ロボットアドバイザー比較。現状ウェルスナビが一番の理由とは!? | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

ロボットアドバイザー比較。現状ウェルスナビが一番の理由とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はいどうもエニートです。

今回は今話題のロボアドバイザー。でもどれに投資したら良いかわからん。

と言う人向けに簡単な説明を書いていこうと思います

そもそもロボアドバイザー投資って何?

世界水準の金融アルゴリズムは、これまで一部の富裕層や機関投資家など、特別な層だけのものでした。

テクノロジーの力で、誰もが世界水準の資産運用をできるようにしたのが、ロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」。相場の動向に惑わされず、あなたの代わりに、すべて自動で資産運用を行います。ウェルスナビ公式サイトより引用 https://www.wealthnavi.com/about

つまり海外の債権をロボアドバイザーが自動的に買い付け。運用を行ってくれます。

つまり貴方は自らファンドを選ぶ必要がなく、優秀なAIが自動で買い付けを行ってくれます。

ウェルスナビがTHEOや楽ラップより優れている理由2点

ブログを開設するに辺り、実は管理人は上記三社のロボアドバイザーに投資を行っていました。

というのも

こんな新しい投資方法であるロボアドバイザー投資を比較する記事を書けばPV(ページビュー)が稼げるんじゃね?俺って天才じゃね?

という下心があったためです。(正直楽ラップはやめたい

現状ウェルスナビの利回りが楽ラップ、THEOよりも高い

(すべて自動で行ってくれます)

去年のウェルスナビの利回りが12%でした。

まあいわゆるトランプ相場のメリットがあったため

海外ETFの買い付けが強いウェルスナビが利回りが高くなるのは頭ではわかります。

ですが年利12%は楽ラップ、THEOよりも遙かに高い水準でした。

これがウェルスナビをお勧めする理由その①

 

ウェルスナビにあって楽ラップ、THEOにはないDETAX機能!

これが大変優れものです。というのも投資で増やすと無条件で20%の税金が取られます。

ですがあえて損を確定することでその年に取られる税金の額を下げるという画期的な機能です

「DeTAX(デタックス)」の具体的な機能は?

配当やリバランスなどによって生じる税負担が一定額を超えた場合に、お客様のポートフォリオ組入銘柄の中に含み損がある銘柄があれば、その銘柄を一旦売却しすぐに買い戻すことによって損を実現し、益と相殺することでその年の税負担を軽減します。ウェルスナビ公式 DETAX機能

楽ラップもTHEOもこの機能を取りいれなければウェルスナビと差を付けられる一方

(ウェルスナビとTHEOと楽ラップは特化して買う商品群が異なるため、結果に対する評価は1~2年程度では一概に評価はできません

ですが、このDETAX機能に関して言えば勝負あり)

手数料も1%だけだというのも良心的かな?と思います。

 

ただいまTVCMキャンペーンの為手数料が優遇されています。そのため始めるのにちょうど良いきっかけになっています。

 

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

ラッキーバンクやミンクレ事件をふまえ信頼できる業者はここだ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA