マネオマーケットへの行政処分は比較的軽微!?マネオファミリー生き残り? | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

マネオマーケットへの行政処分は比較的軽微!?マネオファミリー生き残り?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


はいどうもエニートです。
今回はマネオの行政処分が案外軽微で済み、業務改善命令程度。
その結果マネオファミリー全部生き残りの可能性が比較的高くなってきました。

証券取引取引委員会の勧告が金商法51条を元にしている!

今まで重大な処分を食らったのは金商法52条を元にしていましたからね。
ざっくりしたことしか言い方で表しますが

長期の停止処分は52条を元にしており、改善命令などは51条を元にしています。

ですのでマネオマーケットが長期の停止処分をくらうことは考えずらい。

2.事実関係

maneoマーケット株式会社(以下「当社」という。)は、当社ウェブサイトにおいて、多数の事業会社を営業者とするファンドの取得勧誘(以下「プラットフォーム事業」という。)を行っている。
当社は、平成28年10月5日以降、プラットフォーム事業において株式会社グリーンインフラレンディング(以下「GIL社」という。)を営業者とするファンドの取得勧誘を行っており、同29年12月末における当該ファンドの出資者数は3,084名、貸付残高は約103億円となっている。

今回検査において、当社の業務運営の状況を検証したところ、GIL社を営業者とするファンドにおいて、以下の問題が認められた。

(1)ファンドの取得勧誘に関し、虚偽の表示をした行為
当社は、GIL 社を営業者とするファンドの取得勧誘において、ファンド毎に特定された太陽光発電所やバイオマス発電所等の再生可能エネルギー事業の開発資金等にファンド資金を支出する旨を表示しており、GIL社は調達した資金を主にGIL社の親会社である甲社の関係会社を経由して甲社に貸し付け、甲社が各種事業等に投融資を行っている。
しかし、甲社においては、ファンドから貸し付けられた資金及び自己の固有の事業に係る資金について、区分管理することなく、ほぼ全ての資金を1つの口座で入出金している状態となっている。
今回検査において、甲社が、入金されたファンド資金をウェブサイト上で表示した出資対象事業に支出しているか検証したところ、出資対象事業と異なる事業等へ支出している事例が多数認められた。
当社は、この間において取得勧誘を行ったファンドのウェブサイト上の資金使途の表示と実際の資金使途が同一となっているかについて確認せず、事実と異なる表示のまま取得勧誘を継続している。この結果、当社は、ファンドの取得勧誘に関して、虚偽の表示を行っているものと認められる。

(2)当社の管理上の問題点
上記(1)の状況が看過されてきた原因は、当社においては、法令上、虚偽表示等の禁止行為が規定されているにもかかわらず、ファンド資金の使途等の確認を甲社の関係会社に一任し、甲社における資金管理の実態や資金の使途を把握できる管理態勢を構築していないことによるものと認められる。

当社の上記(1)の行為は、平成29年法律第37号による改正前の金融商品取引法第38条第8号に基づく金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第1項第2号に掲げる「金融商品取引契約の締結又はその勧誘に関して、虚偽の表示を(略)する行為」に該当するものと認められる。
また、当社の上記(2)の状況は、金融商品取引法第51条に規定する「業務の運営に関し、公益又は投資者保護のため必要かつ適当であると認めるとき」に該当するものと認められる。SESCより

まあこれは十分知っていた事実です。

JCサービスぇー

他のマネオファミリーに監査が入ったが全員無罪!!

マネオ本体を含むマネオファミリーに監査が入りましたが、全員監査をクリアしました。

以下有名ブロガーのファイアフェレット様の記事より引用になります。

今回監視委はグリーンインフラレンディングだけではなく、11あるmaneoファミリー全てに徹底的に調査を行いました。軽微な指摘事項は見つかったそうですが、グリーンインフラレンディングのように処分勧告が発表されるまでの問題は認められませんでした。

もしそれならば、7/6の処分勧告の際に発表したでしょう。監視委も金融庁も本来は投資家を守る立場、段階的に発表して投資家を苦しめることはしません。ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイトより

つまり上記2点を合わせると、

マネオファミリーに問題なし!証券取引委員会の勧告も51条!マネオマーケットは業務改善命令程度の処分で済むのでは?

グリフラもうまくいっているという情報も入ってきてますし、投資家にとって最悪は避けられた。

今週でるのがマネオマーケットに業務改善命令で、マネオマーケットに属しているマネオファミリーも緩かったところは引き締める。

これで今回の問題は解決するんじゃないのか?というのが読みです。(あくまで私見です)

とりあえずは最悪を避けられたのは喜んでいいのではないか?と思います。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

また携帯で見られている方は一番下にスクロールする

関連するお勧めの記事が読めるようになっています。

特に昨今騒がしいソーシャルレンディングなので一番上の事業者リスク信頼度ランキングを参考にして頂けると幸いです。
その他お勧め記事

          1. ソーシャルレンディング事業者リスク信頼度ランキング
          2. 得する投資 損する投資
          3. 30代で年収1000万欲しければ何をすればいいの?
          4. 1番複利のパワーをつかえるソーシャルレンディングの会社はどこになるの?
          5. 日本人って努力すれば環境に勝てると勘違いしている件について

           

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA