マネオがJCサービスからのお金の受領を拒否するのは当然!?

マネオがグリフラからの返済の受領を拒否した!?

と!?マークを付けていますが、当たり前です。
マネオに行政処分があったらどうなるの?にも書いたのですが、マネオ本体には関係ない話。
そしてグリフラの不正問題でマネオ滝本氏激怒にも書いたのですが、滝本氏は完全にグリフラを切っています。

JCサービスの不正の根は深い

JCサービスの社長は投資家のお金を自分の口座にいれた疑惑。
国会議員にお金を貸し付けていた。(投資家のお金を)
会社法違反を自白するくらい頭がわるい。

未だに忘れられません。

過去親会社の株を持っていましたが、売却しました!!

それを聞いた瞬間私は

という印象しか受けません。

ですがなぜマネオはJCサービスのお金を受け取らないのでしょうか?

JCサービスでポンジスキームのお金が返済にあてられていたら目も当てられない

これだけ不正疑惑があり、顧客のお金も分別管理もできず、さらに頭がわるい事業者ですからね。
他の投資家のお金を償金に使う可能性も否定できません。(ポンジスキームです)

マネオ滝本氏もこんなくだらない事に巻き込まれていた訳ですから。
JCサービスが綺麗なお金です!!不正はありません!!

と声を大にしたところで全く信頼しないでしょう。
ポンジのお金なんか受け取った日なんて、どんだけ恐ろしい処分が下るか。
想像に難しくありません。

ですので現段階でマネオマーケットが受領を拒否するのは当然です。

JCサービスのお金は法務局に供託されました

これはまずは喜ばしい。返済を拒否されるというのはあまりなじみがない方が多いと思います。
こういった場合返済の意思を示すために、法務局に供託すると業者は伝えます。

現状ではこれがベストです!

マネオはポンジの可能性があるため受け取れない。
JCサービスは今後とも事業を継続したい。
投資家はこの際利回りは2のつぎで元本を返して欲しい。

となると供託しかないでしょう。
そしてJCサービスがはれてポンジでなかった場合、お金が投資家に返されると。

率直に言えば、
しばらくこの形態で返済が行われるのが投資家にとってはベストな回答でしょう。

 

グリフラが一番悪い。JCサービスも悪い。これがこの問題の一番の原因です。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

また携帯で見られている方は一番下にスクロールする

関連するお勧めの記事が読めるようになっています。

特に昨今騒がしいソーシャルレンディングなので一番上の事業者リスク信頼度ランキングを参考にして頂けると幸いです。
その他お勧め記事

          1. ソーシャルレンディング事業者リスク信頼度ランキング
          2. 得する投資 損する投資
          3. 30代で年収1000万欲しければ何をすればいいの?
          4. 1番複利のパワーをつかえるソーシャルレンディングの会社はどこになるの?
          5. 日本人って努力すれば環境に勝てると勘違いしている件について

           

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

  1. はしも2 より:

    はじめまして。いつも大変興味深く記事を拝見させていただいております。
    私自身、GILには50万円ほど投資しています。余裕資金からなので仮に全損でも勉強代と我慢できるレベル(無論大金です)ではあるのですが、7月、9月、11月と3回に分けて約40万円の元本が償却される予定だったため、何ともタイミング的にやらかしてしまった気持ちではあります(笑)。
    しばらく供託という形がベスト、というご見解のようですが、この「しばらく」はどれくらいの期間続きそうと予想されておられますでしょうか?
    仮にポンジだとすると過去の事例から2〜3ヶ月でこの供託での返済が滞る、ということでしょうか。

    • tanabe54 より:

      コメントありがとうございます。
      タイミングは少々運がなかったといえますね。
      心中お察しします。

      このしばらくというのは事態によって変わってくると思います。
      JCサービスがポンジをしてなく、更にマネオマーケットと和解がすめば比較的早期。

      そうならなかったら長期になるとおもいます。
      仮にポンジだとしたらいつ滞るか?についてはわかりませんが、いつか滞ります。

      ただ再度になりますが、事業としては存在しており、それも旨みが大きい太陽光発電なので、
      ちゃんと運用さえされれば、ほぼ元本が戻ってくるシナリオも十分あり得るというのが感想です。