンディングの信頼できる業者この記事にて別個に信頼できる業者一覧を記載しています。

参考にして頂けると幸いです。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

また携帯で見られている方は一番下にスクロールする

関連するお勧めの記事が読めるようになっています。

特に昨今騒がしいソーシャルレンディングなので一番上の事業者リスク信頼度ランキングを参考にして頂けると幸いです。
その他お勧め記事

          1. ソーシャルレンディング事業者リスク信頼度ランキング
          2. 得する投資 損する投資
          3. 30代で年収1000万欲しければ何をすればいいの?
          4. 1番複利のパワーをつかえるソーシャルレンディングの会社はどこになるの?
          5. 日本人って努力すれば環境に勝てると勘違いしている件について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 常々 より:

    トラストレンディング(=エーアイトラスト株式会社)は親会社か親族企業に貸付をしているのですか? あなたはどこかに投資しているのですか?

    1. tanabe54 より:

      トラストレンディングは行ってません。
      書き違えていました。勘違いさせるような記事で申し訳ありません。
      さっそく修正をおこないました。
      ご指摘ありがとうございました。

      私自身はマネオ、クラウドクレジット、クラウドバンク、owners book、プレリートにのみ投資を行っています。

コメントを残す

*

CAPTCHA