ラッキーバンク、ミンクレ事件をうけ信頼できるソーシャルレンディング業者! | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

ラッキーバンク、ミンクレ事件をうけ信頼できるソーシャルレンディング業者!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はいどうもエニートです
2018年現在信頼できるソーシャルレンディング事業者はどこなのか?

みんなのクレジット事件やラッキーバンク事件(もうこれ事件で良いと思います)を踏まえて、ソーシャルレンディングの本質的な問題点が浮き彫りにされたと感じます
つまり事業者選びがこの投資法の一番重要な事項になる。事業者リスクが一番大切

この非匿名組合という仕組みを利用する以上ポンジスキームに近い形にしても現行法上なかなか処罰できない。(みんなのクレジット事件については別個に記事にします)

2018年ソーシャルレンディングの展望

という記事を前回書きました(その記事に似てしまう点も多々あるとおもうのですが)

今回は信頼できる事業者の判断基準を記載していこうと思います

 

信頼できるソーシャルレンディング事業者は?

まず運営しているグループの社長や役員の顔がホームページ上見える!
というのが一定の判定基準になります(現状ではクラウドクレジットなど)

というのもラッキーバンクなのですが昨年の9月頃より乗っていたはずの社長の顔や役員の顔
何故かそのページが削除されていました。人間不思議なものでやはりどこかやましいと思うところがあるとホームページから写真を消すようです

事業主が顔を出しているか。これは私にとって重要な判断基準になります

 

監査体制がどうなっている?

コーポレートガバナスという点ではowners bookとクラウドクレジットが一歩先を進んでいると感じます。
またクラウドバンクに関しては第一種免許を取得していることより、事業主を監査する体制が成立がしています。
正直上記三社が抜きんでています

誠実かどうか?

逆説的になりますが、事業がうまくいっているときよりもうまくいかなかった時。つまり元本棄損やトラブルが起きたときの対応が事業主としての誠実さが問われます

 

クラウドクレジットはカメルーンファンドでうまくいかなかった時、マネオはラーメン事業投資がうまくいかなかった時、

誠実に対応し、元本の棄損がおきる可能性があることを伝えています

ミンクレやラッキーバンクでしたらポンジスキームの様に(みんなのクレジットは悪意があるポンジスキームです)赤字を補填し、さもすべてのファンドでうまくいっているように見せかけます。

逆説的になりますが、トラブルが起きた場合誠実に対応したこの二社は事業者として信頼できます

 

事業者リスクが低いのはこの会社だ!!

前回の記事と某有名ブロガーさんとほぼ同じ意見になってしまいますが

 

ランクAで信頼できる

① maneo

ソーシャルレンディングのリーディングカンパニー.vcなど外部の投資会社が多く投資している。そもそもこの会社が始めたソーシャルレンディングが日本の始まり。
圧倒的な事業主であり、不正をしてまで儲ける理由が皆無

 

② SBIソーシャルレンディング

親会社がなんといってもSBI。ソーシャルレンディングで不正を行って親会社の名前を傷つけるなど絶対に親会社が許さない。
やりたい放題した場合、SBI自体が傾く可能性がある

 

③ クラウドクレジット

伊藤忠だけでなく第一生命からの支援を取り付けている。さらに監査体制の強化など顧客の信頼に努めている。
個人的な意見であるが、社長が誠実。彼が人を裏切るとは考えられない

 

④ クラウドバンク

第一種免許(証券会社をつくるための許可)を持っている。取得するためには監査体制の確立がマスト。
さらに事業の透明性を含め、不正は非常にしづらい。元本棄損がおきなさそうな信頼できる業者のひとつ

 

⑤ オーナズブック

コーポレートガバナスが随一。外部監査の体制などもGOOD。担保の流動性が高く、信頼できる業者

 

⑥ プレリートファンド

マネオファミリーでも信頼度は随一。ファミリーの中でも資本提携をしている点で信頼度は一段階上か?

 

ランクBで信頼できる

⑦ プレリートファンド以外のマネオファミリー

マネオほど信頼が置けないが、マネオの内での調査が行われいる。このファンドが詐欺であればマネオの名前に傷がつく

 

⑧ トラストレンディング

役人はすぐに逃げる。ホームページで役員の名から天下り組の名前が消えたら要注意だが、現状信頼できる

 

ランクC

⑨ LCレンディング

事業としては堅い。現状何の問題なし。ただ社長が元ダビンチの社長に変更。

その時点で私は信頼をあまりしない。とはいえ現状固い会社であるのは間違いない

 

と取り急ぎ最低限のリストをまとめてみました
このリストを参考にして、取捨選択をしていただけると幸いです

肝に銘じて欲しいのは怪しい業者であればけして近づかない(異常な高利回りやキャッシュバックをしていたら怪しいと感じて下さい)。

これを胸に業者選びを行っていください

OwnersBook
(管理人一押し!信頼できる業者の不動産担保付き!!owners book)

ブログランキングに登録しているのでよければクリックして下さい
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

また読みに来て頂けると幸いです

ソーシャルレンディングのお勧めの業者とその理由

ラッキーバンクは詐欺か!?最悪のシナリオと投資家の対処方は何!?<追記あり>今後どうなる?

2018年!ソーシャルレンディングの事業者リスク信頼度ランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA