クラウドクレジット新ファンド!お勧めのリスクが低いベスト3! | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

クラウドクレジット新ファンド!お勧めのリスクが低いベスト3!<追記>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



はいどうもエニートです。

本日17時より販売されるクラウドクレジット新ファンド。

昨日クラウドクレジットの不正リスクは極めて低い

という記事を書きました。が、

 

案件としてのリスクは比較的高い

というのが率直な感想です。(その分利回りが魅力的ですが…)

ですので本日発売のクラウドクレジットの新ファンドのお勧めファンドを三つ紹介したいと思います

 

クラウドクレジットお勧めのファンドはこの3つ!

第三位 ペルーマイクロファイナンス支援ファンドシリーズ
・ペルーマイクロファイナンス支援ファンド10号

USドル建てで利回りが2.5%という果たしてこれは投資と言えるのか?

というファンドですが、100%の債務保証がついている+ペルーの農家を支援できる。

という社会的に正しいことが行えます。

資産運用ブログを書いている私が言うのも何ですが(そしてこのファンドに投資をしたこと自体矛盾してますが)

お金は大切だけど全てではない。そして他人の役に立ってお金が増えればそれは人間として正しいのでは?

っと思わせてくれるファンドです。

 

第二位 東欧金融事業者支援ファンドシリーズ
・【為替ヘッジあり】東欧金融事業者支援ファンド67号(約13ヶ月)
・【為替ヘッジあり】東欧金融事業者支援ファンド68号(約19ヶ月)

現状ではまだ裏取りができていないのですが、毎回このファンドは日本円建てで投資ができるようになっています(おそらく17時販売のも)

となると、為替リスクを負わずに済み、償還の実績をもつ東欧金融事業者支援ファンドはお勧め度が高い。

13ヶ月は前回は利回り6.8%、19ヶ月は前回は利回り8.6%であったことを考えると今回もその程度に落ち着くのだろう。

という読みが可能です。(円建てで償還実績があるファンドですので、クラウドクレジットの案件の中では比較的信頼度が高い)

 

第一位 ヨーロッパ自動車リースファンドシリーズ
・ヨーロッパ自動車リースファンド4号

お勧め度としてはこのファンドが群を抜いています。

詳しくは下記記事を参考にして頂きたいんですが、

ヨーロッパ向け自動車リースファンドが文句なし!

簡単に説明すると、

上記ファンドの特徴として

【小口分散】 【延滞債権は買戻】 【実物資産で裏打】

【リスク低減の仕組み】
本ファンドは従来の小口分散だけでなく、債務者からのリース料金が60日間未払となった場合、mogo社が債権を買取る条項
mogoグループ各社はリース債務者が債務不履行になったときに債務者に使用させていた自動車を回収、売却することで資金回収いたします。 クラウドクレジットより

つまり返済が滞った場合クラウドクレジットが貸し付けているMOGO社が債権を買い取る条項がついています。
更に小口で分散投資している分もともとリスクヘッジが効いています。それに加えても債権の買い取り条項がついています。となると保全に関して正直問題ないレベルかなと判断しましたクラウドクレジット公式サイトより

ざっくり言ってしまえば多くの人に貸し付けているため、数人が滞っても返済に影響なし。

自動車というものがある資産で裏打ちを行っている。

また債務者からのリース料金が60日間未払となった場合、mogo社が債権を買い取る。という点も

保全において大きく役に立っています。

やはりこの自動車リースファンドがお勧め度では群を抜いています。(間違いなく最初に売り切れます)



にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

ラッキーバンクやミンクレ事件をふまえ信頼できる業者はここだ!

<追記>

28日21時現在でやはりクラウドクレジット自動車リースファンドは一度売り切れましたね。

ただ追加募集がされているので本日中であれば投資できるかな?っと思います

そして予想通りジョージアラリ建て10%越えファンドが売れまくっています。為替差損が怖くないのか!?こいつら!?

まあ私なら買いませんが、円安にさえなってしまえば爆益のファンドなのでリスクがとれるならばいいのかもしれませんね

(私ならドルかユールファンドにしますが)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA