証券会社お勧めの外国債ファンドが全く他人にお勧めできない重大理由 | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

外国債投資信託ファンドがデメリットしかない重大な2つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



はいどうもエニートです。

今回は証券会社が勧めてくる外国債投資信託が全てお勧めできない理由を書いていこうと思います

 

○○証券のベトナム債投資信託が勧めてくる理由がわからないほど酷かった

私の親戚の話なのですが、極東証券が勧めてくるベトナム債投資信託があまりにも酷かった。

そのためその証券に怒りの電話を先日しました。

TNB このファンドがお勧めなんですか?

〇〇 はい!自信をもってお勧めできます!

TNB 信託報酬が2.5%って信じられない手数料の高さなんですけど。

そしてベトナムドンって常に円高ドン安ですよね。利回り10%でも増えなくないですか?

○○ …

TNB トルコファンドもルーブルファンドもこの手数料じゃ増えないですよね

インデックスファンドで手数料0.3%なら購入検討したいので書類おくってくれます?

○○ わかりました。3%ですね!

 

 

TNB ……(こいつ、会話ができない奴か!?)

 

 

何故外国債投資信託ファンドは損をすることが多いのか?

① 手数料が異常に高い

インデックスファンドのe-maxisslimとか手数料0.2%切ってますからね。

基本インデックスファンドにアクティブファンドは手数料の分勝てません。

この2.5%という数字は論外です

② ルーブル、リラ、ドン常に円高ルーブル、リラ、ドン安傾向

利回り10%という数字を達成してもそれを上回るくらい円高になると意味が無いですからね。

ベトナムは国策で海外企業を誘致するためにドン安を勧めていますし。

 

まあ図で見ると話が早いのですが、すべて円高外貨安

 

これこの動きをされたらどう考えても外国債ファンドは儲かりません。(年利20%を超えるなら別ですが笑)

 

まあこんな動きをするベトナムドンで手数料2.5%取られれば確実に負けるのは火をみるよりも明らかですよね笑

結局手数料がやすいネット証券でインデックスファンドをコツコツ積み立てるのが初心者が一番勝てる方法なんですよね

マネックス証券

SBI証券

楽天証券

この三つのうちから好きな証券会社で積み立てNISAをするのが一番勝てる方法です。

 

ブログランキングに登録しているのでよければクリックして下さい
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA