グラミン銀行の理念!ペルーの貧困層に投資も100%の債務保証!?

グラミン銀行の理念!ペルーの貧困層に投資も100%の債務保証!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はいどうも管理人です。

で今回はソーシャルレンディングで

ペルーに投資した話を書こうかと

前回はカメルーンだったんで、アフリカの次は南米にしようかなと

カメルーンの話は下記リンクから

カメルーンの農業支援ファンド 社会貢献と資産運用を両立

利回りが低い代わりに100%の債務保証

今いつも使っているクラウドクレジットでは

ペルー向けファンド二つ出てるんですけど

今回はペルーマイクロファイナンスに投資した話を書こうかと

そもそもマイクロファイナンスって何?って話なんだけど

貧しい人々向けに小口の融資や貯蓄などの金融サービスを提供する

マイクロファイナンスって何?

マイクロファイナンス(小規模金融) とは、

貧しい人々に小口の融資や貯蓄などのサービスを提供し、

彼らが零細事業の運営に役立て、

自立し、貧困から脱出することを目指す金融サービス

つまり発展途上国に低利子で投資して

途上国の人も生活できるようになりハッピー

出資者も社会貢献しながらお金が増えてハッピー

っていう

非常に管理人好みのファンド

これはノーベル平和賞を受賞したムハンマドユヌスがはじめたグラミン銀行を元にしています。

グラミン銀行って何?

グラミン銀行では、貧困層向けに事業資金を融資し、生活の質の向上を促す活動を行っている。バングラデシュにおいては「16の決意」と呼ばれる価値観を広めている[8]。グラミン銀行の全ての支店で借り手は16の決意を暗唱し、守ることを誓う。その結果、借り手は良い社会習慣を受け入れるようになる。16の決意を採用するようになってから、ほとんど全ての借り手が学齢に達した子どもを入学させるようになった。このような行動は社会の変化を促し、次世代の教育にもつながっている[9]。 メンバーになるには、土地無しか、0.5エーカー(2,023.42821平方メートル)未満の耕作地しかもっていないことが条件である[10]。 銀行は顧客に対し担保を求めない代わりに、顧客5人による互助グループをつくることが条件として求められる。これは、それぞれが他の4人の返済を助ける義務があるが、連帯責任や連帯保証ではなく、他のメンバーに本人に代わっての支払いの義務は生じない仕組みである[4]。しかし、実際にはしばしばグループのメンバーが返済できないメンバーの肩代わりをすることがある。銀行はそのような行動を借金を重ねることの無いよう方針として是認している[11]。銀行と借り手の間には法的な文書の契約はなく、システムは信頼を基礎として機能している[12]。融資以外にも不慮の出来事が起こることに備え、緊急基金やグループ基金の形で定期的に預金することをメンバーに求めている[13]。得られた利益の全額が災害時のための基金にまわされる。大規模商業銀行では女性が融資を受けることができず、グラミン銀行が女性に焦点を当てているため、借り手の97%が女性である[4] 。グラミン銀行は、5000万人近くのバングラデシュの顧客の半数以上が絶対的貧困から脱出し、学齢期の子どもは全て学校に通い、全ての世帯が一日三回食事をし、清潔な水を飲み、衛生的なトイレと雨漏りしない家を持ち、ローンを週に300タカ返せるようになっていると主張している。

wikipediaより

以前カンボジアについての記事を書いたのですが、こういった発展途上国って社会的弱者がお金を借りようとするの年利100%とか取られる世界です

その中でムハンマドユヌスがはじめたグラミン銀行は貧しい人に低金利で貸すその点で画期的なシステムです

世の中寄付だけで世界を変えるのは無理

そこを勘違いしている奴がきっとこういったファンドを批判するんでしょうね

寄付は無理でも投資ならできるよね

月1万発展途上国になんらかの形で支援するファンドを購入することは可能
(債務保証がついているものもありますし)

でも

月1万発展途上国に寄付するのは間違いなく無理

そんな生活に余裕ある奴ばかりではない

そしたら俺はこう思う

人間の金を増やしたいという欲と社会貢献したいっていう欲

それを正しく混ぜ合わせば社会は絶対良くおもしろくなっていくと!

話を戻します

債務保証付きのペルーのファンドは初めて投資する人に勧めやすい

ペルーのファンド

これはおもしろい

タイトルの3大理由と共に説明していこうかと

貯蓄信用組合F社の職員(左)と資金の借り手の農業従事者

① ペルーっていう国の国民は勤勉。家族を養うためにお金を借りたい

今回のお金の貸し手になるF社なんだけど

F社は 創業以来23年、既存の金融システムから融資を受けられなかったり、

預金ができなかった人々に対して適正な金融サービスを提供する「金融包摂」(ファイナンシャルインクルージョン)を促進すべく活動しており、

ペルー南部のアレキパ地域におけるこの分野のリーダー的機関として活躍しています。

ペルー南部の農業従事者が貧しい理由は間違いなくお金が借りれないから

顧客の75%は人生で初めての借り入れである事、主に既存の金融機関のサービスが及ばない農村部で活動していること

(顧客ターゲット層の80%は農村部の住民)、

98%の顧客に対しては担保なしでクレジットを提供していること等から、

F社が存在しなければ金融サービスを受けられなかったであろう人々にサービスを提供していることが分かり、高い社会性を有している

これが大きなポイントかな

まず23年以上運営できているF社は財務的に健全
(F社は財務面でも健全な経営を続けています。創立以来順調に業績を伸ばし、2017年10月時点での貸出総額は約6千4百万ソル(約22億円)を越え)
だし、社会貢献性が高い

② ペルーのアスパラガスはうまい

発言レベルが突然落ちましたね笑。実際うまいんですよ。ペルーのアスパラガス。

でこれを作っているのが今回のペルーの南部。この地方は上手いアスパラガス作るんですけど貧しいんですよ。

ただお金がないから安定した生産ができない。(良い農具も買えないとか理由はいろいろ)

個人的にはこのアスパラガスは安定して世界に供給してほしい。だってうまいもん。

③ このファンドを通して南部の子どもたちが学校に行けたり、女性が自立できるから。

結果の平等は必要ないけど、機会の平等は必要だとおもう。

日本でも奨学金が返せないって話題になってるけど(この奨学金の旨さについてはまた今度書きます)

冷静にペルーやカンボジアの子と比べてごらん。

マイクロファンドを通して支援する子は小学校もいけないようなレベル。

逆に奨学金で破産とかいってるやつって大学に行けるくらい余裕あるんだぜ。

月2万をほぼ無利子で返せばいい。こんなんマイクロファイナンスで支援されてる子たちにいったら

目を丸くして驚かれるレベル。マジで日本の奨学金制度はおいしい。

話を戻すけど、やっぱり子どもには学校に行って貰って将来その国を担って貰った方がいい。

なのでこのファンドを通じて投資する俺もハッピー。子どもたちにもハッピー

こうなって貰っていやーいいことしたなー。って思ってビール飲みたいなっと思ったので

上記三点の理由からこのファンドに投資をしました

④利回り2.5%ながら100%の債務保証

この利回りだと果たして投資か?というと多少疑問に思うこともあるんですけど、社会貢献と資産運用と両立という面ではこれに勝るファンドはないです。

まず上述の債務保証会社が100%の債務保証がついています。(ドル建てなので円安円高によって利回りは上下します。が、元本が戻ってくる蓋然性はかなり高い。1年後円高か円安かだれもわかりません。ただドル建てでは増えています)

2.5%とソーシャルレンディングとしては低い利回り

ただ社会的弱者を救って利回りが保証される。であればこのファンドの魅力は利回りではなく。社会貢献性の高さなのではないのかな?っと思います

1万円から投資ができる

このファンドにかかわらずクラウドクレジットを筆頭にソーシャルレンディングは1万円から投資ができるのでハードルは低い。

1万円は確かに大金ですが人生が狂うほどの額ではないので取っつきやすい金額かなとは思います

クラウドクレジットは大幅の黒字となった

これもすすめられる理由のひとつなんですけど、こういったファンドを取り扱っているクラウドクレジットは大幅な黒字となりました。

伊藤忠の支援を受けてますし、ガイヤの夜明けにもでて評価をされています。ですので信頼できる業者のひとつと思い投資を実行しました

 

映画でも生き方がわかるよね

これ完全に雑談なんですけど

ブラックパンサーっていう映画の最後の台詞で

危機が起きたとき、賢者は橋を架ける。愚者は壁を作る

詭弁かもしれないが世界がこれから危険に向かっていくとしたら

アメリカなら全米ライフル協会が銃を規制せず、学校で悲劇がおきるのを止められない

愚者

俺たち若い奴はマイクロファンドに投資してどんどん豊かになっていく

賢者

そしたら賢者でありたいなと

トランプは壁をつくるんだろ。

じゃあ俺らは

橋を架けましょう

基本的にはこのブログを読んでくれる方には経済的に得をしてほしいんですよ

確定拠出年金と積み立てNISAとポイントサイトを有効に使えば年10万は得をするわけですから

そこで10万得したやったー

ではなく

そのうち3~4万くらいは多少リスクはあってもこういったマイクロファイナンスを支援して資産運用するかー

っていう楽しい考え方をして頂けたらうれしいなと
(多分こういったファンドに投資するのはお金っていう面よりも精神面で得をしますよ笑)

今後もこのブログではおもしろいマイクロファイナンスがあったら紹介していこうかと

NO1ブロガーを目指しているので下記リンクから口座を作ってくれるとうれしいです

口座開設も維持費も無料なので口座だけつくって【クラウドクレジット】
投資するか決めるのがいいかとおもいます。

将来いろいろな分野で本を出せるようになりたいのう。

今ブログランキングに登録していてNO1目指しています。

それなので下記リンクをクリックしてくれるとうれしいです


ソーシャルレンディングランキング

あとfacebookでいいねしてくれると励みになるのでうれしいです^^

ノシ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA