[就活生必見]隠れ優良企業メーカー一覧[やりがい成長より休み!] | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

[就活生、転職者必見]隠れ優良企業メーカー一覧[やりがい成長より休み!]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はいどうもエニートです。

今回は就活生、転職希望者向け隠れ優良メーカーとなぜ隠れ優良企業ではなくメーカーの就職をお勧めするのか記事にしました。
具体的に入る手順が気になるという方は下記目次の(19)新卒で上記優良企業に入りたい場合、または
(20)転職希望者はリクルーター経由でも入れるぞをクリック
して頂けると、その内容に飛ぶようになっています。
また年収1000万が狙える高給な求人が気になる方は年収1000万越えが狙える企業一覧リンクをご参考に下さい。

Contents

みんなー隠れ優良企業の一覧だよー

 

 

【高学歴向け隠れた優良企業】
日本ガイシ 日本特殊陶業 ノリタケカンパニーリミテド シマノ 信越化学
横河電機 ウシオ電機 HOYA マブチモーター 安川電機 有沢製作所
ファナック 豊田自動織機 トヨタ車体 日産車体 富士電機  JFE JSR
アドバンテスト 豊田合成 トヨタ紡織 日立物流 日立電線 日立建機
島津製作所 日清製粉 NTN 住友倉庫 三菱倉庫 住友電工 日揮 ニコン

【中学歴向け隠れた優良企業】
アルプス電気、帝国通信 オリジン電気 カンロ トクヤマ エア・ウォーター サカタインクス
ノーリツ サトー 巴工業 オイレス工業 東京機械製作所
日本トムソン 小松フォーク アークレイ グローリー工業 山武 ミツミ電機
双葉電子工業 京三製作所 日本電子 古野電気 ホーチキ 能美防災
NOK トピー工業 松風 共和電業 エーアンドデイ アジレントテクノロジー
宮坂醸造 白鶴酒 クラヤ三星堂 大豊建設 美和ロック 大豊工業 マキタ
大崎電気 NEOMAX ニッタン リケン 前川製作所 フタバ産業
隠れ優良企業リンク元

後述しますが隠れ優良企業はあまり注目されないため、以外と人気が高くありません。その点で新卒、既卒問わずワークライフバランスを取るのであれば、隠れ優良企業が1番コストパフォーマンスが良いと思います。

隠れ優良企業の中でもメーカーを押す理由

メーカーは文系就活生、転職希望者にとって知名度が低い

上記の会社人によっては隠れてない!っていう方いらっしゃるかもしれませんが、文系就活生は知らない子は多い。

知らない子が多い=ライバルが少ない。っというメリットと、優秀な文系学生はもっと有名な会社に行くので隠れ優良企業のライバルはさほど優秀で戦いやすい環境がそろっています。

松風?ああ花の慶次に出てくる馬の名前?

エアウェーターってウォーターサーバーでも売ってるの?

文系学生の知識なんてこんなもんです
(私もこんなもんでした)

メーカーは休みが多い

上記メーカーは労働組合が完備されているところも多く、年間休日数も多い。
ですので間接部門(営業とかではなく総務など)に紛れ込んでしまえばこっちのものです。年間135日程度の休みは狙えるのがメーカーです。
また労働組合が機能していると言うことは残業時間も規制されています。つまりアフターファイブを楽しめる会社が多い。

今の若い子はお金よりも時間が欲しいという子がおおい。
であればメーカーを強くお勧めします。(更にすすんで資産運用を始めると残業代は余裕で賄えます。)

メーカーは無能にとって天国

よくリクナビとかマイナビ見ているとできる社員はこうだ!や何年目から海外いけます!!という言葉が踊っています。
ただこれ仕事ができる有能になれた場合の話では無能だったらどうなるかというと金融なら吐くほど詰められます
旅行やブライタルは職場で無視されますし、蟻さんマークだとシュレッダー係に任命されます

就活生の子に聞きたいんですけど、君たち謎の万能感持ってますよね?冷静に考えて下さい。

中高大。何かすごい実績を達成しましたか?

やめておきましょう。安全に生きましょう。
上記メーカーは贅沢はできなくとも奥さんを捕まえて、子ども二人くらいは養える給料は貰えます。

それで良いじゃないですか。

世界を変えるのは一部の天才に任せて、我々凡人はやれる範囲で楽しく生きていきましょう。

上記メーカーで仕事ができなくても苦笑いで済ませて貰えて、仕事ができない人が集まる部署に配属させて貰えます。
こういった労働者に優しいのも隠れ優良企業の特徴です。

メーカーは年功序列でボーナス多い

これも我々無能にとってもメリットと言えます。ボーナスが多いと言うことは普段の業務の能力差にあまり影響されない給与体系になっていると言うことですね。

ちなみにこの記事は平日の夕方6時に自宅から酒を飲みながら書いています。(ホワイト企業万歳)

私はまだ20代なんですけどボーナス1回につき約70万程度入るため、大学生の年間のバイト代程度になります。

(ちなみに上記メーカーのどれかに所属しています)

 

日本企業なんて給料そこまで変わらないから時間優先で資産運用すればオッケー

難しく考える必要はありません。日本は他の諸外国と違い、能力で給与面に差がつかず、一律で給料があがっていきます。ですので分相応の生き方に気がつき、
超有名な大企業ではなく、隠れホワイトのメーカーに潜り込む。

そして確定拠出年金、積み立てNISA、ソーシャルレンディングなどの資産運用を行う

そうするとあら不思議。ヤフコメで苦しい。安倍が悪いと書いている人生と異なり、そこそこの会社で働き、老後にはまとまった資産がある幸せな人生が歩めます。

会社には1割の自覚している無能がいる

残りの8割は自覚していない無能で、1割が有能です。つまり大多数が管理人の仲間です笑
そんなもんです。会社なんてものは。だからこそ若いときから資産運用方法を身につけて幸せな人生を歩んで欲しい!っと思います。

転職希望なら上記会社に行きたいとエージェントに伝えろ!

このページにたまたま転職希望で記事を見かけた方。幸運にもこの好景気のおかげでほとんどの会社が人材を募集しています。
隠れ優良企業に潜り込んで幸せな人生を歩みましょう。
特に20代なら案外簡単に紛れ込めます。

入社半年程度の転職は難しいのは事実。
とはいえ私の友人はブラック企業から入社9ヶ月で20代向け転職サービスneoをつかい上記優良企業のどれかに入社しました。
ですので特別難しい訳ではありません。彼は営業ですが、やはり隠れた優良企業の製品は品質が高い。
基本的にルートセールスで顧客からこの製品が欲しいといわれる会社のため仕事自体そこまで大変ではありません。
(売れないウォーターサーバーを電話営業で売ろうとしていた前職のがはるかにつらかったとのこと。)

neoは20代の向け隠れた優良企業の求人案件を多く用意しています。大手企業のグループ会社や目立たない分野でシェアが高い会社なの求人案件が多い。
詳しい案件に興味がある方は下記公式サイトでご確認ください。

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】公式サイト

隠れたBtoB企業から選ぶなら下記から選ぼう!(追記)

反響が大きかったので、更に細かい情報を付け加えました。下記企業は基本的にBtoB企業。
BtoBの意味は会社と会社のやりとり。つまり消費者とやりとりをしなくていいので、クレーマーに近い人とやりとりをしなくて済みます。
正直モンスタークレーマーが取りざたされている中、BtoCに入って消耗する必要がありません。
BtoB企業でスマートに働きましょう。

業界 企業名
電気機器 ミツミ電機 大崎電気工業 双葉電子工業 京三製作所 日本電子 古野電気 IDEC 岩崎通信機 浜松ホトニクス ナブテスコ 小野測器 アドバンテスト 日本光電工業 ヒロセ電機 ホーチキ 能美防災 NEOMAX ニッタン エスペック HIOKI 電気興業 リオン
精密機器 松風 トプコン 共和電業 エー・アンド・デイ
輸送用機器 三井造船 リケン フタバ産業 NOK カルソニックカンセイ トピー工業
機械 小松製作所 住友重機械 オムロン 横河電機 ファナック 安川電機 クボタ アドバンテスト 東京エレクトロン 大日本スクリーン製造 島津製作所 サトー 巴工業 オイレス工業 オルガノ 東京機械製作所 大豊工業 タクマ マキタ 共立 日本トムソン 小松フォークリフト 山武 トリニティ工業 TCM 日本金銭機械 マックス クボタ アイダエンジニアリング 小田原エンジニアリング 蛇の目ミシン工業 帝国ピストンリング 井関農機
電子部品・半導体 TDK 日東電工 村田製作所 浜松ホトニクス アルプス電気 太陽誘電
自動車部品 デンソー 豊田自動織機 アイシン精機 スタンレー電気 日本発条 矢崎総業 日本精工 ジェイテクト NOK 曙ブレーキ 日立オートモティブシステムズ カルソニックカンセイ
金属製品 ノーリツ SUMCO パイオラックス
非鉄金属 住友電気工業 古河電気工業 JX日鉱日石金属 三菱マテリアル 住友金属鉱山 東洋製罐 古河スカイ 京セラミタ
石油・石炭製品 松村石油研究所 東亜石油 富士石油 アラビア石油
ガラス・土石製品 旭硝子 日本電気硝子 日本ガイシ 日本特殊陶業 JSR 日本ゼオン オハラ 日本山村硝子 東海カーボン
化学 ※業界全体がホワイト体質 信越化学 大陽日酸 昭和電工 クラレ 東ソー 三菱ガス化学 エア・ウォーター 宇部興産 トクヤマ 関西ペイント 高砂香料 日本触媒 DIC
医薬品 大鵬薬品工業
食料品 昭和産業 協同飼料 日本農業工業 日本甜菜製糖 ミヨシ油脂 日本食品加工 日本配合飼料 カンロ メルシャン ブルドックソース 和光堂
繊維製品 日本バイリーン
パルプ・紙 北越製紙 三島製紙
その他製品 ローランド ディー.ジー. アルファシステムズ
水産・農林 ニチロ
鉱業 関東天然瓦斯開発
建設 大豊建設 奥村組 東洋エンジニアリング 千代田化工建設 高砂熱学工業 日本電技
海運 飯野海運 新和海運 太平洋海運 共栄タンカー 川崎近海汽船 第一中央汽船
倉庫・運輸 伊勢湾海運 東洋埠頭
情報・通信 電通国際情報サービス 日本デジタル研究所 インテージ
卸売 都築電気 兼松エレクトロニクス 三谷商事 三信電気 カナデン 伯東 三愛石油
金融 上田八木短資 セントラル短資 東京短資
不動産 東京楽天地 平和不動産 有楽土地 横浜地下街
サービス 乃村工藝社 丹青社 東京テアトル オーエス 電通テック 東海カーボン ハリマ化成 東京都競馬 よみうりランド 東京ビッグサイト 東京ドーム ホソカワミクロン

隠れ優良企業一覧より

隠れ優良企業リンク元

 

隠れ優良企業の年収について

評判がいい記事なので参考までに隠れ優良企業の年収のリストを加えました
ただ勘違いしないで欲しいのはこの企業群の中で年収が高いからホワイト。年収が低いからブラックとはなりません。
むしろ低い会社は残業がすくないという会社になります。
隠れホワイトの中でも残業が多めで年収が高い方がいいのか。それともとことん残業が少ないことにこだわるのか?

その基準で会社を選ぶというは私の中ではありな選択になります

【食料品】
・昭和産業:673万円
・協同飼料:573万円
・日本農業工業:632万円
・日本甜菜製糖 :665万円
・ミヨシ油脂:644万円
・日本食品加工:745万円
・日本配合飼料:570万円
・カンロ:567万円
・メルシャン:665万円
・ブルドックソース:588万円
・和光堂:647万円

【繊維製品】
・日本バイリーン:646万円

【パルプ・紙】
・北越製紙:613万円
・三島製紙:591万円

【医薬品】
・大鵬薬品工業:880万円

【石油・石炭製品】
・松村石油研究所:738万円
・東亜石油:733万円
・富士石油:800万円

【ガラス・土石製品】
・オハラ:540万円
・日本山村硝子:580万円
・東海カーボン:570万円

【非鉄金属】
・古河スカイ:683万円
・京セラミタ:668万円

【金属製品】
・ノーリツ:687万円
・SUMCO:596万円
・パイオラックス:606万円

【機械】
・サトー:772万円
・巴工業:727万円
・オイレス工業:763万円
・オルガノ:615万円
・東京機械製作所:588万円
・大豊工業:593万円
・タクマ:757万円
・マキタ:684万円
・共立:450万円
・日本トムソン:612万円
・小松フォークリフト589万円
・山武:744万円
・トリニティ工業:529万円
・TCM:589万円
・日本金銭機械:669万円
・マックス:721万円
・クボタ:808万円
・アイダエンジニアリング:664万円
・小田原エンジニアリング:689万円
・蛇の目ミシン工業:600万円
・帝国ピストンリング:690万円
・井関農機:632万円

【電気機器】
・ミツミ電機:617万円
・大崎電気工業:638万円
・双葉電子工業:622万円
・京三製作所:664万円
・日本電子:723万円
・古野電気:588万円
・IDEC:621万円
・岩崎通信機:634万円
・浜松ホトニクス:643万円
・ナブテスコ:711万円
・小野測器:693万円
・アドバンテスト:730万円
・日本光電工業:870万円
・ヒロセ電機:777万円
・ホーチキ:716万円
・能美防災:689万円
・エスペック:694万円
・HIOKI:694万円
・電気興業:625万円
・リオン:717万円

【輸送用機器】
・三井造船:603万円
・リケン:647万円
・フタバ産業:593万円
・NOK:714万円
・カルソニックカンセイ:605万円
・トピー工業:605万円

【精密機器】
・松風:765万円
・トプコン:812万円
・共和電業:675万円
・エー・アンド・デイ:702万円

【その他製品】
・ローランド:672万円
・ディー.ジー:670万円
・アルファシステムズ:588万円
隠れ優良企業一覧より

隠れ優良企業リンク元



金が全てじゃないけど金がないと何もできないし、ブラックで働く奴はださいよね

この記事を書いている私個人の話なんですけど前職はブラックでした。
(その中でも残業しないようなポジションを作り上げた私の才能はすごい笑)

その会社の中で30代子ども二人の人間が、
俺はこの会社で根性がついた&手取りで20万あればなんとか生きていけるとほざいていたおっしゃっていたのを覚えています。

ここをやめた奴が他で成功しているとは思えないとおっしゃっていましたが、多分経済用語でいう損切りができた方達なので最低限の年収は貰えています

こういって金を否定して、環境をかえる努力を否定し、ブラックを肯定する。
そんな人生を歩んでほしくないからこそこの記事を参考にしてホワイト企業に入社して欲しいと切実に思います。


業界的にホワイトと言えるのは?

まず地方公務員(国家は激務です)の予算があるところ。公務員でひとくくりにされますが大分違います。

またインフラ系や石油系、化学メーカーが一般的にはホワイトだと言われています。

運送では海運がお勧めです。

業界的にブラック

これらの業界がいわゆるブラック業界です。
具体的に言うとIT業界。納期納期で返れません。

またアメリカは高給取りの仕事ですが、なぜか日本は給料が相当安いです。
飲食、小売り、不動産(営業)、介護なども激務がおおく、お勧めできません(やりたいというなら別ですが)

 

無駄な環境で努力するのは意味が無い

はっきり言ってしまいます。日本では努力すれば報われるという誤っている幻想に陥っています。
たとえばホテル業界。ここは慣例的に残業代をつけない。当たり前になっています。
日本人は非常に同調圧力に弱い
周りが残業代をつけないと何故か残業代がないのは当たり前になります。(これって不思議ですよね。原始人でもマンモス狩りに参加したら分け前を要求します。)

そういった愚かな環境で努力する必要はありません。
転職して優良企業に紛れ込むのをお勧めします。

 

残業代を払わないのは犯罪です!

この業界は平均年収300万円台

たとえば東横インは東横インメンバーにお客さんを勧誘すると300円程度貰えます。
努力すると300円貰えます。正直そんな年収300万の業界で300円を追い求める努力をしても、年収は雀の涙しか増えません。

逆に上記の隠れホワイトなら年6000~10000円程度月収が上がります。

どちらの環境で努力をした方がいいか?自明ですよね。
(外資にいけば10万単位で月収があがりますが、死ぬほどキツい。

となるとこの隠れホワイト企業をお勧めする記事にはそぐわしくないと思います。)

就職活動で見えなくなっていますが、我々はドラゴンボールで言えばモブです

就職活動をしていると
おっ、この社会人かっこいい!年収すごい!っと達成できるはずがないのになぜか自分もそうなれると勘違いしがちです。

ですが我々はドラゴンボールで言えばナッパのクン!でやられるモブキャラです。
間違ってもz戦士になれるとおもってはいけません。
年収一千万を30代以下で貰える人や、世界中を飛び回れる人材はほんの一握り。

それをめざすよりも、現実的な隠れホワイトを目指しましょう。

ホワイト企業に入ればそれなりに幸せな人生が楽しめます!

隠れホワイト企業を探すのであればリクナビマイナビより四季報

当たり前のことですけど、リクナビ、マイナビはお金も貰って企業の記事を書いています。
ですので良い事しか書いてありません。
どんなブラック企業でもまるでホワイト企業だと勘違いさせる文言が並んでいます。

一方四季報は平均年収や平均勤続年数,有給消化率や平均残業時間についての正確なデータで乗っています。

平均勤続年数が数年の会社すら褒め称えるリクナビ、マイナビなど信頼できるのでしょうか?
四季報と、リクナビマイナビどちらが信頼できるか自明ですよね。

四季報は学生のお小遣いでは厳しい値段とも言えるかもしれませんが、一生を決める就職活動です。
必ず一冊手元に置いておきましょう。(業界地図など多くの就活本がありますが、基本的に四季報が一冊あれば十分です。)

ありさんマークの引越センターは超ブラック企業

某引っ越し会社でシュレーダー係に人を追い込み、
裁判官からがち説教(裁判所でがち説教される会社は初めて見ました笑)を食らった(〇りさんマークの引っ越しほにゃらら)会社でも
リクナビマイナビをみると、労働環境が整っているホワイト企業ではないのか?と勘違いさせる文言が並んでいます。

こういった偽の情報にだまされず、きちんと休める会社に入社しましょう。

転職会議やvorkersを活用しよう

両方とも登録が必要な会社の評判がみれるサイトです。

転職会議は月980円かかります。
なぜこのサイトが参考になるかといえば、今までその会社で働いた人が書いている感想だから。

リクナビマイナビでお金をもらったリクルートが書いた記事とその会社で働いていた人が書いた感想
どちらが信頼できますか?
vorkers
実際その会社で働いていた人が書いている残業時間とかですし、有給についてもリクナビとかに書いてある数字よりよっぽど信用できます
特に良い評判はそこまでの精度はないですけど悪い評判は間違いなく当てになります。

前の会社も今の会社も指摘を見てみましたが、悪い評判は当たっていました。

評判は必ず調べましょう。そして新卒で就活するなら四季報はマスト

あなたが転職希望者の場合

間違ってもハローワークに行ってはいけません。
空求人も多く、ブラックが多い。
そして万一ブラック企業で働いている場合。
残業代が出ない会社が世の中には28%あります。逆に言えば残りの72%は残業代を払います

払わない会社は犯罪者!
これを覚えておいて下さい。
であればプロのリクルーターに相談する。この方法もありだと思います。
例えば関東地方の1都3県で転職を考えている方ならconnectも選択肢としてあります。

というのもコネクトは首都圏+愛知の大企業に特化しています。やはり東京や愛知の方が会社が多い。会社が多いということは当然優良企業も多い。
特化している会社の強みは、範囲が狭い分コネクションが強くて多いこと。

connectはその名の通り求職者と企業のキーマンをダイレクト。
キャリアとマッチさえしていれば役員面接からスタートさせてくれます。(最終面接)その為転職活動期間が非常に短く、転職活動開始から1週間程度で内定がでることもあります。

早期に転職先を見つけられますが、企業のキーマンと直接話せるためにミスマッチも少なく、非公開求人も非常に多い。そのため首都圏や愛知県で隠れた優良企業に転職活動するのであればconnectも有力な選択肢の一つ。
connectの具体的な非公開求人の内容や、転職先の給与を含めた待遇は下記公式サイトにてご確認ください。

CONNECT公式サイト

 

最後になりますが

就職活動は大変だと思いますし、この記事にたどり着いた方は超有名大手に残念ながら落ちてしまった方が多いと思います。
個人的にはそれは良かったのかな?と思います。誰もが知っている超有名大手。これは本当に優秀な人材が集まってきます。

先輩も優秀。高年収故に仕事も激務になります。
就職活動時は視野が狭くなりがち。
ですので有名大手にいくことが全てと感じしまいます。

ですが本当にあなたは激務高給にいきたいのでしょうか?
それでも激務高給にいきたいと思うのであれば、是非いくべきだと思います。

逆に子ども2人くらい作れてそれなりの生活をめざすのであれば隠れホワイトを目指す。
世界を変えるのは天才に任せて我々凡人はそれなりに生きていくのもあり。

まあ人生なんて何をしてもありなんです。
避けなければいけないのは長時間労働をして残業代を払わないブラックだけは避けること。
人生は一度なので楽しんで生きていきましょう。
就職しても悩みはつきません。そのときはこの記事をよんで元気を出して下さい。

日本人って努力すれば環境に勝てるって大きな勘違いをしている件

超大起業でも残業代がつかない会社もある

私の知っている会社なのですが従業員が2万人以上の超大企業があります。
ですが残業代が全く出ません。(普通に犯罪です)

この記事にたどり着いた方はその超大企業群に落ちた人が多いと思います。
ポジティブに考えましょう。落ちたからこそ隠れホワイト企業に入れると!
隠れホワイトで残業代が出る会社で楽しい社会人生活をしましょう。
今回書かれている隠れ優良企業が載っている四季報はこちらになります。

新卒で上記隠れ優良会社に入りたい場合!


二通りにの手段があります。

いわゆる通常ルートであるリクナビやマイナビを使って入社する。
隠れた優良企業であるためライバルは正直超巨大企業に就職するほどの人材ではありません。

ですので文系で受けに行っても十分勝ち目があると思います。

二つ目は新卒用リクルーターを使ってしまうのも手です。

多数の学生を見てきたアドバイザーが、受かるES、GD、面接ノウハウを直接教えて貰う。

ある意味通常のルートの入社の仕方でないと思ってしまう新卒の子もいると思います。(リクナビ、マイナビ経由ではないです。)
しかしそれが果たして悪いことでしょうか?

逆に自分にマッチした会社に入って超お金持ちになれなくても幸せな人生を掴みたい。そういって主体的に動く新卒の子こそ幸せになれます。

たとえばROOTSは面接、内定、入社に至るまで担当が最後までしっかり面倒をみてくれます。
その為内定率が非常に高いのですが、それよりもその後の離職率の低さが特筆事項です。

新卒の3割が3年以内に辞めるのに上記サイトで入社した子はほとんど辞めません。

ニッチの高いシェアの企業や大企業のグループ会社など比較的残業時間が少ないといわれる業界とのコネクションが強みです。

隠れた優良企業に強いROOTSとこの記事を読む就活生のニーズは一致しています。

適性を見て、アドバイスをくれるROOTsは就活生の強力なサポートになってくれます。
Roots公式サイト

私自身最初の会社がブラック企業だったので、新卒の方には隠れ優良企業に行って貰い、幸せな社会人生活を歩んで頂けたらと思います。

転職希望者は上記会社はリクルーター経由でも入れるぞ!


転職希望者も上記会社に入社できます。

理由は簡単で、昨今の人手不足のため上記隠れ優良企業はは中途でも多くの採用があります!

中途は新卒と異なり、隠れた優良企業に入社するとなるとリクルーターは必須

上記優良企業の案件はハローワークではなく、
リクルーター経由で募集されているためです。
転職リクルーターも無料で使えるため、相談しながら自分にあった隠れた優良企業に転職しましょう。

隠れた優良企業に入社するなら現状DUDAがおすすめ。
というのも案件が豊富であり、リクルーターもプロフェッショナルなので希望にあった会社を見つけてくれます。

メリットは案件の豊富さだけでなく、非公開求人が非常に多い。

他の転職サイトでは募集されていない優良案件も多く募集されています。

転職希望で本記事を読んでくださっている方のニーズと一致していると思います。
案件も豊富なので隠れた優良企業+高年収の案件もありますし、やりたいことにマッチした求人も多くあります。

私自身DUDAを使って上記隠れ優良企業に入社しました。

転職先を探してくれたり、職務経歴書の添削を行ってくれたというありがたい思い出があります。

(職務経歴書ってすごく書くのが難しかったです。
というのも退職をポジティブに記載し、企業にとって魅力的な人材に見えるように、履歴書と共に記載しなければならないためです。)
私は幸運にもリクルーターの方が熱心で、多くの会社を調べてくださり、転職させて頂きました。

(今もたまに連絡をとりあったり、転職したい友人を紹介したりしています。そういった人としての信頼関係も築けたことが個人的にうれしかったりします。)

DODAの具体的な案件などは下記公式サイトよりご確認ください。

業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODA

若い方。特に20代で転職を考えている。
または現在フリーターであるというのであればNEOがすばらしい。

上述したことですが私の友人が新卒で入った会社は長時間残業で休みが少ない会社で精神的に限界を迎えていました。

彼は思い切って下記転職サイトに入社9ヶ月で登録し、無事転職先を勝ち取り、休みが多いゆとりのある生活を楽しんでいます。

9ヶ月の転職は相当早いです。(大体2年目くらいの方が多い。)
早期の離職だと正直難しい点もあります。

とはいえ、この人手不足の影響などで早期離職を特に問題視しない優良企業が増えているのもまた事実。

そうなると貴方にマッチした隠れた優良企業を探してきてくれるneoで転職するのもあり。

20代向けの案件数では現状1位なのではと思うほど、豊富な案件が用意されています。

個々人で希望がことなるとは思いますが、案件数も多く、相談もしやすいので20代の転職ではneoに優位性があります。

私の友人も早期転職のため、転職できるのか?や根性がないのではと悩んでいました。

ですが新卒を夜遅くまで働かせるのはどう考えてもその会社が悪い

リクルーターの方は非常に優しい方が多く、一生懸命転職先を探してくれます。
私自身リクルーターの方にもお会いして、受けた印象は非常に誠実。

20代でブラック企業で苦しんでいるのであればneoが間違いなく一番いい。(友人を転職させてくださいましたしね^^)

第二新卒エージェントneo by ネオキャリア

転職するのにリクルーターが何故必須になるかといえば、理由としては2点。

まず1点目としてこういった隠れた優良企業の案件はハローワークでは募集されていません。転職リクルーター経由で募集されていること。

2点目としては転職サイトも無料で使えるのにもかかわらず、優秀なエージェントも多く、貴方の転職をサポートしてくれこと。

上記が隠れた優良企業についてになります。
就職希望者も転職希望者も隠れた優良企業に紛れ込み、自分が納得できる社会人生活を手に入れてください。

私も友人も勇気を出して転職して本当に良かった

平日の6時半から一緒に食事に行ったときに心の底からそう思いました!

 

 

<追記>

この記事が有名になったおかげで多くの方が幸せなホワイト企業に転職できました。
個人的な満足かもしれませんが、ブログや個人的なラインを通して、各々幸せな会社に入社できたという報告を受けるのはこの記事を書いて良かったと思います。

私自身ブラックで働いていたので気持ちはわかります。悩みがあったら就活生でもききますし、転職希望者でも話してください。私自身がこういった記事を書くモチベーションになります。

この間neoでホワイト企業に転職できたというのをブログを通じて報告をうけたのですが、自分のことようにうれしかったです。

再度になりますがブラック企業で不幸な人生を歩む必要はありません。転職しても良いんです。

3年つとめないと転職できないというのは嘘です。
1年でも転職して良いんです!

3年間もブラック企業に勤めたら、心は壊れますし、逆に他の会社では通用しない人材になります。

ですので自分に合う隠れた優良企業で幸せな人生を歩みましょう!
20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA