クラウドクレジットは危険?高利回りで貸し倒れのリスクはある!? | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

クラウドクレジットは危険?高利回りで貸し倒れのリスクはある!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


高利回り+海外に分散投資ができるとガイアの夜明けに取り上げられて以来話題のクラウドクレジット。
今回は個々のファンドの話ではなくクラウドクレジットの事業者としてのリスクについて記事にしていこうと思います。
そして結論から先に書くとマネオやSBIほどの信頼は置けないが、2~3年程度であれば基本的に事業者リスクが低いというのが結論です
(案件リスクという意味ではありません)

昨期の決算は予想通り赤字

これに関してはさもありなん。というのが感想です。そもそも50億突破!っというのはあくまで貸し付けた金額ですからね。
儲けた金額ではありません。手数料を2%前後だったことを考えると経営利益は1億程度。
人件費やCM代などを考えたら昨期が赤字だったのは当然。
では何故赤字でも問題ないかと聞かれれば、伊藤忠を筆頭に大企業がバックアップしているから。
その損失を企業が補っているっというのが昨期までだったんですね。
そもそもですが大企業が支援しているから安全。ということは決してなく、むしろ大企業だからこそ資本を引き払う。
と言うことは十分考えられます。ですので赤字であって良いことということは存在しません。

社長の杉山氏はこの4ヶ月で5億以上大企業から支援を取り付けた

この手腕は見事としかいいようがありません。電通グループから4億、第一生命から1億というのが内訳ですね。
先ほど大企業に頼るのはどう?っと書いた下の根も乾かないうちですが、大企業から支援を取り付けるのは生半可な事でない。
つまり大企業の人間も社長の杉山氏に期待している(そしてそれ以上のリターンが求められる事業を作れると見込んでいる)という点である程度は信頼度を高めることができます

単月で13億突破

これ今年からなんですけど、大幅に貸付額が伸びています。
クラウドクレジットの規模であれば、仮に2.5%程度の手数料を取っていれば、年110億程度の貸し付けで黒字に転換します。
(内部の人間ではないのであくまで見込みです)
黒字だから個々の案件も安心ということはないのですが、黒字に超したことはありません。
早ければ今期にも黒字に転じるのでは?っというのが率直な感想です。

(カメルーン支援ファンドの様子)

監査役の設立

これは今後クラウドクレジットは一切やましいことをしない!という決意の表れです(今までやましいことをやっていたという意味ではありません。念のため)
こういった監査を設立し、体制を強化していく。これが理想的な会社の伸ばし方です。

2月の利回り


利回りは8.1%リスクが高い外国に貸している。とはいえ投資家平均利回りが8.1%は立派の一言。
今後は利回りが低下していく(東欧ファンドなど会社の信頼度が高まるにつれて利回りが下がっていってしまうというのは仕方ない部分があります)ことが予測されます。
東欧向け金融ファンドに投資するのであれば、今が良い機会です。

社長の人柄

これは全ての投資に言えるのですが、その社長が人として信頼できるか。過去に明らかな問題を起こしていないか?ということを重視することを強くお勧めします
(みんなのクレジット事件の白石氏は間違いなく犯罪行為ですし、信頼できる過去もありませんでした)
社長の杉山氏の評価なのですが、私は超有能なロマンチスト(そしてめちゃくちゃ早口)だと評価しています。
というのもお金を引っ張ってくる能力やベンチャー企業の経営能力、また未来に対するビジョンは群を抜いています。ただひとつ苦言を呈するならば社会貢献性に特化しすぎている。
投資家はあくまで利潤を求めている。その基礎の上に社会貢献があるのであって逆ではない。ということを忘れないで運営して欲しい。
(人としては彼がやっていることは正しいので個人的には応援しています。その結果ペルーの2.5%の農業支援ファンドに投資した話ニカアグラに投資した話が生まれました)

(発展途上国に投資するのは先進国に生まれた我々だからできることです)

上記の点からクラウドクレジットは事業者としては信頼できます。

p.s

投資するなら東欧金融支援ファンドかヨーロッパ三国自動車リースファンドにしましょう

投資をするファンドを選ぶのは投資家の考え次第。この前提を否定しませんし、好きなファンドに投資をするのがベストです。
ただ海外ファンドということでリスクがあるのは否定できません。クラウドクレジット自体でお勧めのファンドのリストを作っているのでそれを参考にするのはありです

ただ今のシリア情勢がどうなるのか?ということを考えるとルーブル建てはお勧めできません(実際今円高ルーブル安が進んでますし)
となるとジョージア通貨建てやルーブル建てのファンドでなく東欧金融支援ファンドのドル建てやユーロ建て。
または現物資産で裏打ちされている自動車リースファンドをお勧めします。
金融は高い利回り。自動車は高い保全性でお勧めです。

とくにヨーロッパ自動車リースファンドはすぐに完売するくらい人気です。

口座開設。手数料は無料!

実際お金がかかるのは投資したときの運用手数料のみです。
口座開設や手数料にはお金はかかりません。
メリットも多い海外ファンドに投資できるクラウドクレジットですが、先ほども書いたとおり東欧ファンドの利回りの低下は起こりえます
2~3分で開設できる口座ですし、口座を開設するだけ開設しておき、良いファンドがでできたら投資をする。これでいいのではないでしょうか?(良いファンドが発表したら当ブログで記事にしていきます)
【クラウドクレジット】
口座開設

今後とも有益なファンドがありました当ブログで記事にしていきたいと思います。

読んでくれてありがとうございます。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

下記のfacebookのいいねをおしてくれると非常に励みになります

人生を楽しみましょう。

このブログがちょっとでもおもしろいと思ってくれた方。

是非ブックマークして暇なとき読みに来てください

ノシ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA