無能でも生きていける国だし戦略次第では簡単に有能に勝てる(実談) | 週刊 資産運用通信! (社会貢献と資産運用の両立)

無能でも生きていける国だし戦略次第では簡単に有能に勝てる(実談)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はいどうもエニートです
今回はこの国は無能でも生きていけるし、なんなら出し抜ける。

だから仕事ができなくても気にするなという管理人が自己弁護のような記事を書きます笑
僕自身が無能なのでもしかして自分が無能なのかもしれないと不安を抱いている若い子の力になれたらいいなと思います

①日本は無能でも生きていける

アメリカの場合

アメリカって国は恐ろしくて年収3000万超えがごろごろいるかわりに本当に100万程度しか稼げない人間
上流と下流が完全に分断されている社会で、超学歴社会になりつつあります。
(日本とくらべものにならないくらい厳しい)

特にハーバード大学なんて学力だけなく親の財力を調べて入学ができるかどうか決まりますからね。
アメリカでは全く違った意味で小学生がよく使う「お勉強だけできても意味がないんだよ」と言葉が真実です。
(お金もないとねぷぷぷ。っていうある意味恐ろしい世界。ですので下層に生まれてしまうと、日本みたいに東大に入って逆転!!
っていうのは相当厳しいとしかいいようがありません。というかどうやったら逆転できるんですかね?)

イギリスの場合

身分制社会です。つい最近まで同じ階層しか入れないパブリックバーがありました。階級が違うとけして交わることがない階級社会。
(逆に言えばイギリスの上流階級に生まれれば無能の私でもうまく生きて行けたんですかね?)

日本の場合

いやもうこれ相当甘いですよ。日本は良くできた社会主義国家とたとえられてましたが、最近まで一億総中流っていわれてた社会ですから。
サラリーマンもそうです。よっぽど大企業に入らない限り20代で年収500万を余裕で超えることはないわけで。

300~400万っていう範囲の中に大多数が収まるわけですから。アメリカだったら3000万~100万が当たり前ですからね。
だいたい日本はブラック企業も多いけど多い理由が社会の流動性がないからですからね。転職のハードルも高いわけですし。

何故こんなに低いかというと逆説的になるけど労働法が死ぬほど労働者目線の法律なんですね
(自主的に社畜になりさがる奴さえいなければ日本の法律は最高ですよ)簡単に解雇ができない。
違う部署にいかせたりして会社がつぶれそうなどの理由があって本当にどうしようもない時のみ解雇できるんですよ。
それくらい労働者は守られている。その結果仕事ができる人にしわ寄せがいくのに給料が上がらないっていう現象が起きるんですね。

管理人もできないサイドだから気持ちがわかる

いやこれはもうセンスの問題だから仕方がないんですよ。どうやっても仕事に集中できないし、覚えようとしても覚えられない。

管理人興味があることに対しては異常に知識があるんですけど、一般常識とか全然わからない。多分覚えられないんでしょうね。

昔は悩みましたが、もう自分自身が無能なのは受け入れているので、特に問題ないかと。ただその分できない子の気持ちがわかります。
だって自分自身ができないんだもん笑

自分の能力を客観視してみた

管理人      普通の人
仕事能力 1      3
社会常識 1      3
マナー  1      3
語学力  4      3
資産運用 4      3
真面目さ 1      3
書く力  4      3

管理人 16点 普通の人21点
もう完敗ですよ。どうやったって私は人並みになれない。集中力もないですし。

ただその人より無能だと気がついたとき、ここで人並みになれないからあきらめるのではなく、どうやったら抜き返せるか考えてみた。

① 真剣に仕事のことを土日も勉強する

これは却下ですね。土日は遊ぶためにあると考えていますし。ここですべてのリソースを割いたところで人並みになれるかどうか=年収400万くらいまであがるか。って話ですからね。
この件にかかわらず世の中すべて苦手なことを克服するより得意なことを伸ばした方がマネタイズできるようになっています。

誰かからしかられるのがいやだったら苦手なことを克服すればいいし、成功したかったら得意なことを伸ばす。(byアメリカで成功した人)って言葉は多分本当

②いろいろなサイドビジネスで稼いでみた

これはよかったですね。
結果が良かったというよりも視野が広がりました。世の中口ではサラリーマン以外では稼いでいる人がいる。
これはわかってはいるんですけど、結局はサラリーマンをやっているわけで。ですので会社以外から金をもらう手段はいくらでもある。金額以上の価値があるんじゃないかなと思いました。
そしてその事実は経営者にとって都合の悪い事実だなぁとも同時に思いました。

副業禁止とかにして会社に縛り付けるしかないと思うんでしょうね。
幸い社畜という経営者に都合のいい生き物がいるわけで、それを使って自分で未来を切り開こうとするやつを叩かせれば良いんですよ。
人間っていうのは環境に弱い生き物なので叩かれると弱ります。だからこそ視野を広げなければならないんだろうなと思いました。

③資産運用してみた

これが一番ですね。年利8%くらいで運用するのは正直難しくないんですよ。
確定拠出年金とかは負けようがない資産運用ですし。インデックスファンドも去年30%くらい増えましたし、自社株でもまとまった額になりました。

そこで贅沢するのではなく、いろいろなものに再投資してみた。その結果こういう風にブログにかけるようになった訳ですし。

こういった資産運用の記事おもしろいから読んでるよって言われるのがうれしい。

それが日々のモチベーションになってますね。今じゃ発展途上国を植民地化するよりそこにコカコーラを売った方が儲かる。
そう言われている時代なので常々資産運用を考えておく。それが今後大切になってくるという確信があります。そしてそれにこのブログを役に立ててくれればなとも思いますね

 

残業代稼ぐより遙かに効率がいい

上記に記載していることをした結果有能で普通に残業して稼いでいる人より管理人の方が年収が多い(有能な上に資産運用もすごい。そんな人は私からしたら神なので比較しなくていいです)。
この話から別に管理人が有能なんだ!ってことを自慢したいとかいうわけでなく(実際仕事面では無能ですし)、俺は無能だ!もうだめだ!っとどんどん自分をせめこむデフレスパイラルに陥るのではなく、
無能だけどこれはできるな。

こういったところの才能を伸ばせば戦えるor豊で楽しい人生を歩めるな。と自分の長所をのばすように考え方をシフトチェンジしてもらえればいいかなっと思います

読んでくれてありがとうございます。
いつかみんなの役に立つ方法を書いた本を出したいのう。

下記リンクをクリックしてくれるとうれしいです


ソーシャルレンディングランキング

あとfacebookでいいねしてくれると励みになるのでうれしいです^^

人生を楽しみましょう。

このブログがちょっとでもおもしろいと思ってくれた方。

是非ブックマークして暇なとき読みに来てくれるとうれしいです^^

 

ノシ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA