グリーンインフラレンディング募集停止 | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

予測!グリフラの募集停止はマネオのモニタリングが原因なのでは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



はいどうもエニートです。

今回は前回に引き続きグリーンインフラレンディングの募集が停止になった件

について書いていきたいと思います。

 

グリーンインフラレンディングの募集が急遽停止に!疑惑はどうなのか?

 

マネオの滝本社長のブログにmaneoファミリーへのモニタリングの強化をするとの記載

 

マネオのプラットフォーム上11社から資金を集める力を持っている。

ですがそのうち1社でもやらかすとマネオ本体に影響が出てしまう。

であれば危険な業者は排除しつつ、マネオ本体のパワーを高めていく。

 

というのがマネオの滝本社長の狙いです。

maneoマーケットが提供するプラットフォームも、
maneo、LCレンディング、ガイアファンディング・・・
と、11プラットフォームになりました。

プラットフォーム提供元のmaneoマーケット社として、
この11プラットフォーム全ての、

・案件の中身(ただし、案件の確実性の審査は限定的です)
・資金の流れ
・募集画面との不一致がないかどうか

について、今まで以上に注視して参ります。
すでに注視を行う人材も補充しました。マネオ 滝本社長のブログより

となると現時点のあくまで読みですが、

金融庁の監査→行政処分

というラキバン、みんクレのパターンではなく、

マネオの監査→案件の募集停止。

というのが流れか?

というのが私の読みです。

(あくまで私見です。)

まあマネオからすればもう十分すぎるほど儲かっているわけですから関連会社のやらかしが一番怖い。

グリーンインフラレンディングはあくまでマネオのグループ会社

maneo(マネオ)グループと言って、グループから上納金を得る。しかしビジネスがこけてもマネオの懐は痛まない。

懐は痛まないにしてもマネオの信頼に傷がつくような会社は入れない。

これが滝本氏がつくりあげてプラットフォームです。(賢いと言えば賢い)

 

ですので懐が痛まないまでもグリフラが不正しているとは考えづらい。

というのが感想です。

ただ私自身グリーンインフラレンディングに投資をしていないから記事を書ける。

というのも有ると思います。

 

現状ではどうなるか私はわかりません。

ですがグリフラは明らかにラッキーバンクとみんクレとは異なるので事態を注視していきたいともいます。

 

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

また携帯で見られている方は下にスクロールすると

関連するお勧めの記事が読めるようになっています。

 

<追記>

グリーンインフラは反社会勢力に目を付けられたから確認しているのでは? の続きを読む 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA