ソーシャルレンディングお勧めは5大業者はこれだという話! | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

ソーシャルレンディングお勧めは5大業者はこれだという話!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はいどうもエニートです。

ソーシャルレンディングは業者選びが一番重要


今回はソーシャルレンディングで投資をしてみたい。ただ業者が多すぎてわからない。ということを言われたのでお勧めの五大業者を記事にしたいと思います。

というのもソーシャルレンディングの特性上非匿名組合で出資をする。となるとどこに出資されているのかブラックボックスの中に入ってしまいます。
ですので○○クレジット事件(これどうなるんでしょうね?金融庁と検察が動いているとも聞いてますが)やラッキーバンクの件(これは悪意がなさそうですが注視しなければならないと思います)がある以上信頼できる業者で出資しないとどえらいめに合ってしまうリスクを常にはらんでいる。ということをまず念頭に置いてください

 

この五つに出資するのがお勧めです!

リスクを度外視してしまうとおもしろいとおもう業者は沢山あります。
トラストレンディングの公共事業投資とかガイアファウンディングのアメリカの不動産投資など。
ただ当ブログの目的は初心者の方と一緒に私自身も長期目線で資産運用をするというのを念頭において話をしています。
ですので業者としての裏取りができている(再度の記載になりますが上述の通りブラックボックスの中に入ってしまうため業者選びが全てです)会社を紹介していこうと思います

業界最大手 マネオ

業者リスク ☆☆☆☆☆
案件リスク ☆☆☆☆
利回り   ☆☆☆☆

業者としての信頼度は?
これに関しては管理人は最も信頼できるソーシャルレンディング業者のひとつである!
これは断言ができます。
10年間経営しているのですが、元本割れをしたことは1度、法人向けは一度も無いという実績
(遅延はあります。また今1件棄損の可能性があるファンドがあります。これは注視していかないといけませんが、私はこのファンドに投資していませんので詳しいことはわかりません)
また監査の体制もしっかり整っています。財務基盤も健全そのもの。ランクAで信頼できる業者になります

マネオのデメリット
手数料がぼったくり

特になし。
正直手数料高いな。っと思うところがありますが、それでも年利5%程度の案件が多く、また担保をしっかり保持しているファンドが多いので保全ができています。
であればこの手数料を加味しても十分うま味があるので利用するのをおすすめ

案件のリスクに関してはマネオの虎などわけのわからないこと を除けば、不動産保証付きのファンドであれば問題ありません
利回りとしても5~7%程度なのでなかなかの高利回りと言えます(管理人は100万程度出資しています)

いくら分配予定なのかなどわかりやすいのが特徴です!

 

規約上直リンクを張れませんので興味のある方は検索してください

不動産に特化!owners book

業者リスク ☆☆☆☆☆
案件リスク ☆☆☆☆☆
利回り   ☆☆☆
東証一部上場のロードキャピタル社の不動産出資金募集のために使われているのがこのowners bookです。
親会社の経営も健全そのもので、すべの案件に不動産の保証がついています。
その保証の不動産の立地条件も文句なし。販売を募集するとあっという間に売り切れてします。4.5%程度の案件が多く利回りは比較的低めです。
リスクが低いファンドを探している初心者の方に一番おすすめなのがこのowners bookです。(管理人は何十万程度出資しています)
下記リンクから口座開設ができます

OwnersBook

SBIソーシャルレンディング

業者リスク ☆☆☆☆☆
案件リスク ☆☆☆☆
利回り   ☆☆☆☆

不動産バイヤーズローンなど発売するとすぐに売り切れてしまうことで有名なSBIソーシャルレンディング。

親会社がSBIなので業者リスクは皆無です。ただあまりに人気なため管理人はまだ出資ができていません。(いつかクリック合戦に勝利したいのう。今週の金曜日にあるクリック合戦に参戦予定です)
(管理人の出資はなし)
規約上直リンクを張れませんので興味のある方は検索してください。

証券会社が運営 クラウドバンク!

業者リスク ☆☆☆☆
案件リスク ☆☆☆☆☆
利回り   ☆☆☆☆

管理人今年の利回りは6.9%

この数字は確かに驚異的ですが、私が特に何かして成し遂げた数字ではないので特に自慢にならないかとw
私のファンドを見抜く目が鋭かったのですかな!キリ!!
というわけではなく、基本的にソーシャルレンディングは
①投資をする。
②一定期間放置
③運用期間終了と共に元本と予定されている金利が返ってくる。

という流れなので、投資が特にすることはありません。(サラリーマンや忙しい人にお勧めなのもこの理由から。だって毎日相場見てたら疲れちゃうでしょ笑)
逆に言えば、ファンドに何かあっても株とは違い売却ができない。ということもあるのでファンド選びと運用会社選びが非常に重要になります。

 

<追記 2018年11月現在では更に利回りが上がっています>

(平均年利7.64%!)

クラウドバンクは元本割れ1度もなし

これはあくまで投資ですし、将来どうなるか?っというのはわかりません。
ただ現状クラウドバンクはサービス開始以来一度も元本割れをしたことがありません。
この運用実績を含めて管理人は信頼して投資しております。

証券会社が運用している

貸し金業を行うためには免許が必要となるのですが、クラウドバンクはそれよりも厳しい証券会社としても免許を持っています。
これは金融庁の審査をパスしており、より信頼できる業者となっております。
(管理人は50万程度投資しています)

下記リンクより無料で口座が開設可能です。

クラウドバンク

管理人一押し!クラウドクレジット!

業者リスク ☆☆☆☆
案件リスク ☆☆☆
利回り   ☆☆☆☆☆

世界中の国に分散投資ができる

クラウドクレジットは社会インパクト性が高いファンドや高利回りのファンドを用意しているのが特徴です。
たとえばカメルーンのカカオ農家を支援したり、ペルーの農家を支援する社会貢献性が高いファンド

ユーラシア金融事業者向けファンドなど13%の年利の高利回りのファンドが用意されています
(管理人はクラウドクレジットは社会インパクト性を重視して投資しています。詳しくは下記リンクからどうぞ)

カカオ農家を支援して利回り9%!?

ペールの貧困層を支援してみた話

元本割れは起こしたことはある

こういった高利回りの商品では当然リスクはあります。他のマネオやクラウドバンクは元本を棄損した話は今のところありませんが、クラウドクレジットは元本割れを起こしたことはあります
その分高利回りがきたいできるファンドも多くあるので、1カ国に集中して投資するのではなく、各国に分散して投資することを強くお勧めします

業者として信頼できるか?

これについては信頼できると思います。理由としては下記3点で

①伊藤忠商事がバックについている

伊藤忠がバックアップスポンサーとなっており、日本を代表する企業の支援をうけています

②今期中の黒字化なるか?

今年度中の黒字経営は難しいとの評判だったのですが、ガイアも夜明けで取り上げられていらい急速に業績を伸ばし、今期の中に黒字になりそうか?というところです。問題なければ来期は黒字になりそうです

③第一生命保険及び三菱UFJキャピタルを引受先とする約1.3億円の資金調達の実施に合意した。

これは最近のニュースなんですけど、上記有名企業からの資金調達も受けています。当然上記企業も調査を行っているので信頼できる業者として認めて貰えた。その何よりの証拠になります

初心者は何に投資すればいいの?

これだけ選択肢があると逆に投資をするファンドがわからない。その気持ちはわかります。
それならば初心者はいっそリターンマップから判断してみることをお勧めします

(目視でリスクが確認できます)
(管理人は50万程度投資しています)
東欧金融支援ファンドも償金実績もあるのでおススメ。

年利7.5%というハイパフォーマンスです!)

下記リンクより無料で口座が開設可能です。

ソーシャルレンディング



読んでくれてありがとうございます。
これら5業者が現状信頼できる業者になり、投資初心者の方であれば上記5社に分散投資をすることを強くお勧めします(常にリスクヘッジを心がけてください!)

ただ当ブログはあくまでブログなので記載できる文字数にどうしても限度があります。であればやはりソーシャルレンディングの本を一冊読んでみるとより業界のことがわかります

ソーシャルレンディングとは何なのか?やどういった案件があるのか?どういった案件に投資するのがお勧めなのか?というのが勉強できる一冊です
興味がある方は読んでみてください!大変参考になります!

NO1ブログを作ることを目標にしているので
下記リンクをクリックしてくれるとうれしいです

ブログランキングに登録しているのでよければクリックして下さい
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

facebookでいいねを押してくれると励みになります

また読みに来て頂けると幸いです
ノシ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA