グリフラは詐欺?マネオ滝本激怒もグリフラ投資投資家の保護を進めているのでは? | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

グリフラは詐欺?マネオ滝本激怒もグリフラ投資投資家の保護を進めているのでは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


はいどうもエニートです。
今回はマネオマーケットがグリーンインフラレンディングを切りました。
ただグリフラはみんなのクレジットやラッキーバンクと異なり、投資家が保護されるのでは?
という読みを記事にしていきたいと思います。

また私自身はグリフラに投資していないので客観的に意見を述べていけます。

マネオ滝本はグリーンインフラレンディングを切りました。

1.対象営業者及びサービス
株式会社グリーンインフラレンディングを営業者とする「グリーンインフラレン
ディング」におけるファンド募集業務および新規の投資家登録 マネオ公式サイトより引用

なんでしょうか。簡単な文章ですが、マネオ滝本社長のすさまじい怒りを感じます。

詳しい流れは割愛しますが、要は投資家から集めたお金を政治家に流れていた。
いわば事前の説明と異なるお金の運用をしていたわけですからね。当然許されません。
グリフラのお金が政治家にお金が流れたいた件の続きを読む

マネオのファンドでグリフラのファンドと酷似したファンドが増えました

グリフラは太陽光発電やタイで発電所を作ってる。投資家からそれをお題目にお金を集めています。

この発電所事業。ビジネスとして常にこぎ続けてないと(リファナンスがないと)やがて倒れてしまいます。
ただ不適切なお金の運用で、グリフラは投資資金を集めることができなくなってしまう。

この場合
グリフラ投資先が仮に正しくお金を運用し、事業がうまくいっていたとしても、事業が失敗してしまう。

募集が停止されている以上いくつかの案件がデフォルトしてしまうリスクは存在しています。

ここらは私の読みを書いていこうと思います。

マネオでグリフラファンド投資先の募集がおこなわれているのでは?

最近でているマネオの事業性支援ローンファンド

今回の借り手は事業者DEとなります。

今般事業者DEの事業資金として14億1,000万円を以下の要領にて募集させていただきます。

・14億1,000万円(一括返済)(第1~42次募集)

事業者DEは、自然エネルギーを利用した太陽光関連事業,
環境保全に関するコンサルティング業を営んでおります。

今回は、土地及びIDの取得資金等の事業資金として融資を行います。

返済原資は、取得予定のIDと土地等の売却代金を原資に返済がおこなわれます。

保全としては以下の内容になっています。
・事業者DE開発中の太陽光発電権利(ID)の譲渡担保及び名義変更書類受領
当プロジェクトの担保(売却予定価格)は約24億3,000万円の評価がございます。
詳細は以下のスキーム説明をご確認下さい。マネオ公式サイトより引用

これいつものグリフラの投資先とそっくりですよね。

大規模な太陽光発電施設で高利回り。そして募集額もかなりの額になっている。(客観的にみるとグリフラです。)

仮にこのファンドグリフラの投資先であったJCサービスであれば、

グリフラは切るけど、グリフラ投資家はマネオがソフトランディングさせてやるよ!

という滝本氏の意思表示になります。

証券取引員会を含み調査が入っている以上マネオは投資先について言及できません。

マネオとしても融資先匿名問題は今回は別として、マネオがグリーンインフラレンディングをソフトランディングさせている。
そのことを公言することによって、失いかけている信頼を取り戻そうとする。

これがマネオの本音です。

ですが監査が入っている以上マネオは一切余計な事は言えません。

なのでマネオ滝本氏の本音を言ってしまえば、

察せ!お前ら!!

 

ということでしょう。

マネオは金融庁に全力で媚びながら、利益も取ろうとしています。

まずは利益を取ろうとしている点。
グリフラは利回り12%のファンドだったのがマネオでは9.2%
その分リスクが低い?

マネオは5.8%の金利を取っているので、貸付金利は15%です。

グリフラがやらかしたおかげでお金を集められなくなったJCサービスの足下を見まくっています

次に金融庁に媚びている点。

グリフラをソフトランディングさせます。
本件については常に金融庁様の許可を仰ぎます。
投資家保護もしますし、今後は言うことを聞きます。

なんなら天下りを受け入れます!グリフラを切りました!

ですので何卒処分は穏便に!

というのが狙いでしょうね。本音はグリフラにはらわたが煮えくりかえっていると思いますが、
優秀な滝本氏はそれを見せず、最大の妥協を引き出そうとしています。

上記はあくまで私の予想です。
ですが決してあり得ない話ではないのでは?
と思っております。

最後になりますが、グリフラがソフトランディングするように当ブログでも情報を積極的に発信していこうと思います。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

また携帯で見られている方は一番下にスクロールする

関連するお勧めの記事が読めるようになっています。
その他お勧め記事

        1. ソーシャルレンディング事業者リスク信頼度ランキング
        2. 得する投資 損する投資
        3. 30代で年収1000万欲しければ何をすればいいの?
        4. 1番複利のパワーをつかえるソーシャルレンディングの会社はどこになるの?
        5. 日本人って努力すれば環境に勝てると勘違いしている件について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA