ラッキーバンク再度の遅延!田中社長の業務再開宣言を信じるべきか!? | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

ラッキーバンク再度の遅延!田中社長の業務再開宣言を信じるべきか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


はいどうもエニートです。

ラッキーバンクが再度ファンドの遅延を発表しました。
私は以前より
ラッキーバンクの対応に誠実のかけらもない

ラッキーバンクは元本の6~7割くらい返ってくるんじゃない?

でも記載したとおり、ラッキーバンクが返済の意思があることに対しては非常に懐疑的です。

ラッキーバンクが業務改善の意思を示しました。

 

業務改善命令に対する再発防止策等について

この度、ラッキーバンク・インベストメント株式会社は、平成30年3月2日付け業務改善命令に基づく業務改善報告書を関東財務局へ提出いたしました。

お客様ならびに関係者の皆様には多大なるご迷惑、ご心配をおかけいたしましたことを、心よりお詫び申し上げます。

今後、当該報告書に盛り込んだ再発防止策等を順次実行してまいります。また、今回の行政処分を真摯に受け止め、深く反省するとともに、より一層の内部管理態勢の強化・充実を図ってまいる所存でございます。
引き続きご指導ご鞭撻を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げますラッキーバンク公式より

まあこれを読んで本当にラッキーバンクが業務再開を目指しているかは懐疑的です。

というのも誠実に業務を行っているのであれば、
親族に貸し付け、ホームページから自らの顔を消し、行政処分の直前に大量に新規募集をかける。

という行為を当然しないはずなので、私としては正直こんなことを見させられても笑。
というのが感想です。(誠実であれば謝ります。)

そもそもほぼほぼ親族に貸し付けていた。という時点でラッキーバンクは論外です。

 

ラッキーバンクで再度の遅延が発生しました。


毎回このパターンじゃねーか!

そもそもラッキーバンクが貸し付けているW社はラッキーバンクの田中氏の母がやっている、W社ですからね。
この会社はうさんくさいソーシャルレンディングを行っていました。
リスクの説明もなく、年利7%。
あれ?どっかとにてい

もし本当にラッキーバンクが業務再開を目指すとしたら、親族から本格的な取り立てを行わなければなりません。

戦国時代であれば対立する親子間で国を取り合う。
これは良くある話です。

田中社長がもし本気で業務を再開させるなら、親族を切り捨てる必要があります。
マザコンである私にはできないことです。(そもそもこんな貸し付けを行わさせるほど私の母親は終わっていませんが。)

個人的には投資家保護で動くことのみがラッキーバンクのみならず、SLの将来に影響すると考えています。

ラッキーバンクが資本の増資を行いました。

ラッキーバンク増資に対する感想
ただ業務再開をめざしているというよりも
純資産5000万ないと貸金業が営めない。
そのため増資したというのがそっちょくな感想。
ホワイトナイトが現れて救っているという訳ではなく、
親族の誰かが増資したんだろ?

という感想しか出てきません。
このまま長期で資金を拘束してそこから少しずつ抜いて行けばいい。
これがラッキーバンクが描いているシナリオです。

何十億もいりません。1割抜ければ十分です。

ラッキーバンクが元本6割くらいかえってくるんじゃない?の続き

上記記事にも書きましたが、全額返さない。
という選択をする必要がありません。
みんなのクレジットのように訴訟問題になるのをラッキーバンクは避けたいはずです。
であれば貸金業を続ける意思をみせておき、多少返済し、少しずつ抜いていく。

これがラッキーバンクの狙いのはずです。

まあそれをさせない為にも当ブログもラッキーバンクの監視を続けていきます。

追記<7月28日>
ラッキーバンクから何件かのファンドの売却の情報が流れてきました。
売却され返済された方。おめでとうございます。
先月6月の末に1本のみ!
任意売却>>競売>>サービサーの順で戻ってくる金額が決まります。
当分は任意売却中心に返済がされます。
ただラッキーバンクには誠実さはありません。
(誠実さがあれば業務停止直前に大量にファンドの募集はされないでしょう。)
また親族に貸し付けるなどやってはいけないことの判断がついていません。
なので投資家は常にラッキーバンクを監視する必要があります。

おそらく6~7割返済し、ラッキーバンクは店仕舞い。
比較の対象がみんなのクレジットなのでラッキーバンクは誠実扱いされるでしょう。
ですがそれを投資家は許してはいけません。
徹底的に監視し、投資家同士が連携することが求められます。

<追記>
ラッキーバンクからの返済額は32%になりました。
理由としては不動産担保の水増し価格が予想以上で市場価格よりも50%以上水増しをしていたのが原因です。

不誠実ここに極まり。
まったく許されない行為です。

投資家はこういった不正リスクを恐れて投資をしなければならないのでしょうか?

owners bookでは不正はあり得ない

owners bookは上場企業を親会社に持っています。
ですのでラッキーバンクでおきるような不正はあり得ません。

owners bookが不正が起きえない仕組みな訳

簡単に言ってしまうと

上場企業の傘下の会社であるため不正はできない。(すると逮捕される。)
親会社は今期も超黒字の健全経営。
今まで元本の棄損がなく、担保価値が非常に高い

それに加えて
高値で売却できた場合、追加配当として投資家に還元している。
LTVが80%以下。その担保の査定も上場企業の査定。
担保の渋谷や新宿の一等地のため、担保価値の大幅な減少は考えずらい。

私自身一番安全なソーシャルレンディング業者は間違いなくOwnersBookだと断言しランクSSSと評価しています。

詳しくはowners bookの利回りは14%!?財務状況は健全か!?をご参照ください。

owners bookは下記リンクより無料で口座開設できます。

OwnersBook

そして私の方で信頼できるソーシャルレンディング業者の最新版をまとめました。
信頼にたると判断する明確な理由をつけて説明しています。

下記記事を参考にして頂き、信頼できる業者にのみ投資を行うことで安定した収益を上げられます。

ソーシャルレンディング高信頼度業者比較!優良業者の優良ファンド一覧!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA