クラウドクレジットの年利13%ファンドに投資しなかった理由 | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

クラウドクレジットの年利13%ファンドに投資しなかった理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラウドクレジットの利回り13%のジョージア金融ファンドに投資しなかった理由

 

これについてはクラウドクレジットに責任があるか?ときかれれば私のスタンスはNOです。
ただ正直このファンドが開始5分で売り切れた。とききましたが、そこまでの魅了があるか?と聞かれたら私はNO

① ロシアルーブル建てで期間13か月の高期待利回りファンド
② 独自の信用リスクモデルを用いて高い収益性を確保する事業者に個人向け融資の原資を提供

②に関しては黒字経営を行っている優秀な金貸し資金支援業者
これは間違いなく、また2017年10月時点において、貸出ポートフォリオは貸出実行後、3か月以内に貸付金額の1.2倍超の元利金の回収を達成。
この点に関しても安定した経営を行える優良企業であるというのは間違いないとは思います。

では何故私が投資しなかったの?また何に投資するのがおすすめなのか?という個人的な意見を書かせて貰います

ルーブルという通貨を信用していない

これが結論なんですけどこのファンド。ルーブル建てなんですね。
つい最近シリアあたりでアメリカがちょっとどんぱちしただけで一瞬でルーブル安円高になりました
で具体的な数値で示すと

この安定したナイアガラ下落(安定した下落という言葉が世の中にあるのか私にはわかりません笑)
とまあ上記の通り大幅に下落をするのがルーブルという通貨です
十年で半分以下の価値になっています
年利13%であれば10年を均等にわれば多少+になるだろう。
っとおもいますがそこまでリスクを負って、数%の利回りを求める必要がある?
というのが率直な感想

投資するならこのファンド!

年利2.5%ながら債務保証100%つきファンド(ドル建て)

または償還実績がある東欧金融支援ファンド(償還実績とは満期を迎えて無事元本と利回りを返したという話)
利回りが9%程度あるのでリスクに見合ったよい商品です(ドル建てかユーロ建て)

自動車リースファンドは安定しているという話

上記の3つのファンドの簡単な説明をすると

自動車は安定している
東欧ファンドは実績がある
ペルーの農業支援ファンドは利回りは低いけど良いことをしているという達成感が得られます 笑(ただ債務保証がついているので、悪くはありません)

ブログランキングに登録しているのでよければクリックして下さい
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

facebookでいいねを押してくれると励みになります

また読みに来て頂けると幸いです
ノシ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA